sunsetrecords企画にJONNYで出演した話

JONNYにてsunsetrecords企画@今池得三に出演。
「単純にファンだから」とsunsetrecordsのスガイさんからオファーを頂いた。sunsetrecordsは以前パイプカツトマミヰズでもご一緒させて頂いたのだけれども、JONNYでは初めての共演。スガイさんは地に足ついた大人である大前提があって、その上でファニーでユニークな人柄の素敵な先輩。自らもそう自認している程に人と合う合わないっていうのが綺麗に分かれる佐藤さんもニコニコと楽しそうに話す程の、きっと誰からも愛される人である。
そんな人から熱烈なお誘いには是非応えたい、と出演が決めた後に何と篠田メンバー、外すに外せない予定が被っている事が判明。スリーピースでの出演もなァ、となっていた。
佐藤さんがなんの気なしにこの日の状況を話した(らしい)りゅうし君(theキャンプ)の「弾けるなら弾いてみたいです」という言葉に甘えてサポートギターリストで参加して貰った。サポートっていうか、実際のところはJONNY withりゅうし君、ぐらい彼の色っていうのを楽しむ結果になったのだけど!
スタジオ3回での練習中、りゅうし君はどんどん持ち前のスペックを発揮していった。僕の印象では良い意味でトラディショナルでありながら攻める所は攻めてくる彼のギター、これも良い意味で色々と踏まえた上で敢えて変なギターをのせてくる篠田君のギターとは違った色が出ていて実に面白かった。いや、しかし本当に良いギタリストだよ。ギターリストには扇情的であって欲しい。これは大学時分、まだサークルの中だけ、コピーバンドだけやっていた頃から常々そう感じていたのだけれども、ギターリストの演奏は聴く人間、フロアを湧き上がらせながらもステージ内の熱気も上げる。それを成し遂げるのはただ巧いだけでは絶対に出来ない事で、幸いな事に僕の周りにはそれを軽々と成し遂げるギターリストが本当に多い。
彼らと過ごした多くの時間、思い出にりゅうし君がストラトをギュイーンと弾いている姿が加わりました。本当に有難う。イレギュラーな形だったけれども、バンドを一緒にやる事が出来て本当に良かった。

sunsetrecords.jpg
満員の得三で、DOIMOI、僕達、Stereo Fabrication of Youthと演奏をして、堂々の最後は今回の主催であるsunsetrecords。曲間は肩の力が抜けているけれど、演奏は全く肩の力を抜いていない"オラオラ感"。別にドカーンとかガッシャーンとかバーストするわけではないけど、曲間のリラックスした雰囲気とは相反した堅実な演奏、そして遠慮容赦のない(褒め言葉、である)アンサンブル。スガイさんはブログでも随分とご謙遜されている様子だけれども、いやはや先輩、まだまだ後進に譲る気なんてサラサラないってわかるバンドサウンドでしたよ。実際、スガイさんのジャガーのサウンドは物凄く尖ってた。

打ち上げではスガイさんから「舟橋君に是非やって欲しい」とソロに速攻活かせるアイディアを頂戴して(事実、次回のソロはこのスガイさんとのお話を元にやろうと計画中です)、それに基づいたファニーな話をテーブルとチキンライスを囲んでした。
JONNYの演奏も良かったし共演者のライブも堪能したし、何よりあの空間を堪能した夜。
一足先に帰宅して、深夜から早朝7時までスタジオ練習。
何故か?
次回へ続く。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム