ヨシダ先生の個展に行った話。

何度も何度もこのブログに名前だけは登場しているけれども、改めまして皆様方よ、ご紹介します。
カメラマンであり気の良いご近所さん、ヨシダユキ先生です。

130309yoshidayuki.jpg
僕の顔が赤いのは撮影の数時間前に煽ったウイスキーロックがグラスに波波と注がれた想定外の量のものであったからであり、ヨシダ先生の顔が赤いのもきっと飲酒したからだろう。あとは楽しかったからじゃないかな。

ヨシダ先生とは去年、ライブハウスで邂逅を遂げた。舟橋家からヨシダ家って自転車で3分くらいの距離で(ちなみにi GO 茜谷さん宅からも至近距離)使う地下鉄の駅も一緒ならば生活圏もほとんど一緒なのに、去年まで口も利かなかったってんだから面白い。ライブハウスのドリンクカウンターで何とはなしに話し始めてようやく交流を持つに至った。で、パイプカツトマミヰズの撮影をお願いするうちに先生は毎ライブ撮影に来てくれるようになり、今や遠征も毎回撮影で同行してくれる。全然気を遣わないし、多分彼女も遣ってないだろう。
そうこうしている間に家に遊びに行くようになり、絵が得意な先生にキング・クリムゾン男の製作を手伝って貰うようになったのをきっかけに、色々と手伝って貰うようになった。彼女からすれば、なってしまった。
演劇公演も巻き込まれてくれたし、お客さんでもなければ(お客さんとしてライブハウスにいる日も勿論あるけれど。ほとんどの場合がカメラマンだなあ、出会う時って)バンドマンでもない(余談だが、どうやらベーシストらしい。部屋にプレベがあったし、時にはリッケンバッカーのギターもあった。僕の前ではほとんど弾いてくれないけれど)ヨシダ先生に気を許して、ついつい色々と話してしまう。それを変に踏み込まず、かといって距離を取りすぎずうまくいなしてくれる良い友人である。

僕のブログでライブに関する日記にライブ写真が載るようになったのはこの人のお陰だったりするし、個人名義のアーティスト写真も撮影して貰った。「舟橋さんの悪い部分を撮りたいなぁ」と僕が個人名義のアーティスト写真に求めていた背徳感っていうものを汲み取って、素敵な写真を撮ってくれた。

そんなヨシダユキ先生の個展が期間限定で金山はブラジルコーヒーで行われており、昨夜はライブイベントもあるというので出掛けていった。ブラジルコーヒーは普段からライブイベントが行われたりしており、定食も旨いというので気にはなっていたのだけれどもようやく行く事が出来た。良い雰囲気、ってのを具現化したような空間。残念ながらその後の予定があったので定食は食べる事が出来なかったのだけれど、きっとまたそう遠くないうちにあそこに行くだろうからその時に食べようと思う。
めでたくソールドアウトした会場には沢山の人。それぞれテーブルや座席に座ってご飯を食べたりお酒を飲んだりしている。何て良い雰囲気。
その間を縫うように小柄な人が動き回ってる、と思ったら髪の毛を切ったヨシダ先生だった。滅茶苦茶に楽しそうで、友人のこういう顔を見ただけでも来て良かったなと思った。
出演したオズニッキGRANCHTOYはどのバンドも温度を感じられる素敵な演奏だったし、イベントを通じてヨシダ先生が今までライブハウスで築き上げてきた人間関係や信頼、そして先生の人柄までも感じられるとてもナイスなライブイベント。
終演後に盛り上がりの余韻を楽しむ会場の中、壁に貼られた写真を見て回る。何枚かの写真に色々な瞬間の僕がいた。そうかそうか、本当に多くの瞬間を共にしたのだなあ。
背筋が伸びる思いで挑んだあのライブも、遠征先で見せつけてやると意気込んだあの演奏も、演奏陣で一つのものを作り上げようと集中したあの夜も、どれもこれも本気だったのだが同じくフロアで、時にはステージ脇でヨシダ先生もレンズ越しに本気だったのだ。

個展成功、おめでとう。
これからも先生が楽しくシャッターを切れるように、面白い現場に連れ回します。
願わくば先生のレンズの先に僕が居続けますように!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム