ライブ→練習のセットでレベルアップした話。

怒涛のような週末を過ごした。
この数日は日付の境目も曖昧で、一度オフにしたら精神的な高揚感も失せてしまいそうな、それでいてその感覚が心地良いという良い意味でギリギリの時間を過ごせた。
そんな週末は一足早く金曜から始まった。

朝から仕事をして一時帰宅、珍しくした早起きに眠い目をこすりながら(前夜、睡眠時間を削ってまで助平な動画を視聴していたのが良くなかった。寝る前に「これは朝起きたら後悔する奴だな…」と思ったが男には引けない夜もある)新栄APOLLO THEATERへ。この日はレジオキングからドラムの茜フロニシャンセこと茜ちゃんが脱退、と同時に新メンバー発表の新体制レジオキングお披露目というレジオキングの大きな節目になるイベントにJONNYで出演。
こういう節目に立ち会えるのが、そして立ち会える関係である事が僕は本当に嬉しい。茜ちゃんとは遊んだりはしていないけれどもお互いバンドマンとして好感を抱き合っているのがお互い認識出来る程に仲良くはあったので、ここは一つ華を添えるだなんて気持ちではなく悔いを残さず引退出来るように首を取りに行くつもりで演奏に臨んだ。
バンドメンバー同士の距離感ってバンドごとに違うと思うのだけれども、レジオキングの場合本当に家族のように距離が近い(実際、兄と妹だし)。そんなレジオキングから今メンバーが抜けるだなんて全く想像もしていなかったし、それって名古屋のバンドマン皆そう思っていたと思うのだけど。そんなレジオキングから茜ちゃんが脱退、と聞いて最初は驚いたけど一度脱退について話をした際に理由について特に茜ちゃんが触れなかったのでもう突っ込むのも辞めようと思っていた所、リハーサル前に茜ちゃんから体の不調を理由に脱退するのだ、と聞かされた。
成程、と物凄く腑に落ちると同時に、尚更これは悔いのないように演奏せなばならんなとも思った。
果たしてJONNYの演奏が茜ちゃんの首を討ち取ったかはわからないが、しかし良い演奏を、胸を張って対峙出来るだけの気迫は吐いた。

この日のレジオキングは1時間セット。途中でドラマーが新ドラマーにチェンジして茜ちゃんと半分ずつやる、というもの。旧体制レジオキングと新体制レジオキングで明確に変わるぞという意思表示なのだろうなと思ったし、同時にそれだけ茜ちゃんの存在がレジオキングの中で大きかったんだなと理解出来た。
新ドラマーの忍ザスターさん(まさかのninnnさん!)を加えての新体制レジオキングは果たして違和感がない事に違和感があるくらいばっちりキマッていたし、忍ザスター(凄いぜninnnさん!)のドラムをしばき上げる演奏姿はやっぱり格好良かった。ステージ脇で新体制レジオキングを観ている茜ちゃんも本当に楽しそうだった。胸中は計り知れないけれども、きっと悔いも無念も残っていないと思う。じゃなけりゃあんな顔は出来ないはずだもの。
茜ちゃんお疲れ様でした。
足を使わずに演奏出来るドラムセット、実現したら是非一緒に音を出しましょうね。

130413akane.jpg
首から下げてるタオルを差し引いてもおっさん臭い僕と、驚き顔の茜ちゃん。


打ち上げを途中で中座して、朝6時までワッペリン練習へ。
練習後、翌朝ってか数時間後に大事な予定が入っている事を考えると「これは寝ない方がいいのかな」と思いながら吉野屋にて納豆牛小皿定食(ご飯大盛)をバシッと胃袋に入れる。ホロホロの牛肉が嬉しかった。
仮眠を経て、朝9時半に名古屋駅へ集合、昼過ぎまで秘密の作業。作業を終えて一時帰宅、ライブの用意を再び装備して自転車にて作業現場第二ステージへ。
そのまま日没後まで居座って夜の7時には再び新栄SUNSET STRIPへ移動。二日連続で新栄ってのもオツなもんだ。
イベント主催者2人のうち一人がフード販売のためにメイド服を着ており、そのまま人が一杯のフロアに居た。遅れて会場入りした上に満員のフロア、そして準備にバタバタしていたのでステージ上から彼女を見かけたのは演奏中。流石にちょっと面食らいました。可愛かったし、似合っていたけど。
そうそう、この日はエフェクターを使わずに演奏したんだった。
ベースのケースを開けてそこで初めてパッチケーブルを一式自宅に忘れてきた事に気付く。前夜のJONNYと機材を入れ替えたのが仇となったのだ。一瞬慌てふためいたけれども幸いこの日の演奏はi GO、エフェクターがなくともどうにかなるという事でサンズアンプにライブハウスからお借りしたシールドケーブルを使ってチューナーを繋いでいざ演奏。
エフェクターを使わない(サンズアンプはもうペダルじゃないもんね、僕の中では)演奏って結構久しぶりだったのだけど、踏むものがない演奏はそれはそれで面白かった。実質、演奏に向き合う気迫は変わるものではないという自分の演奏スタンスの一端が再認識出来て良い経験になった、とも思う。
演奏後にi GOメンバーと乾杯した缶ビールが疲れた体に浸透して、随分と良い気分になってしまった。
打ち上げは辞して夜中の練習に備える。

25時から始まったパイプカツトマミヰズ練習は事情があって来れない吉田君、四日市でのライブで来れない伊藤君を除いた上で星野ゆりさんを加えた4人で行った。パイプカツトマミヰズでは短めの2時間の練習は、普段よりストイック気味だった(笑)。練習中の演奏も、調子良かったなあ。

無事終えたからこそ冷静に俯瞰で言えるのだけど、普段の睡眠時間からしても睡眠不足気味な2日間、無事に終了。睡眠不足でライブっていうのはネガティヴな要素に思えるけれど、むしろ体力的にはちょっと削られ気味の方が雑念を抱く余裕もなく、無駄な贅肉が削ぎ落とされたものになるのではないかとさえ思えた。
それでも睡眠はやはり大事だと思うけどね。時間の使い方をうまくなりたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム