インフルエンザになって。

先週の水曜日頃からどうも体が熱っぽいというか、風邪のような症状に苦しめられるようになった。
はじめは喉が痛みだし、その翌日には微熱を出している事が体感出来た。
風邪だろうとたかをくくり、市販の風薬を飲んで体調回復に努めるも状況、好転せず。
それどころか木曜の夜には「ああ、しんどいな」と漏らすようになってしまう。
背中が痛むようになり、そりゃあそうだよ、親の敵みたいに寝てるもん、と金曜日も変わらず出勤。
同僚に冗談混じりで「寝過ぎで背中も痛いし熱も出るしで散々ですわー」と愚痴ると「それってインフルエンザじゃないの」と半ば本気、半ば冗談で切り返される。
いやいやまさかそんな、と言いながらも不安になり、そうなってくると病は気からじゃあないけれどどんどん体調も悪くなってくる。
慌てて時間休の申請を出し仕事を早退、かかりつけの病院へ駆け込んだ。
症状を受付で話すとすぐさま奥の診察室へ案内され、隔離。
検査の結果、同僚の懸念はビンゴでワタクシ舟橋孝裕、B型インフルエンザで隔離決定。

このタイミングで確定(幸いな事に職場ではマスクをしていたためか同僚にも職場に訪れる方にもうつした、という話は聞かない。不幸中の幸い)したという事は、それはつまり翌日土曜日のパイプカツトマミヰズ自主企画への参加も危ぶまれる。というか、不可能である。
人道的にも体調的にも迷うまでもなく、僕抜きでパイプカツトマミヰズは久しぶりの自主企画を行う事となった。

物凄く、悔しい。
が、ここで憤怒をぶちまけても悔いを綿々としたためても意味はない。借りは返すべきで、バンドマンとしてストライクバックをするべきであろう。ただひたすらに、楽しみにして頂いていたお客様、ご迷惑をかけた関係者各位、そしてバンドメンバーに申し訳ないばかりである。

寝て、寝て、もっと寝て、兎に角寝て、寝るかご飯食べるかみたいな時間を過ごして熱も上がったり下がったりを繰り返し、二日後に平熱に戻った。
ここから体がウイルスを放出し始めるので僕は歩く生物兵器、兎に角家族に感染させぬように気を付けた。

インフルエンザのきつさというのは医者の先生も仰っていたが、倦怠感が精神的に「クる」点である。
あれは確かに卑屈になるし、熱にうなされてそりゃあ世界も恨む。
あんな思いはもうしたくないので今年はシーズンが到来する前にきちんと予防接種を受けよう。

健康な体ってかけがえがないよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム