髪の毛伸びたら「痩せたね」とか「若返ったね」ってよく言われるようになった。

次回予告で一回分のエントリーとしちゃうのって何ていうか好きで観ていたアニメが如何にもそうでなさそうにしておきながら、更には「前回までのおさらいですよ、冒頭数分の奴ね」みたいな顔をして結局丸々一話分使った『総集編』を入れてくるみたいなものだと思うんですよ。
小学生の頃かな、カードから騎士や魔法使いのロボットを呼び出してそれに乗って戦うアニメが好きで好きで(今振り返っても斬新なデザインだと思う)、毎週欠かさず観ていたしそれの漫画版が連載されている雑誌も買っていた。毎号のようにアニメ版の特集も組まれていて、今後の展開を予感させる記事や新キャラクターの設定資料とか載ってて、舟橋少年は興奮して読んでいたものだよ。
そんなアニメ、これから敵の本拠地に乗り込むぞ!みたいなタイミングだったかな、そのあたりで突然総集編入れてきやがって、リビングのテレビの前でワクワクしながら観ていた僕は最初の5分は何の疑いも持たず、10分経った頃でじれったくなってきて、15分経った頃には何かがおかしいと気づき、そのままその週の放送分が終わった時はどうしようかと思ったもんだよ。
でもそういうのって必要だとも理解している。
それはひょっとしたら制作現場的なサムシングが理由かもしれないし、話数を稼がねばならない理由があるのかもしれない、ひょっとしたらその業界に詳しくない僕には思いもよらないような、やむにやまれぬ理由が、実はあるのかもしれない。
以前やっていたバンドの合宿で淡路島に行った際、メンバーが朝に「これだけは観させて貰う」と観始めたアニメが総集編で、何となく眺めていた僕はその総集編をきっかけに結局、一話から最終話まで全部観ちゃったりするわけだから、そういう総集編はその作品が良い作品なのであれば、もっと多くの人間にその存在を知らしめるためにも必要なのだと、僕は自分の経験からも感じるのだ。
何が言いたかったかというとだね、「最近ブログの更新が滞っていますけれども元気にやっています、連続4日間、人前で表現をする機会を得、今日はその3日目を終えんとしているところで明日で一区切りつくのでブログはそれから、ガツッと書いていきますね」って事を書こうと思ったんだけどそれだけじゃ味気ないし何だかなぁと思ったりもするから、そういうのはどうなんだって事を書いてだね、最終的には「でもそれも必要なのかもしれないね」みたいな感じにまとめようとしてまとまりきってないのがこのエントリーってわけ。
ここまで読んで下さった貴方に一言。
ごめん、そして有難う。
この駄文を読んでお察しかもしれないけれど、今上機嫌だよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム