静かにグッときた夜の話である。

今池HUCK FINN FACTORYにて友人達が集まってライブをしたりお酒を飲んだりする、というので遊びに出掛けてきた。
このイベントの主催がずっと懇意にしてきた友人である、という事も関係あるだろう、実に久しぶりの、本当に本当に久しぶりの佐藤、篠田によるアコースティック編成のJONNYも出演。
バンドメンバーだもの、そりゃあ見逃すわけにはいかないよね。
(ちなみにこちらも同じくバンドメンバーである吉田ヒズム氏の紙芝居は仕事の都合で間に合わず。すまない吉田君)
久しぶりのJONNY、胸が熱くならないわけはなかった。佐藤メンバーも篠田メンバーもエモーショナルだった。当然僕もエモーショナルになった。そりゃあそうだ。
バンド編成でもやりたいな、と思う。多分、僕だけではないと思うのだけど。
長らく(それこそこの日から)4人での演奏は出来ていないけれども、誰も諦めてはいないし出来ない事だとも思っていない。
久しぶりに旧い友人達と音楽の話や近況の話をした。大変楽しい夜だった。


ライブ会場にて19歳の女の子と会った。

JONNYが気に入っているというその娘さん、中学生の時にラジオでJONNYを聴いて気に入り、今日やっとライブを観れたという。「いつかバンドバージョンも観たい」というその子の事を僕はしっかりと憶えておこうと思う。

そういう人がいるという事、僕達がやってきた事やっていく事というのは、つまりそういう事なのだという事を。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム