お腹を壊した。

人生の岐路、とまではいかないにしても自分の諸々が試されている気がして「いざという時」の自分の打たれ弱さみたいなものを思い知った。ひーこらひーこら言いながらでも走り続けねばならん。

そんな中、昨夜は観劇をした。

2016_09_04_001
凄かった。とんでもなく凄かった。
こういう作品を観るといざという時感想なんて言葉に出てこないな、と思い知らされる。しばし放心状態だったもの。
観劇して泣いたのは初めてだったし、大いに笑ったし耳を塞ぎたくなる程の恐怖も感じた。
僕が観たかったのはこういう「世界を描いた」ものだったんだ、と思い知らされた。
大いに堪能し、同時に自分が生きている事を痛感した2時間。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム