『ゆめものがたり 第二夜』に出演した話

こわいゆめ(しゃぼん玉ホリデイ/おやつ天国/ハブとマングース/犬栓耳畜生)ちゃん企画にパイプカツトマミヰズで出演した。10月1日のことである。

そもそもはこわいゆめちゃんが企画をやるらしい、しかも東京からEmily likes tennisを呼ぶらしいと耳にしてそれを何の気なしにパイプカツトマミヰズのスタジオで吉田君達に話したら吉田君が「え!何だそれ!どうにかして俺達も出られないかな!」と大声を出して。
駄目で元々、訊いてみるだけ訊いてみるねとこわいゆめちゃんに直訴したところ(聞いた話だと駒田君もこわいゆめちゃんに直訴したらしい)、検討後、出演オファーをくれたのだった。有難や!でもよくよく考えたら悪い事しちゃったよな、同じバンドのメンバーから別々に同じ連絡来たらさぞかし面食らうだろうに。ごめんなさいそして有難う、こわいゆめちゃん!

体が弱い僕は季節の変わり目になると体調を崩しがちである。
なのでこの日も若干風邪気味で、パブロンを食後にブチ込んで参戦していた。そういえばおやつ天国(この日は地獄ver.で出演)のBY君も風邪をひいていた。パブロンを分けてあげたのだけれども錠剤を人に分け与える様っていうのはイケナイ雰囲気を醸し出すね。話を戻すと、風邪気味だったもんだから飲み放題イベントだったけれどもそこそこにしていたのね。本当は薬を飲んだ後はアルコールって良くないと思う、聞いた話だと効き目も副作用も物凄くなるとか。だけど折角飲み放題だし時間経ってるし大丈夫だろっていう事でコソコソと少しだけ飲酒していたんだけれども、いややっぱり飲み放題イベントは危険ですよパイプカツトマミヰズ。
演奏は荒れに荒れる。この日はここ最近ボランティアでリードギターを弾いてくれていた鈴木君がお休みだったので柴田君が参戦してくれたのだけれども、柴田君持ち前の自由さにアルコールが拍車をかけて自由さここに極まれり。
ソニックユースみたいにノイズをまき散らした以前の参戦時よりかはまだリードギター然とした演奏だったけれども、今回の演奏も随分とユニークだった。いやこれは揶揄でもなんでもないのだけれども、ああいうフレーズがのってくるなら僕もそういうので応えれば良かった、畜生!
ステージの上を所狭しと暴れる柴田に伊藤、起きる機材トラブル、フレーズ半ばで断線する結線、当然出なくなる音、突如滅茶苦茶小さくなる吉田君のギター(「!?」ってなったのは本人もそうだったようで、ライブ後に聞くと「あれっおっかしいなあと思って見てみるとケーブルが半差しになってやがんの。蹴っ飛ばしたら奇跡的に差さった」)、そうなってくると舟橋と駒田は燃え上がる。
「俺達が音出なくなったら曲の輪郭が見えなくなるぞ」と。リード楽器やウワモノがなくなるのはまだあっても良いがベースとドラムがいなくなるとリフの輪郭が見えなくなる。こうなってくると僕と駒田君も俄然必死になる。演奏に、というか維持に、である。
畜生"ちゃんと"弾かなきゃいけなくなったナァだなんて思いながら兎に角バキバキ弾く。
結果的に悪い気はしないもんだから僕って奴ぁハッピーなバンドマンだと思う。

2016_10_02_001
Emilylikes tennisというバンドは兎に角「羨ましい」この言葉に尽きる。その演奏力の高さもリフ一つ一つの演奏陣の絡みもその強力なバンドメンバーの個性も、段ボール工作もストーリー性も面白さも全てが羨ましい。
NIRVANAのカート・コベインはPixiesを観て「このバンドに加入するかこのバンドのコピーを一生やるしかないと思った」とコメントしたという。同じ気持ちである。最初に企画に呼んで貰って東京で一緒にやった夜インフルエンザになったがために折角企画に出て貰ったのに共演出来なかった夜も、俺は全部思い出したよ。俺はもう単純にこのバンドのファンだ。
ベースのメンバーである飯田兄貴(年下だけど)のシニカルなジョークも、衝動的かつその実手元は堅実な演奏も(オクターブフレーズを弾く際にクラシックギターのように親指とその他の指でつま弾いていたのは格好良かったし合理的に思われるので試してみたい)今はただただ憧れる。とりあえず飯田兄貴推薦のマクソンのコンプ、買ってみるかなあ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム