最高かよ、BOSS BC-1X。

2017_02_21_001
先日のライブより新しく導入した新兵器、BOSS BC-1Xが最高過ぎる。

今まではBOSS CS-2を使っておりこれはこれでとても良いペダルなのだけれども、それでもやっぱり技術的な部分では30年前のものなんだなと(だからといって悪い、に直結はしないので。念のため)BC-1Xを試して再認識出来た。いや、それくらい凄いペダルなんだよね、BC-1X。
僕はコンプレッサーを使う時はわりかししっかりと圧縮した「威圧的な音」だったり「自分が何をやっているかわかりやすくする」ために使う事が多いのだけれども、そうするとオン時のレベルってどうしても大きめになる、というかガンガン弾いた時と同じくらいの音量にしがちで。そうすると気になるのはこれはもうコンプレッサーの宿命なのでしょう、一緒に持ち上がるノイズ。
ノイズもそのエフェクターの音の一部だったりするわけなのだから、と別に気にはしていないしそもそもノイズとか気にするならエフェクターなんて沢山繋いだりしないし、と思っていたのだけれども、パイプカツトマミヰズとか犬栓耳畜生とか5人編成での演奏の際は何かとベースアンプの近くに陣取る事が多く、そこでコンプレッサーをオンにすると途端に「ピイイイイイイイイイイ!!!」ってハウリングを起こしてしまう。僕の音がハイゲインかつコンプレッサーのセッティングが馬鹿みたいなのがいけないんだろうけどもさ、どうせならそういうの気にせずにガンガンコンプかけてオラオラな音を出したい、という思いが日増しに強くなり、我慢出来なかったのでパイプカツトマミヰズ先日のライブ前日に購入。
普段使ってるスタジオが軒並み埋まっていたもんだから、人生で初めて一人で車出して機材一式持ち出して、不慣れな町まで個人練習に赴くくらいにはジッとしてられないくらい興奮した。

で、CS-2と比較するとまず真っ先に気が付くのが原音からの音質変化ね。CS-2ってアンプとの相性にもよるんだけど時々音が妙にスカスカになる時があって、でもBC-1X、前評判通り非常に原音を活かしたペダル。あ、原音に忠実、ってわけでもない。微妙に変化するのだけれども、これが良い方向に変わるから笑ってしまう。音がリッチになる感覚、っていうと語弊があるけど、何かオイシイ音になるのである。
で、圧縮率をどんどんあげていってもノイズが持ち上がってこない=BC-1X由来のノイズが非常に少ない。皆無、ではないけれども従来機種と比べると圧倒的に少ない。これによって、ええ、パイプカツトマミヰズのライブ中、ほぼずっとかけっぱなしで弾いておりましたよアタシは。
こう書いていると「あ、上品なペダルなのかな?」って思われるかもしれないけれども、さにあらず。BC-1X、結構ガッツリ圧縮する事が出来てその音が大変威圧的。CS-2の派手なコンプレッションサウンドが「失うものがないヤクザ者みたいな怖さ」だとしたら(語弊はある、その、なんだ、すまない)BC-1Xは「地上に降り立った人外のナニカ」的な威圧感である。どちらも怖いけどね。いや、言い過ぎか。
兎に角、弾いてて滅茶苦茶気持ち良くなる。演奏中に自分の音に興奮して爆笑したライブなんて久しぶりだ。
どのバンドでも主用途は違えど、愛用すると思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム