「俺、あれやってみたいんだよね、独身最後の夜に友達大人数で集まって酒滅茶苦茶飲む奴」

婚約者は寝室で寝静まっている。
僕はリビングで無印良品の通称『人を駄目にするソファ』にだらしなく尻を沈めてこれを書いている。
そろそろ缶酒でも開けようかという心持ちだ。

それなりに慌ただしい日々を送っている。結婚が目前だから、というそれだけの理由ではない。夜な夜なバンドの練習に出たり、バンドの撮影でカメラを前に太ってパンパンの顔を晒したりしている。糖質制限は失敗した。4日経った頃だろうか、自分が異常にピリピリしている事に気がついた。なんて事ぁない事に対しても過剰に怒りを示してしまう。原因はダイエットしか思いつかなかった。神経質に糖質を制限するのは僕には出来ないんだなぁ、と潔く負けを認める事にした。ちなみに今は缶酒しか口に運んでいない。酔いがまわる前に書きたい事は書いてしまおう。

バンドはそれぞれ動いている。
僕と一緒に演奏するメンバーは皆それぞれ相応に年齢に伴う責任を意識する年代に差し掛かっているが、その中でも最大限健全に演奏活動を重ねている方なのだろう。きっと。

ダイエットは中断した。
何故かって?気付かないうちに物凄くイラつくようになっていたしそれに気付いていないのが僕だけ、みたいな状況になったからさ!

そうだ、あと春からの職場が決まった。
転勤の内示は思ったよりも早く出た。今現在と比べると随分と遠くなるけれども、それでも県をまたぐような転勤はないので安心である。

PS4を買った。
幾分か前から『バイオハザード4』がやりたいと思っていたのだけれども遂に気持ちが爆発した。買ったその夜は職場の送別会だったのだけれども、泥酔してタクシーで帰ったにも関わらず夜中に起きだしてPS4をセットアップして明け方まで『バイオハザード7』やり狂った。
そんなに長いゲームでもないけれども、僅か3日でクリアしてしまった。素晴らしいゲームだった。ゲームでこんなに感動したのは初めてかもしれない、というくらいに堪能した自信がある。
シリーズの流れを一旦切って「恐怖」へ原点回帰したという本作、確かにこれまで遊んできたバイオハザードシリーズとは明確に違った。僕はシリーズ作品ではナンバリングされたものに限って言えば5と6以外は通り一遍やったけれども(5と6はホラ、PS2止まりの僕では遊べなかったんだね)、うん、一番近い感覚は中学生の頃にビクビクしながら遊んだ一作目を思い出した。薄暗い洋館の中をソロソロと進みながら化け物と遭遇して弾薬が尽きていく絶望感、適度に謎解き要素があり飽きさせないリズム感、その辺りは7は1をアップグレードした感があった。それにしてもPS4未体験でいきなりバイオハザード7を遊んだ際の衝撃は凄かった。絵が綺麗過ぎる。もう実写の中で動いてるの?と思ってしまったよ。技術って凄えな。
また、当初は心霊現象やサイコホラーやホラー映画然としたシーンや演出が沢山あってバイオホラー感は薄いものの、シナリオが進むに従って「あ、こりゃバイオハザードだ」と思わせる手腕は流石。エンディングまで観終えてから振り返ると改めて序盤から練られて作られている事が分かる。
兎に角、最高なゲームだった。

2017_03_17_001
クリック練習を毎晩深夜のリビングで5分ずつ程度行った結果、キチンと練習の成果が出て「やはり練習は大事なんだな」と痛感した。当たり前の事なんだけどね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム