風邪を引いた話。

風邪を引いた。
正規雇用の身となって(社会人、という表現をしそうになったけれども社会に参加して自分の役割を持つ、という意味ではもうずっと社会人であった。これは完全に余談だけれども英語では『社会人』という意味の単語はないそうだよ)初めての体調不良。しかも仕事を休んでしまった。完全に不覚。正直想像もしなかったですよ、会社休むのがこんなに悔しいだなんて。

前兆は金曜の夕方頃から、あった。
仕事中に何となく喉が痛くて同僚には「花粉症ですよ花粉症!ガハハハハ」とか冗談言ってたくらいだったのだけれども、その夜家に帰って新しく参加する事になったヒップホップバンド(これについてはまた書く事もあろう)のスタジオに向かう準備をしている辺りからどうにも体がかったるく「あー、じゃあ対策しておくか」と行きがけにコンビニで栄養ドリンクとか買って練習に臨んだものの、スタジオ終わる頃には倦怠感も凄いし鼻水もガンガン出てきたし、完全に風邪。
折角の花金だっていうのに家に帰ったらもう速攻ベッドに潜り込む他なかったってわけ。
で、土曜。背中が痛いし体がだるいし、しかも微熱まで出てくるしで完全にこれは風邪が始まった。一晩寝ただけじゃ良くならなかった。この週末の間に治さないとなあ、とベッドで寝倒す。24時から犬栓耳畜生のREC兼練習が怒涛の5時間(こんなの久しぶりだよ)入っていた。体調的に余裕があったらお休みしたいところではあれども、なかなか予定が合わない犬栓耳畜生、かつレコーディングだしライブ前だしって事で参加。体調も良くなってきたし大丈夫でしょ、と半ば高をくくったのがいけなかった。
どうにか5時まで録音と練習を終えたものの(ちなみに体調が極悪でも演奏活動中は結構気分が良かった。そしてそういう時の演奏でも相変わらず発見はある。この日はパワーサプライの充電が切れたので終盤、アンプに直接プラグインして演奏したのだけれどもそれでも僕の出音って僕の出音らしくて、やっぱりエフェクターじゃない部分での音作りっていうのはあるんだなと再認識した)いやはや、それなりに消耗した。
日曜、昼頃起きだして休日診療へ。幸いにも自宅からすぐ近くのところにあった。こういう時は一緒に生活している妻が大変頼もしい。自身も体調が本調子ではないにも関わらず文句一つ言わず車を出してくれる。ああ、菩薩に見えるよ...。
「風邪ですかねー。気になるなら専門のお医者さんに行ってねー」という妙にライトな診断に半分くらいは安心しつつも「明日になっても体調が変わってなかったら専門医に診て貰おう」と決意する。だって背中痛いのとか異常にだるいのとか、インフルエンザっぽいんだもん。調べたら高熱が出ないインフルエンザもあるそうで俺、あ、これ完全にインフルエンザだって思ったもん。
ちなみに日曜の夜に予定していたパイプカツトマミヰズの練習はメンバーに連絡して休ませて貰った。すまない。

月曜、起床。体調は変わらず。
前日に前もって連絡してあったものの、再度上司に連絡。新入社員なので戦力にもなっていないけれども、それでも週初めの月曜からいきなり休む事になってしまい情けないやら申し訳ないやらで落ち込む。快く休ませて下さった上司には感謝しかない。
で、一眠りして病院へ。樫山君(白線の内側/あたらしいまち)とご近所なので「どこか良い病院はないか」と教えて貰った内科へ行く。
インフルエンザではないか心配している、と伝えたところ快く検査をしてくれた。ちゃきちゃきしたおばちゃん先生。大変感じが良かったのでもしまた体を壊したらあそこへ行こうと思う。
幸いにも陰性。処方薬をどっさり貰ったので帰って食事をして服用して眠る。
いや凄いね処方薬って。市販の薬の3倍くらい効くんじゃねえかってレベルで効く。風邪ひいた時は素直に病院に行くのが一番手っ取り早いんだなって改めて思った。

処方薬、最高!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム