「お前が○○ガイ!」

死ぬまでにあと何回人前で演奏するんだろう。
死ぬまでにあと何回人前で演奏出来るのだろう。
ふとそんな事を考えた。

犬栓耳畜生で暗黒大陸ふれあいのリリースパーティーに出演。暗黒大陸ふれあいの荒木さんは僕が知る限り最初に犬栓耳畜生を「滅茶苦茶良いよね!」と認めてくれ、東京遠征にも誘ってくれた恩人である。荒木さんいつも有難うございます。
この日はお菓子食べ放題、お酒飲み放題の素敵イベントだったわけなんだけれども、舟橋、大いにウーロン茶割を飲んだ。お菓子も食らった。つまりご機嫌で過ごしたってわけだ。大音量気味で演奏するバンドが多い中、耳が疲れたらフロアから出てエレベーターホールでagurakakushiの風人君とTVの砂嵐を眺めながら壁越しに演奏を聴いた。完全に余談だけれどもTVの砂嵐はじっと観ていると物凄く情報量が多い事に気付く。あとどんなバンドにもあうしコントラストが割とシームレスに変わっていく。変わっていくように見える。あれずっと眺めてられるよ。絶対マニアがいると思う。

SOCIAL PORKSは素晴らしい演奏だった。内藤さん、もうすぐ御年50歳だっていうのにあのブラストビートは唯一無二。バシャバシャいうのに切れ味抜群。酔っ払った状態で聴いてもやっぱり戦慄した。

この日の犬栓耳畜生は『遺作』と銘打ってみかちゃん作曲の2曲を演奏。とはいっても当の本人みかちゃんは不在で彼女が録音した彼女の演奏にあわせた演奏である。自分達の演奏を録音してそれにあわせてライブで演奏したThis heatみたいだ、と内心ニヤニヤしていたけれども演奏内容はきっと随分と違うと思う。
なんにしてもおもしろおかしく演奏した。
Charlieメンバーや犬栓耳畜生まりいちゃん(すっぴんだと大島優子似)とセッションでアンコールに応えた暗黒大陸ふれあいの演奏はbeastie boysみたいにトガッてた。格好良かった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム