ジャパニーズカルチャー、背負っちまった。

現在夜中の3時。
酔っ払っている。夜中に袋ラーメン(正確には味噌煮込みうどん。僕もきっちり名古屋人だ)を肴にチューハイを飲んで酔っ払ってブログを更新するだなんて、つくづく僕も結婚して生活水準が向上したものだ。好き勝手やってやがる。
さて、今日は犬栓耳畜生のライブだった。酔っ払っていて良い気持ちなのでタイピングする指も軽やかだ。軽やかなうちに記録をつけておく。

仕事後、帰宅して汗を流し車で新栄へ。
本日の犬栓耳畜生のライブの指揮を執るのは僕で、僕がメンバーに提案したのは「自作楽器による演奏」。皆それぞれホームセンターなり百円ショップなり足を運んで楽器を自作するor楽器になりそうなものを見つけてきましょうねっていう、そういう企画である。
僕は百円ショップで良い音のする金物なり鍋なり見つけてきたのだけど、いざ当日になってマイクの変換ケーブルを忘れてしまったので自作のノイズマシーンとエフェクターを用いた演奏となった。
完全に余談だけどノイジシャンってBOSSのエフェクターの使用率が高い気がする。何だろね、あれ。滅茶苦茶格好良く思える。僕の足元にBOSSが多いのはそういうところからくるのかもしれないな。

話を戻しますね。
この日の演奏はメンバーが入れ替わり立ち代わり2人ずつ、デュオ編成で演奏して最後に皆で合奏で〆るというもの。
メンバーの演奏を冷静に観る機会ってなかなかないけれども、いやはや、面白かった。大島優子似ことマリーちゃんの演奏が今日はアティチュードの部分でも演奏面でもバンドの起爆剤たりえる演奏で、挑戦的かつ挑発的で素晴らしかった。
演奏後に「思い描いた通りにいかなかった」と嘆いていたけど。しかして思ったように音が出ない、というのも面白いものだ。僕達が創作しているものが瞬間芸術である事を再確認させられる。かくいう僕もスタジオ練習の際とは随分と出音のイメージが違ったのだけれども。

メンバー全員で合奏して演奏を終えた直後、悪くない実感を得ていた。メンバーそれぞれの自作楽器(ラジオを用いた炭酸さん以外は皆、金属をブッ叩くという方向に向かったのは意外だった)を用いた演奏を行った意味合いは即興演奏を重ねてきて何となく出来上がってきたバンドの文法というか方法論というか、そういうのをブッ壊したかったからで、いざ実際にそういう演奏をしてみるとそれまでのものをブッ壊す部分と方法は違えどそれまでやってきた事を形を変えて踏襲する部分があって。やはり音は人が出すんだなと思った。

仏から来日したアーティストに「鉄男とゴジラをミックスしたようだ」と評して貰った。ジャパニーズカルチャーを背負う事が出来得て光栄だ。この日出演していたBBBBBBBはここ最近観たバンドの演奏の中でも特に素晴らしかった。

2017_06_09_001

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム