忘れ物をとりにいった話

実はこの1週間、正確に言えば火曜日からだが、他県の研修施設に3泊4日で行っていた。
あ、仕事で、である。仕事であるからしてお給料は発生するわけで緊張感を持って研修に臨んだのであるが、三食ついてるしお風呂もあるしでそれなりに快適な生活を送らせて貰い、いやはやつくづくありがてぇなぁと思った次第。
で、そんなわけでブログの更新が遅れてしまった。
先週の土曜日は白線の内側で四日市ドレミファといろはにて演奏してきた。

2017_06_16_001
見てくれ給えよ、この素敵な看板を。
こういう手のかけ方をしてくれる人達の場所で演奏出来るっていうのは演奏家冥利に尽きるってもんじゃないか。
店長の橋本ゴウさんとは親しくさせて貰ってるつもりだけれどもこの日実は半年ぶりだった。そんな気がしないっていうのも良いんだか悪いんだか。ドレミファといろは、僕達が来ていない間にそれまでは客席側と地続きだった演奏スペースにステージが出来ていた。

2017_06_16_002
ちょっと高くなってるのね。物凄く頑丈で仮に床を踏み鳴らしても全然余裕。
あ、僕、靴下にサンダルっていうおじさんっぽいけれども個人的に大変お気に入りのスタイルで演奏している。
こういう適度にだらしがない格好の方が演奏しながら何だか「その気」になるってんだからいけない。この日は「演奏が巧い風」の楽器の高さにしているっていうのに足元がこれじゃあ何だか酷くアンバランスでは、ある。
ドレミファといろはのゴウさんはPAをやりつつ色々と言って下さる。その目線が徹底的に客観的で、これって相当有難い。
どうせ音を出すならその場所に似つかわしい音を出したい、という気持ちが最近はあるのでこの日は暖かい音が良いなと思っていたのだが、ゴウさんとあーでもないこーでもないとアンプのつまみをいじって作った音が大成功。大変気持ち良く演奏する事が出来た。

演奏後、気分が良かったのでハイボールを何杯もひっかけて酩酊する。
帰りの記憶がほとんどない。いっけねえ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム