僕の三連休。

9月16日(土)
三連休初日。『近年稀に見る大型台風』、台風18号が接近しつつあるこの日、雨の中仕事へ。
とは言ってもお休みの日のちょびっと、みたいな感じだったので屁でもない。割と仕事は楽しんでやれている。職場が幼い頃に両親、母方の祖母とよく訪れていた曽祖母の家の近所だと気付き妙に感動した。たまたま午後から予定のある名古屋駅行きのものに乗ったら耳馴染みのある地名の駅を通ったのであった。母に確認すると「あんたは何を今更」ぐらいの感じで、どうやら思い出の中の曽祖母の家は現実とすぐ近くにあったようである。
という事で普段は乗る事もあまりない路線のバスに乗って名古屋駅へ。乗る前はワクワクしながら「町並みを全部見てやる」と息巻いていたものの、バスの振動の心地良さと朝方風邪気味で飲んだパブロンの浮遊感が絶妙に気持ち良く、ついウトウト、いや、がっつり熟睡してしまった。起きたら終点、名古屋駅。

この日はナンジャーレで催される化け猫怪談会赤井千晴さんの手伝いで参加。ふと振り返れば小劇場という空間が随分と身近になったものだ、なんてふと思った。
毎回毎回、蔵だったりライブハウスだったりお寺だったり色々な場所で公演を行う赤井さんに引っ付いていってるお陰で面白い思いを随分とさせて貰っている。
客席最後列で開場中からスタンバイ、出番になったらそのままそこでマイクに向かって声を発して参加、という流れ。尤も客席最後列にはあまり人が座らず(そりゃあ前に詰めるよね)マイクスタンド傍に着物を着て座っている僕があまり浮く事もなかったように思う。
怪談会への参加は初めてです実話怪談やその道でメディア露出も盛んにされていらっしゃる方のお話も聞く機会に恵まれ、楽しい経験をした。兎に角インプット!選んでる段階ではない!兎にも角にもインプット!である。


この日の集合写真。僕は心霊写真のように写り込んでいる。

帰宅する頃、翌日パイプカツトマミヰズで出演予定だった今池祭の野外ステージが開催中止になった、と報せがあった。勿論残念ではあるけれども、無念をはねのけてお客さん、関係者各位の安全を優先した運営の皆さんの選択を支持したい。リベンジ、しましょう!


9月17日(日)
前述した通り今池祭が中止になったので起床後「あーどうしたもんか」と嘆いていたら、岐阜にて学生時代に学生劇団に所属していた妻が書いた脚本を後輩達が上演するという。彼女が当時どんな作品を書いたのか気になって楽しみ半分不安半分(いや、どちらかというと嫌そうだった気がするな)な妻と岐阜はアトリエZEROへ。
妻が所属していた劇団Du、彼女に連れられて何度か観たけれども学生劇団だけあって卒業されたり新入生が入ったり、毎回新鮮な気持ちで拝見している。
妻が学生時代に書いた作品、本人は否定的だったけれども別に配偶者が書いた作品だから、ではなく面白くってびっくりした。日常系だしホラーだし、SFだったんだけど大胆かつでも振り返れば丁寧に伏線が張ってあったが故に激しい展開にも振り落とされる事なく最後まで楽しめた。無意識に配偶者へのひいき目が入っているだろ、と言われたらわからないけれども。
名古屋へ戻り、ちょっとした買い物をして妻と友人と映画館へ。韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を視聴。韓国製のゾンビ映画である。電車の中でゾンビパンデミックが起こる、という「新幹線」と「新感染」という駄洒落みたいなタイトルでそこだけひろうとギャグっぽいけれどもドシリアスで感動さえする映画だった。ゾンビ映画としてクオリティ滅茶苦茶高いよ、これ。駄目なのは邦題だけ!
映画館を出ると台風の影響か風が強く、ゴミ箱の蓋とか吹き飛んでいた。

9月18日(月・祝)
連休最終日。
なので、というわけではないけれども思い切りグダグダした。ゲームをやったりゴロゴロしたり、で三連休最終日らしい最終日。
唯一の予定として夕方から結婚式でお世話になった料亭での夏祭にご招待頂いたので妻と出掛けて行った。ご存知の方はご存知であろう、『歩く一億円』の異名を持つ会長さんにもお会い出来、お世話になったプランナーさん達にもご挨拶出来て楽しい時間を過ごす事が出来た。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム