結婚式をはしごした日


今日はおめでたい写真から。
バンドメンバー同士が結婚!ッヒュー!!!
犬栓耳畜生で活動を共にする森野君とまりいちゃんがこの度めでたく夫婦になるという事で有難くもご招待頂き、結婚式と披露宴に参加してきた。
岐阜駅から仲間達とマイクロバスに乗り合わせ式場へ。


ウェルカムボードがとても2人らしかった。
FZ-2といえば、もうまりいちゃんであると認めざるを得ない。まさかウェルカムボードにもファズ、とは。
チャペルウェディングらしいチャペルウェディングは確かほぼほぼ初めての参加だったんだけど、もう速攻で感動したよアタシは。新郎 森野君がガチガチに緊張して入ってきてまりいちゃんがお父さんと入場してきた辺り、これってかなり序盤なんだけどそこで感動しちゃった。
ウェルカムドリンクで酔っ払いながら集合写真に映り込み、ブーケトスで喝采をあげ、ZAZEN BOYSが流れるお庭でのガーデンパーティー、からの披露宴。
NUMBER GIRLが流れるウェルカムビデオからの新郎新婦入場、美味しいお料理にまりいちゃんのお姉さん(美人!)の乾杯、そしてまた美味しい料理に美味しいお酒、八木さん(ex.DAYTRIP)の歌と演奏に感動してクシャクシャに泣くピロシキ君(CRAZY興業)、ケーキとファーストバイト、森野君達の演奏と歌(演奏中にズレたマイクスタンドを笑顔で直しに行くまりいちゃんに夫婦の一つの姿を見て感動したのは僕だけではないはずだ)、そして生い立ちビデオに「生まれてきてくれてありがとう!」という気持ちになり、まりいちゃんの手紙で号泣する炭酸さん、本当におめでたい式だった。
書ききれないけれど、夫婦と新郎新婦両家の皆をもてなそうという気持ちも溢れており皆ずっとコニコしてた。我が事のように、嬉しくて泣きながらニコニコしていた。
俺?勿論感動した。二人の前途に幸あれ!
森野君、まりいちゃん末長くお幸せに!

そんな2人のご厚意に甘えて(お色直しの最中まで森野君ったら心配してラインしてくれたりして、本当に良い奴だよなあ普通そんな余裕ないぜ)、誰よりも先に式場を後にして岐阜駅へ。特急に飛び乗って名古屋モドリ、新栄DAYTRIVEへ。
この日はぴのこちゃん(ミギギミ)とちとく君(楽器職人。吉田君のギターは彼の手による作品)夫妻が結婚式代わりにライブイベントを行う(!)という事でパイプカツトマミヰズへ声をかけて下さった。有難い機会なので時間的に多少無理してでも演奏してえ、という事で両夫妻に無理言ってこうして演奏させて貰ったという次第。両夫妻、本当に有難う。おめでたい日なのに無理言いました。

無事に転換時間に間に合ったのでセッティング、簡単な音出しをして本番。
お祝いの席(席という表現で良いのか?)という事で粛々と、やるわけねえだろこの野郎!おめでとうだぞこの野郎!という気持ちでやる。ぴのこちゃん達に報いるにはそれが一番の祝福だと理解している。
午前中に披露宴に出席したままのフォーマルな装いでの演奏だったので大いに汗をかく。酷い有様だ。

ミギギミの演奏を観覧。
DAYTRIVE二階の高い場所から観ていたら突然団長(ミギギミ)が「舟橋さあああああん!!!パイプカツトマミヰズの舟橋さあああああああんんん!!おられますかああああああ!!!!」とマイクを通してアナウンス。野郎、やりやがった。僕達の演奏直後、DAYTRIVEでの廊下ですれ違い様の会話が蘇る。

団長「お疲れ!」
舟橋「お先頂きました!有難う!暑かったわ」
団長「この後ベース弾いてよ」
舟橋「!?」
団長「あいつの代わりにさ」
舟橋「いやいや、今日ちゃんとぴのこちゃんいるじゃん」
団長「へへへへ」

忘れてたよ、団長そういう奴だったよ、今思えばあれは冗談なんかじゃなかった、本気で伏線を張りに来ている男の、エンターテイメントの化け物に成り果てた男の目つきだった。ステージに上がっていき、ぴのこちゃんが弾いているベースラインを目視でコピる。この時程音感があったら、と思った事はない。けれどもどうにか目でコピー、完了。

2017_09_25_003
余裕のない表情なのがありありとみてとれる一枚。
ぴのこちゃんのベース、滅茶苦茶弾きやすいのな。おおお、人の楽器ってやっぱり面白い、とこれからの成り行きを伺いながら演奏。団長、あいつぁ恐ろしい男だよ。結局、夫妻にキ○させやがった。まあ、そうだよな、そういうのやらないわけにはいかないよな。こんな日だもんな!

結婚式のはしごってなかなか出来ない経験をさせて貰った。
イベント終了後はパイプカツトマミヰズのメンバーと簡単なミーティングをして、荷物を置きに一時帰宅、ドロドロになった体を洗い清めて再び街へ。森野君×まりいちゃん夫妻がライブハウスでイベントを行っていたので妻と観覧しに行く。飲酒。イベント終了後もそのまま居酒屋へなだれ込む。ここでも飲酒。
疲れ果ててそのまま寝てしまう。起きると妻はバンドマンに挟まれて談笑していた。
タクシーで帰宅。倒れ込むように就寝。
ああ、良い一日だった。

両夫妻、改めて本当におめでとうございました!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム