『名前が悪い』レコ発企画『まわりも悪い』に参加した話。

2017_12_23_001
12月23日(土)、四日市ドレミファといろはにて鈴木実貴子ズズズ(鈴木実貴子ズのバンド編成は本人達にこう呼称されているようだ。余談だが最近連載されているズこと高橋メンバーのブログが滅法面白い)で演奏。お昼過ぎに集合したものの、結果的に車二台で四日市入り。
幾分か曲にも慣れてきた鈴木実貴子ズ、そろそろ頭からっぽの状態で演奏が出来る=動物的な感覚というかシンプルにフィジカルで演奏が出来る、状態になってきたかと思いきや演奏する曲目も少しずつ増えてきているのでまだまだ気楽に、モチベーションだけで臨むというわけにもいかなさそうだ。冷静と情熱の間、少し先の事を視野の先の先の彼方に見据えて今現在を一生懸命鳴らす、そんな演奏を心掛けている。

ドレミファといろはは大好きな場所だけれども、同時に音作りの際にちょっと苦心するライブハウスでもある。
店長ゴウさんはそんな僕とのやりとりにも慣れたもので「もうちょっとローが」とか「上の方切った方が」とか、割と突っ込んだ話までリハの時にパパパッとして下さる。実際その場所での音の鳴り方、快適な広がり方というのはその場所を知っている音楽家が一番ご存知のはずで、となると僕は割とゴウさんの言う通りに音を作って毎回良い手応えを感じている。
けれどもこの日は割とゴウさんもオラオラ感というか、ちょっといつもより攻めた感じのバランスが気持ち良かったようでそれは意外だったなぁ。
ほぼほぼファズとリバーブだけで彩りを添えて、あとはドスンとした演奏を心掛ける。勿論歌心を携えたダイナミクスも忘れずに。
4人編成のバンドとしてのダイナミクスというか、熱量のたたえ方がまとまってきたような感じがあって最近僕は本当に楽に、けれどもストイックな心持で楽しく演奏させて貰っている。歌を支える、という役割は勿論あるのだけれども、それ以上に僕は僕の気概だったりそういう部分を買って貰っているように感じているからちゃんと『自分である』事も楽しみつつ演奏した。

この日は一緒にズズズとして活動している各務鉄平君の所属バンド『紙コップス』も一緒だった。久しぶりに紙コップスを観たけれども元から素晴らしいバンドだったけれども更に滅茶苦茶格好良くなってて驚いた。各務君がエレキギターを使う曲は世界観を更に押し広げているようで良かった。好みも勿論あるのだろうけれども、紙コップスでああいうノイジーなギターサウンドが合うとは思わなかった。流石!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム