FC2ブログ

一日にライブを三度した日。

1月7日、三連休二日目、この一日で三本ライブをした。

午前7時頃起床、準備をして新栄リクレクトスタジオへ。まずはこの日みそフェス2018へパイプカツトマミヰズで出演するのでその練習へ。
約一時間半、朝から爆音の中身を晒した後、新栄CLUB ROCK'N'ROLLへ。新栄のライブハウス各所を会場として行われるこのミュージックサーキットに於いて、我々は新栄CLUB ROCK'N'ROLLのトップバッターを務める。
本多さん井藤さんに新年のご挨拶をし、リハーサル。つつがなく終えるとあっという間に開演時間がやって来た。
他会場でも魅力的な出演者が多いようで、かつタイムテーブル的にも移動時間を考慮せねばならない中でどれだけのお客さんが我々を観に来るのか正直なところ、いささか不安ではあったのだけれども有難い事に結構な人数のお客さんが集まってくれた。
新曲二曲を交えて吉田君が初見の方も楽しませられるように、と組んだセットリスト。良い反応も沢山貰えて嬉しかった。

撤収後、新栄CLUB ROCK'N'ROLL前の立体駐車場に停めた車へ機材搬出。
この日は一日3ステージ、しかも各バンド毎に使うペダルも違うので大きなペダルケースに入れて全部持ち込んで、都度都度車から必要な分だけ持ち出して使う事にしていた。どうせ各バンド毎に足元バラして再構築をしなければならないので一緒なのだけれども、我ながら手間な方法をとったものだ。
機材搬出後、ノムラセントラルステーションを覗きに行くつもりだったのだけれどもなんだかんだ時間が過ぎてしまい見逃す。
新栄DAYTRIVEへ移動。

この日はシミズミミちゃん主催『シンサカエウィンター シンネンカイ編』にYONONACAで出演。のみならず鈴木陽一レモンとひでさんによるコトナのアコースティック編成「Acotona」でもベースギターで参加するという事で同会場で二度の出演。演奏行為は好きだ、大好きだ。コトナは共演もしたしレモンさんも絶対面白い人だしひでさんも友人の結婚式二次会の際にベロベロに酔っ払いつつ「いつか何か一緒にやれたら素敵ですねェ」だなんて話をしていたもんだから今回のお誘いは願ったり叶ったり。
面白い人と一緒に何かをしたくて楽器を握ってる身としては新年早々、嬉しい機会を頂いた。

2018_01_09_002
ドラムは犬栓耳畜生で日常的に一緒に演奏しているけれどもこの日はちょっと一味違うぞ、な森野君に君の名を呼びすぎる世界ではベースだけれどもAcotonaでは鍵盤参加なはるちゃん。アコースティック編成での演奏ってなかなかないけれども、何て事はない、いつも通り電気をフル活用、瞬間によっては完全に電子音に振り切って演奏した。

2018_01_09_003
いやあ、楽しかったねえ。
もっともっと練る時間があれば、とも思うけれども演奏というのは一期一会。次のご縁があったらその時はもっと腕前を披露したく思う次第。

YONONACAは練習回数こそ少ないけれども演奏と演奏の間に僕なりにそれなりに頭を使って試行錯誤した結果、このバンドでの演奏が随分と体に入ってきたように思う。練習も勿論したけれども演奏に臨む際の内面的な準備って大事だと思っている。
この日は交換留学制度?でレモンさんが一曲参加。ほぼほぼぶっつけ本番だったのだけれどもいや、アタシ震えましたよ。Acotonaでは空間を引っ張っていく力を発揮していたレモンさんがこちらだと完全にゲストとして一点突破に注力されていたように思われて。その結果バンドのテンションも上がるという非常に良い効果、理想的な結果を実現して頂いた。こういうの大変面白い。
YONONACAはまだまだ演奏中に無意識の力の作用の仕合い、みたいなのはまだないけれどもその分瞬間瞬間で意思の疎通を図って組み上げていく面白さがある。
そんなYONONACAのライブの模様を撮影して貰ったものがあるので貼り付けておきますね。



シンサカエウィンター、BBBBBBBは『今年メインで活動していく4人編成』、大変暴力的(あ、実は僕も膨大な参加メンバーの中に名前を連ねる事になりました。ステージネームはクリストファー・ノーヒットノーランです)鉛の風船はギター持って数年とは思えない粒立ちの良い演奏に残虐なアルペジオ、これまた犬栓耳畜生で普段一緒に演奏している炭酸さんの弾き語りは炭酸さんの中のドロドロした部分やポップな部分を等身大で表現されておられるようで、いずれも大変素晴らしかった。面白い事やったるぞ、という気概が会場全体に渦巻いていたのが何よりイベントの素晴らしさを表しているようだった。

搬出後、ダイアモンドホールにて行われているというみそフェスの打ち上げに顔を出す。

2018_01_09_004
ヤオタケシ君撮影の集合写真にきっちり写り込んだ俺。隣の駒田君は奇跡的に顔が隠れてしまっているので是非どこにいるか探してみて下さい。
みそっかすの皆、今年も呼んでくれて有難うね。

家に帰る頃には既に体がバキバキでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム