成人式の思い出といえば、当日キャンセルしてスタジオに入った事くらい。

2018_01_09_005
写真は樫山君が自分へのクリスマスプレゼントで購入した360℃カメラで開場前に撮影したもの。

1月8日、三連休最終日。この日は白線の内側にて吹上 鑪ら場。鑪ら場、二日前にも演奏したばかりなのにまた演奏出来るなんて嬉しいね。気付いたんだけど、鑪ら場での演奏がベスト3に入るくらい緊張する。

白線の内側、何だかんだで久しぶりのライブという事と最近は打ち合わせとか各々忙しかったりとかであまり演奏を一緒に出来ていないという事で早めに集まってスタジオへ。
相変わらず「体調悪い...気圧が...」と言いながら部屋に入って来る金森君。この人は体調が良かった試しがない。センシティヴな人なのでしょうがないのだろうけれども、それでも本番までにはどうにか自分自身でコンディションを整えているから自身でも慣れているのだろう。
久しぶりの4人での演奏は、やっぱりご無沙汰している間にそれぞれ思ったり考えたり試行錯誤はしていたらしく良い意味で変化があった。この感じなら合奏の空白時間は全く無意味ではない、どころか有益だったのでは、と現金にも思ったものだ。
多分予想なんだけど割と演奏を重ねて継続していないと成長がないのは僕だけで、他の3人はそれぞれ他の活動からも演奏行為への良い循環って作り上げる事が出来ているんじゃないのかな、と思った。

この日の共演はオカリナマコトさんにまさかの登場、鈴木実貴子(バンドでやってる時と曲の雰囲気が明確に違って意識的なのかそうでないのか、いずれにしても凄いや実貴子さん!って思った)さんに浮かむ瀬
浮かむ瀬はキクチミョンサ(ex.chori)君と久しぶりの再会。前京都にライブに行った時に練習前の彼とちょろっと会う事が出来たのだけれども、こうして一緒にやれるっていうのは嬉しいものよ。
案の定滅茶苦茶良くて終演後に「詩人って人種は格好良くて嫌いだよ」と本人に伝えたら「俺以外に格好良い詩人がいるかい」と何とも粋な回答。そうそう、そういう切り返しをしてくる男だった、この同い年は。chori君、と呼んだ方がまだしっくりきてしまうのだけれども、chori君と樫山君は樫山君が孤独部を動かしていた頃にも何度か一緒にやっていて。そういう意味でも時間を経て形は互いに違えどまた一緒にやるっていうのは面白いもんだよなあとしみじみ思った。こういうご縁がグッとくるくらい、去っていく人達が増えている気がする。そうでもねえのかもしれないけれど。

この数日は詩人という人種の面白さ、懐の広さに感じ入った数日間だった。
世界はまだまだ面白い、に満ち溢れている。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム