FC2ブログ

HARD OFFを目指して一人ドライブ。

12月になった。
実家にて生活していた妻と娘も僕が生活する社宅の方で一緒に暮らし始める。3人での新生活が遂に始まるのだ。

2日、妻は義父と義姉と一緒に父方の実家へ行き、その間娘は義母が預かって下さるというので僕は一日自由時間を過ごす事となった。前夜、夜遅くから常滑の友人を訪ねておりベッドに潜り込んだのは明け方6時、流石に昼頃まで眠ってしまった。
起床すると頭が重い。思えばこういう昼夜逆転した睡眠をとるのも久しぶりだ。大学卒業から20代のほとんどをそういう生活時間で過ごしたというのに、今の会社で働くようになってからはビシッと朝7時に起きて夜12時には眠る的な生活に切り替わってしまった。
起床したのは12時5分、13時から予定があったので服を脱ぎながらお湯を沸かしてお湯を注いだカップラーメンが出来上がるまでの間に髪の毛を乾かす。目的に向かってタスクを頭の中で列挙して一つずつ片付けていくのが気持ち良い。
12時50分頃楽器を担いで家を出、自転車で数分走る。この日は予め決めてあった打ち合わせである。年内に録音を控えた曲群のベースライン決め会議というか、微調整である。
人の頭の中で鳴っているベースラインを具現化する、という行為は多分最も血肉になる練習方法のうちの一つだ。演奏技術に直結するかはどうかは別として、表現力という観点では大いに得るものがある作業である。

その後、帰宅して眠気をエナジードリンクで紛らわして車で出掛ける。
一人なので普段出かけないようなリサイクルショップを目指したい、と環状線を北上、名古屋空港から程近いHARD OFFへ。
ここはちょくちょく訪れるのだけれども圧倒的なBOSSのコンパクトエフェクターの量に毎回感心してしまう。少し前まではビンテージのビッグマフなんかも並んでいたと思ったのだが売れてしまったようだった。
続いてもう一軒くらい行くか、と小牧店へ向かう。家内はドライブや移動の際にHARD OFFがあると立ち寄る事に対して肯定的ではあるけれども、いくらそんな妻でもHARD OFFを巡るためだけに遠出する、と言ったら難色を示すだろう。こういう日陰者っぽい悦びは一人で愉しむに限る。
カーナビゲーションシステムに電話番号を打ち込んで案内された場所がHARD OFFではなく中古のゲームショップだった時は唖然としたが(移転したのだろうか)、気を取り直して再度住所で検索するとそこから車で5分程、しかしつい今しがたそのすぐ近くを通って走ってきたようで苦笑いしつつも小牧店へ。
記憶を辿っても小牧店を訪れるのは初めてで、やはりそういう店舗を訪ねる際はドキドキする。

HARD OFF小牧店では楽器売り場は二階のようだった。
階段を上がり、エフェクター売り場を探す。竿類も見るには見るけれども僕の目当ては言うまでもない、エフェクターだ。
HARD OFFの店舗の中にはあまりエフェクター類に力を入れていないというか、本当に雑然と入荷したエフェクター類を陳列しているだけの店舗もあってそういう店舗にあたった際はちょっとがっくりしてしまうけれども小牧店は安エフェクターがしっかりと積まれており、かつ中堅どころからハイエンドなブランドのものなでバランスよく扱っている印象。
あまり出回っている印象のないBEHRINGERのペダルが安かったので救出。

妻が実家に戻る時間に合わせて車を走らせる。
一人のドライブも嫌いではないかもしれない。

2018_12_03_001
僕の実家にてTVを視聴する僕達。
左から舟橋(11)、舟橋(34)、舟橋(0)。
甥ッ子は僕に似ていると思う。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム