fc2ブログ

YONONACAでのCLUB ROCK'N'ROLLでのライブ。

2019_03_21_001
YONONACAで新栄CLUB ROCK'N'ROLLにてライブだった。
写真はライブを観に来てくれた郷田君経由で頂いた。郷田君は彼がCDショップで働いている頃からお世話になっている。そういう同世代の人に演奏を楽しんで貰えたというのは何だか感慨が湧くなあ。

この日のYONONACAはギターの西村君が参加出来ないという事で、メンバー内でもどういった形態で演奏をするのかというところから話し合いをしたのだけれども、最強の助っ人 落合君(LOSTFILM)を迎えての4人編成での演奏となった。
個人的に落合君とCLUB ROCK'N'ROLLのステージに一緒に立つというのはちょっと特別な思いがある。というのも落合君との付き合いは長く、遡れば大学時代に所属していたサークル活動で一緒に様々なコピーバンドをし、またその後も彼はQucumbers、僕は不完全密室殺人での活動をしている中で共演もしたし、まあ平たく言ってしまえば旧友なのだ。お互いの演奏が今よりもっと未成熟だった頃から知っている演奏家との演奏というのはちょっとくすぐったい気持ちにならぁね。
とはいえ、落合君は昔と比べても彼の人となりを感じられる演奏そのままに滅茶苦茶良い演奏をするギターリストになっていて一緒に演奏していて興奮した。僕はもう自分の好きな事だけをやってきたというのは明らかでそれ以外のパラメーターは全然伸ばしてこなかった変な自信があるのだけれども、落合君は投げて良し打って良し走って良しみたいな死角のない成熟の仕方をしていてその辺のお互いの志向みたいなところは思えば学生時代からそうだったのかもしれねえな、とかも思った。

この日は演奏終了後、家庭の事情でお先にご無礼しなければならなかったのだけれどもそれでも少ない時間で共演者の演奏から刺激を受ける事が出来た。安城のGreat Deceiverはベースとドラムの二人組なのだけれどもベーシストがベースアンプとギターアンプを同時に鳴らすスタイル。滅茶苦茶格好良い音しているな、と足元チラ見したところDS-1が確認出来たのでこりゃあいよいよ俺もあれ、買ってみようかなと思った。最近ギターアンプを一緒に鳴らすというシステムに興味津々だっただけに良いタイミングで演奏を観る事が出来たと思う。

バンドというのは人間の肉体と同じで筋肉を使わないとなまってしまう。
そういう意味ではそれぞれが色々と生活やら活動やらで忙しいバンドではあるけれども、YONONACAとしての筋肉と持久力をどんどんつけていく事が出来るような活動を継続したい、という思いがある。
今現在、僕の演奏スタイルみたいなのをポップに取り込んでくれているのがこのバンドである気もしている。
まだまだいける。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム