大学祭に行ってみた。

2a2c5c7b.JPG父方の祖母の法事の後、折角の休日という事で愛知学芸大学の大学祭に遊びに行ってきた。

到着がDr.Rightのライブに間に合うかギリギリの時間になってしまったのだけど、彼らが出演するステージの進行状況がおしているようで一安心。ステージ企画を観ながら大学祭の雰囲気を楽しむ事が出来た。
映像コースが設置されているからだろう、ステージをカメラ数台で撮影、それをオンタイムで編集加工して向かってステージ後方のスクリーンに映すというハイテクな演出もされていた。

模擬店は閉店してしまっていたけれどせめて空気だけでも、とジュースの自動販売機を探してぶらつく。名古屋外国語大学は知っていたけれど、まさか学芸大学と同じキャンパスだとは思いもしなかった。キャンパスは同じなれど友人谷川さん曰わく、それぞれの大学の生徒がかち合う事はほとんどないと言っていいらしい。

ステージ周辺以外は少しずつ撤収作業が始まっており、それでも大学祭特有の活気がそこかしこに漂っていて何だか浮き足立ってしまった。

さてDr.Rightだ。
今回のライブは20分程と短い時間だったが、今まで観てきたライブの中で一番印象深いものだった。野外ステージ特有の音がとんでいく感覚の中「サキコが死んだ朝」が演奏される。この曲は歌詞からメロディーからアレンジから本当に素晴らしい。名曲、というありがちな言葉で語るのもナンだけど、本当に名曲だ。
聴いていると何だか感動して泣きそうになった。実に良いものを観た。

谷川さんに大学周辺を案内してもらったり篠田君達と談笑して帰宅。
良い一日だった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム