『みみずひめ』


続・我が逃走


鳥居みゆき主演『みみずひめ』を観た。

支離滅裂で狂気じみてとてもストレンジ。そんな鳥居みゆき女史だが冷静に考えるとあそこまでアングラ臭プンプンの人間が(本人の嗜好及び思考に端を発すると思う)ここまで市民権を得るというのは凄い事だと思う。


さてはて『みみずひめ』だが、エンドロールが流れるまで脚本は鳥居女史が関わっていると思い込んでいた。実際は藤田容介監督が脚本を書かれたそうなのだが、これには驚いた。

鳥居ワールド全開、というか本当に鳥居女史の活かし方に違和感が、無理がない。恐らくこのDVD購入者が期待する『鳥居みゆき』という像を壊していない。鳥居女史が携わった部分もあるのだろうけれど、二人の感性は似ているのかそれとも藤田監督がそれほど『鳥居みゆき』に入れ込んでいるのか。


また役者も良い。

山田キヌヲさん。この方は初めて知ったのだけれども実に表情豊かで、そしてゾクッとさせる女優さんである。山田キヌヲさんの体現する「静かな狂気」は鳥居女史の一見アッパーな狂気を見事に対を成していた。

脇の役者さんがこぞって濃いオーラを発散し(舞台役者っぽいなと感じた)、実に意識にひっかかる演技をされているので「鳥居みゆき」の映像作品なのだけれど「映画」っぽいというか。芸人のDVD出してみましたー的な印象派全く受けない。そんな中、素を捨て切れなかった髭男爵はどうしても少し浮いてしまったけれども。

そして鳥居みゆき女史。

僕は元々この人の物凄い演技力(入り込み方、間のとり方、そして抑揚)が大好きなのだけれども、それを十二分に堪能できた。所謂「まさこ」を基本に物語は始まっているのだけれども色々な顔が見える。アッパーな瞬間よりも堕ちた瞬間、ダウナーな瞬間の表情が素晴らしい。


以下ネタバレを含むので反転してください。

興味深いと感じたのはみみずの「みゆき」が「鳥居みゆき」にのり移って、愛する男性を捜し求めるというプロット。

みみずの「みゆき」はかつての自分の飼い主、「鳥居みゆき」ファンの男性を他の女から取り戻すために「鳥居みゆき」の体に入って男性を探す。紆余曲折を経て男性と再会、感動のフィナーレ。しかし「みゆき」は目の前の男性が愛しているのはみみずの「みゆき」ではなく「鳥居みゆき」という自分の体、自分が着込んでいるきぐるみだと気づいてしまう。

この脚本に「芸人・鳥居みゆき」の『現在』というか『捉えられ方』を感じてしまうのは穿った観方だろうか。

仮に製作側にその意図があったとしても、それすらも表現の一種、そのどちらなのか視聴者に一抹の引っ掛かりを残す事にすら僕は鳥居みゆき女史の表現者としての奥深さを感じずにはいられない。


兎に角、『みみずひめ』大いに堪能した次第である。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム