メール武将。

今日はバイト後に菊地さんとraganを観に東山へ。

菊地さんの歌声は癒し、と言うのは安易過ぎるかもしれないが聴いていてスッと耳に入ってくる歌声。
「では暗い曲を」と言って演奏された曲が実に良かった。鍵盤素人の僕からすると歌いながらあそこまで弾くのがどれだけ大変なのかわからないけれど、それでも華麗な指さばきに驚嘆してしまった。

そしてragan。
親しいしバンドも共にしているという事で贔屓目に見ないよう何ならあら探しくらいの気持ちで観たのだが、これがまた気持ち良いくらいに想像を凌駕された。
何なのだ、あの音楽集団。圧倒的な表現力のボーカルに、無駄のない演奏陣。歌は出る時は出て、演奏陣も主張する瞬間は主張する。有機的に何かが作用しているバンド。個々の表現力の高さ、それがまとまる快感を十二分に堪能した。
普段親しく酒を呑んだり遊んだりしている人間がああいう事をやっているという事を、改めて尊敬した。
そして神田佑介。普段一緒にバンドをやっている彼の表現力の幅は知っていたつもりだけれど、改めてその広さに感じ入った。

刺激的な夜だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム