「僕のベースをどうするつもりだね」

続・我が逃走-CA390635.JPG
「僕のベースをどうするつもりだね」
気がつけばオワリカラのベーシスト ツダさんに向かってこう言い放っていたライブ終盤。

詳しく話そう。
不完全密室殺人が東京へ遠征に行くようになって数回目、The Fitsというバンドと出会った。あれはそう、ALTRA&CRYOGENICも出演していた日で僕達がステージ上のみならずフロアにもキャットフードをばらまいてしまうという暴挙に出たライブの日だった。

僕達は会場中を獣臭さで満たしてしまったわけなのだが、その日の出演者は皆感じが良く僕達を許してくれたのだった。
海外の古い音楽の気配を感じさせるバンド The Fitsの面々とも愉快で楽しく打ち上がった。
その後彼らは活動を一時休止、そして再開後バンド名を『キングヌラリヒョン』と改める事となった。

キングヌラリヒョンのドラマー 児島君から自主企画の出演依頼を頂いた際は嬉しかった。東京の友の誘いに報いないわけにはいくまい。時間とバンド名を越えて再共演である。

そして今日、東京へ向かう道中出演予定だったオワリカラが諸事情により出演キャンセルになったと聞いた。今月初めに太平洋不知火楽団の大内君企画でタカハシヒョウリさんとお会いし、お話していたし大内君からもオワリカラを薦められていただけに残念でならなかった。


残念過ぎたので、一緒に演らせて貰う事にした。

尾張から参上した我々がライブの終わりにオワリカラ(-タカハシヒョウリ氏)と一緒に演奏する。大内君、読んでるかい。なんだか僕は君の気配を感じたよ。

快く引き受けて下さったカメダさんにツダさん、カワノさんに感謝。そして許容して下さったキングヌラリヒョンに感謝。タカハシヒョウリさんにはお会い出来なかったけれど、感謝。開場しているにも関わらず土壇場でこんな事を決めた我々に協力して下さった池袋手刀ドームのスタッフ様、愛しています。

で、だ。
ライブ終盤、『お葬式』という曲を一緒に演奏したのだが、オワリカラの3人、曲を全く知らないはずなのに素晴らしい演奏をされていた。カメダさんは最初の一音から曲の全体像を把握されているかのような音を出し、欲しいタイミングで欲しい音を出し、ブッ壊れて欲しいタイミングでもんの凄いブッ壊れ方をして下さったし、ツダさんはエモーショナル以上にエモーショナル、それでも僕のベースを優しく労って下さりつつベースを天井に引っ掛けようとし、カワノさんは曲を、そしてライブを終幕に向けて加速させるビートをブッ叩いて下さった。
オワリカラは観る事が出来なかったけど、メンバーそれぞれの演奏を、日を跨いでバラバラにでも観た僕は確信したのだ。オワリカラは大変格好良いに違いない。
キングヌラリヒョンのメンバーも共にステージにあがり、今何人いるかわからねえ把握しかねると爆笑しているうちにライブは終了。

キングヌラリヒョン、妖怪総大将の名を冠するバンドだが、僕はこのバンド名、実に腑に落ちた。音楽性まで考慮して名付けたのだとしたら何と客観的で、そして構築力のある人達なのだろう。3人のグルーヴたるや、まさしく妖怪のような怪しさと色気に満ちているのである。
音楽性も随分と変わったように感じたが、何よりメンバーそれぞれの独自性がもの凄かった。
ああこの辺は音楽に関する語彙力がないからうまく書けないけれど、僕は紛れもなく妖怪総大将がステージに君臨するのを観たのである。

ツアーファイナルの企画という事で、恐らくは忙しい中で準備したのであろうしきっと彼らの事だから苦労はしても表には出していないのであろう。兎に角、有難う。
初めて会って数年経ったのかな、ああいう形で報いれたのが嬉しかったです。
スポンサーサイト

コメント

1. あの一言!

挨拶せずに帰ってしまいましたが…
遠征お疲れさまでした。

素敵に激しいLIVEでしたね。
物凄いイイもん観た!って感じ。

そして表題にあるフナハシくんの一言。笑ったー。

2. 有難うございます。

振り向いたら今にも宙を舞いそうな勢いでしたので、つい笑

長年苦楽を共にするとおいそれと粗末な扱いはできませんなあ。
非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム