1日に3ステージとか久しぶりですよ、ええ。

前回の日記を書いてから少し時間が経ってしまった。その間に舟橋の尻は赤く腫れあがり痒みを発するようになった。蕁麻疹?あせも?皮膚科に行って処方薬を貰ってきて塗ったら少しずつだが改善の様子が見られた。掻き毟らない事が完治への早道!

さてJONNYでのレーベルイベント出演後、打ち上げもそこそこに帰宅。翌日である8日はパイプカツトマミヰズで新栄DAYTRIVE/DAYTRIMにてシンサカエウインター シンネンカイ編出演、ミソッカス主催ミソフェス2017出演、先述のシンサカエウインター シンネンカイ編にて赤井千晴さんの怪奇紙芝居サポートと1日に3本ライブが控えているのである。しかもシンネンカイの会場入りは9時半と、普段自分が動き回る時間と比べると若干早め。本来であればレーベル10周年記念のイベントの打ち上げだ、ヘビーに酔っ払って帰りたいところだったけれどもそれで翌日のパフォーマンスが落ちたら元も子もない。それでも不足気味だったけれども、早めに就寝して睡眠時間を稼ぐ事にした。
年齢を重ねながらこうやってその時その時の自分の環境、身体で対応出来るように音楽活動を重ねるのは楽しい、本当に楽しい。

まずはミソフェス2017での演奏。
何会場か同時に始まる、所謂ミュージックサーキットであるミソフェス2017に於いて僕達はHeartLand STUDIOにてトップバッターの出演。早い時間だったし時間的にかぶっている人達も魅力的な人選だったので(というかタイムテーブル眺めても僕達が一番「誰?」ってなるような人達ばかりであった)、誰も観に来ないんじゃないかとちょっとヒヤヒヤしていた。
転換BGMが流れて出ていくと想像以上、いや想像の何倍ものお客さんが迎えて下さって舟橋は本当に嬉しかったです。感謝の気持ちもそこそこに本当にいつも通り脱力したMCをし、演奏は気合を入れてバギャン!とやる。
ほとんどのお客さんが初見だったと思うのだけどそのうちの少なくはない何人かの皆様は楽しんで下さっていたようで(根拠?SNSでのエゴサーチだよ!)嬉しかった。
大いに楽器を振り回し(不思議なもんで興奮してがむしゃらに楽器を振り回すようなそんな日の方が演奏は良かったりする。事実、ここ最近のパイプカツトマミヰズの中での演奏としては一番心技体のバランスが取れた演奏をしていたと思う、俺)、楽しんであっという間の演奏時間終了。

外に出ると雨が降っていた。本当はDAYTRIVEとミソフェス2017を行ったり来たりするつもりだったのだけれど、天候の影響とあと何より想定していたよりも遥かに消耗していたので(睡眠不足、だったのか)赤井さんの怪奇紙芝居のセッティングまで体力回復に努める。食べ放題飲み放題というのは助かる。供された鍋を食べ、カレーを貪り、消耗により意識が下に向きがちなところにビールを一杯流し込む。あとは体を落ち着けて集中力を高めていく。
赤井さんとの怪奇紙芝居は今回で4回目で、毎回同じ作品をやっているのだけれども不思議と毎回印象が違う。今回が一番「生身でやる」事を意識してかつ「セッション」であったな、と思う。お客様や共演者の人達からも出番後にポジティヴな感想を頂いていたようでサポートメンバー冥利に尽きる。

そうして、会場入りしてから約11時間の時を経てこの日のトリとしてステージに上がったパイプカツトマミヰズ。
正直、時間による摩耗と消耗を想定していなかったけれどもそれでも善戦したんじゃあないか、と思う。このライブより約4年ぶりに音源を発売出来た。終演直後に「駒田君、物販行こう」と二人でお店番に立つのも既に懐かしい。ここ最近のライブは音源さえ売っていなかったから。全てはここから始めるため、だ。
それとこれは忘れずに書いておかねばならない。
この日を以てボランティアメンバーとして参加してくれていた柴田めぐみ君がボランティアメンバーとしてのその活動を終了した。
僕が入る前はメンバーとして在籍していた彼を呼び戻したのは僕の所謂悪戯心だったのだけれども(吉田君に内緒でスタジオに呼んでそのままボランティアメンバー化)、それでもなんだかんだそこから結構な回数を一緒に演奏した。彼のピュアな感性やそのユニークな人柄も僕はとても好きだし、演奏も柴田君カラーみたいなのが出てきた矢先だったので今回の活動終了は残念だけれども、なに、機会があったらまた一緒に演奏する事もあるだろう。何せホラ、一度はメンバーから脱退した彼が戻ってきたわけだし。

2017_02_20_001
終演後、そこそこで帰宅。
いやはや、ハードな一日だった。でもこういうクタクタは大歓迎だ。

撮影

ここ一週間程、夜になると咳が酷い。
日中はそうでもないのだが。
さて今日はパイプカツトマミヰズの撮影だった。


録音から一年、ようやく音源販売に向けて動きが!

「やんのかコラ表出ろコラ」

珍しく平日なのにパイプカツトマミヰズ練習。
週末だとあまりにもメンバー各員の予定があわないので吉田君が泊まり込み覚悟で名古屋に出てきたってわけ。
奴さん、少し前に明け方に酔っ払ってバンドの内側の愚痴をSNSに投稿してたから(こうやって書くと語感やべえな)ちょっと心配になって練習前に飲みに誘ってみた。そりゃあまあ一応気がかりだよ、メンバーだもの。

2016_11_30_001
「俺が酔っ払ってる時の愚痴なんて『私太ったの』と同じようなもんだよ」
そうかよ、この野郎!でも安心した。
良い機会だからちゃんとコミュニケーションとって心機一転頑張ろうと思った。文字だけのやりとり、オンライン上だけの情報だとやっぱりどんな感じなのか表情と温度が見えないもんだから過剰に心配する。
思ったところを話し合ったけれども、結局吉田君も気が小さくて繊細な優しい奴なのかな、と思った。いやわからんけど。
練習する頃にはお酒が残っていたけれども泥酔って感じにはならず、一安心。俺ってやっぱり酒弱い。
mooerのRATコピー(コピーどころかビンテージRATとturbo RATが二つで一つになっている上にTurbo RATより若干、気持ち低域の出が良いのでアップデートなんじゃねえか、とさえ思う)が押し出しが強くてこのバンドには合ってるな、と思った。

撮影で静岡へ。

2016_10_30_001
昼過ぎ、レンタカー屋さんに集合して皆で静岡は中田島砂丘を目指す。
今日はパイプカツトマミヰズの撮影である。詳細は近日公開になる予定なのだけれども、モデルさんにも同行して貰っての撮影であった。カメラマンは我々毎回お世話になっているヨシダユキ先生。
この画像には写っていないけれどちゃんとドラムの駒田君も一緒。

2016_10_30_002
「日の入りをバックに撮影したい」という吉田ヒズム監督の意向により日没までの到着が必須条件となったが、我々が中田島砂丘へ到着したのは16時半。ええ、ギリギリでしたとも。というかアウトか。けれども監督のフレキシブルな対応により目的達成。
到着するまでは「間に合うのかよー」とか「さわやか食べて帰る時間あるのかよー」と一同ガヤガヤしていたけれども、いざ日没の頃合いの中田島砂丘に到着するとその美しい光景に「...来て良かったね」と妙に和んだのであった。

帰りにさわやか(静岡では有名なハンバーグチェン店。僕は同好の士である友人と時々食べるためにわざわざ静岡まで行く事がある)に寄ってみるも満席で一時間待ち。その後予定があるメンバーもいたので断念。国道一号を走って帰る予定だったので国道一号沿いの店で何か食べて帰る事に。
けれども好みもバラバラな6人だったのでなかなか店が決まらず。空腹で車内の雰囲気もピリついてきた頃に岡崎手前で大阪王将を発見。歓声を上げながらピットイン。

中田島砂丘滞在時間こそ短かったものの、バンドメンバーとの移動時間は会話も弾み「行って良かったなあ」と思った。
楽しい一日でした。

『ゆめものがたり 第二夜』に出演した話

こわいゆめ(しゃぼん玉ホリデイ/おやつ天国/ハブとマングース/犬栓耳畜生)ちゃん企画にパイプカツトマミヰズで出演した。10月1日のことである。

そもそもはこわいゆめちゃんが企画をやるらしい、しかも東京からEmily likes tennisを呼ぶらしいと耳にしてそれを何の気なしにパイプカツトマミヰズのスタジオで吉田君達に話したら吉田君が「え!何だそれ!どうにかして俺達も出られないかな!」と大声を出して。
駄目で元々、訊いてみるだけ訊いてみるねとこわいゆめちゃんに直訴したところ(聞いた話だと駒田君もこわいゆめちゃんに直訴したらしい)、検討後、出演オファーをくれたのだった。有難や!でもよくよく考えたら悪い事しちゃったよな、同じバンドのメンバーから別々に同じ連絡来たらさぞかし面食らうだろうに。ごめんなさいそして有難う、こわいゆめちゃん!

体が弱い僕は季節の変わり目になると体調を崩しがちである。
なのでこの日も若干風邪気味で、パブロンを食後にブチ込んで参戦していた。そういえばおやつ天国(この日は地獄ver.で出演)のBY君も風邪をひいていた。パブロンを分けてあげたのだけれども錠剤を人に分け与える様っていうのはイケナイ雰囲気を醸し出すね。話を戻すと、風邪気味だったもんだから飲み放題イベントだったけれどもそこそこにしていたのね。本当は薬を飲んだ後はアルコールって良くないと思う、聞いた話だと効き目も副作用も物凄くなるとか。だけど折角飲み放題だし時間経ってるし大丈夫だろっていう事でコソコソと少しだけ飲酒していたんだけれども、いややっぱり飲み放題イベントは危険ですよパイプカツトマミヰズ。
演奏は荒れに荒れる。この日はここ最近ボランティアでリードギターを弾いてくれていた鈴木君がお休みだったので柴田君が参戦してくれたのだけれども、柴田君持ち前の自由さにアルコールが拍車をかけて自由さここに極まれり。
ソニックユースみたいにノイズをまき散らした以前の参戦時よりかはまだリードギター然とした演奏だったけれども、今回の演奏も随分とユニークだった。いやこれは揶揄でもなんでもないのだけれども、ああいうフレーズがのってくるなら僕もそういうので応えれば良かった、畜生!
ステージの上を所狭しと暴れる柴田に伊藤、起きる機材トラブル、フレーズ半ばで断線する結線、当然出なくなる音、突如滅茶苦茶小さくなる吉田君のギター(「!?」ってなったのは本人もそうだったようで、ライブ後に聞くと「あれっおっかしいなあと思って見てみるとケーブルが半差しになってやがんの。蹴っ飛ばしたら奇跡的に差さった」)、そうなってくると舟橋と駒田は燃え上がる。
「俺達が音出なくなったら曲の輪郭が見えなくなるぞ」と。リード楽器やウワモノがなくなるのはまだあっても良いがベースとドラムがいなくなるとリフの輪郭が見えなくなる。こうなってくると僕と駒田君も俄然必死になる。演奏に、というか維持に、である。
畜生"ちゃんと"弾かなきゃいけなくなったナァだなんて思いながら兎に角バキバキ弾く。
結果的に悪い気はしないもんだから僕って奴ぁハッピーなバンドマンだと思う。

2016_10_02_001
Emilylikes tennisというバンドは兎に角「羨ましい」この言葉に尽きる。その演奏力の高さもリフ一つ一つの演奏陣の絡みもその強力なバンドメンバーの個性も、段ボール工作もストーリー性も面白さも全てが羨ましい。
NIRVANAのカート・コベインはPixiesを観て「このバンドに加入するかこのバンドのコピーを一生やるしかないと思った」とコメントしたという。同じ気持ちである。最初に企画に呼んで貰って東京で一緒にやった夜インフルエンザになったがために折角企画に出て貰ったのに共演出来なかった夜も、俺は全部思い出したよ。俺はもう単純にこのバンドのファンだ。
ベースのメンバーである飯田兄貴(年下だけど)のシニカルなジョークも、衝動的かつその実手元は堅実な演奏も(オクターブフレーズを弾く際にクラシックギターのように親指とその他の指でつま弾いていたのは格好良かったし合理的に思われるので試してみたい)今はただただ憧れる。とりあえず飯田兄貴推薦のマクソンのコンプ、買ってみるかなあ!

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム