インプットをし狂った週末。

半袖でうろつき回るのが厳しい季節になってきた。少し前まで「もう秋口だってのにまだまだ暑いですネェ」だなんて軽口を叩いてたっていうのにサ。いつの間にかベッドの上では掛け布団がないと寝起きに「風邪引いたかな?」ってくらいの体調になっちまうし、半袖で公共交通機関に乗ると周りがすっかり秋の装いでバツの悪い思いをするようになった。ちょっと前までは汗かいてたじゃないか、裏切られた気分だよ。
ともあれ、秋の季節がやってきた。
秋っていうとナンでしょうな、食欲の秋に芸術の秋に読書の秋。この週末は芸術の秋を貪ってきた。意図的にっていうわけではなくてたまたま観たかったものがこの週末に固まったってだけなんだけれども。
まず土曜日は千種文化小劇場にて廃墟文藝部『アナウメ』を観劇してきた。


前公演『小説家の檻』は観る事が出来なかったが、それでも主宰の後藤氏が作る作品は好きである。当初こそはライトノベル(しかも富士見ファンタジアとか電撃とかではなくてもっとこう、ミステリー寄りな)的な印象を抱いた作品を貫くのは純文学から来る退廃と諦念等、薄らぐ暗い感情でこれが好みなわけですよ。
全作品観たわけではないけれども観た作品は毎回きっちり面白かったので今回も楽しみに出掛けて行った。
で、感想。非常にキャッチーでわかりやすい、わかりやすい方だったに違いなくて抽象的な装置しかなくても振り返ると光景がまざまざと思い浮かぶキャッチーさ、は演出と装置の素晴らしさと説明台詞を説明の範疇を飛び越えさせて文学たらしめる、その力量にあったのだなあと思う。アンサンブルキャストの皆様が誰が誰でどうである、とかではなくてアンサンブルという一つの塊、集団であり群体であってこれがとても良かった。全員が女性であるアンサンブルキャスト、各々の肉体ってどうしてもそこから解き放たれるのは難しかろうにもう「個」でさえないという心地良さに面白味。
劇伴は、音符が並べられたものよりもただただ雨の音が印象的だった、というのはこれはきっと作曲したいちろー君を喜ばせてしまう感想なのだろうなと思う。
同日、夜は伏見G-pitにてまにまに『秘密のパーティーにようこそ』を観劇。
こちらは70分と短めの作品ながらも情報量が多くて楽しかった。時間の捉え方、というかそれに翻弄される様が作り手が意識しているかしていないかはわからないけれども狂気の気配を感じてしまい、それを嗅ぎ取った瞬間から可愛い舞台装置も愉快な台詞も音楽も何もかもに狂気の気配を感じるようになってしまい「ああ、この多幸感はそういう事か」とかってひとりごちてしまい、多分これって相当にバイアスがかかってるんですネ。可愛さでいったらあれだよ、不思議の国のアリスのお茶会のシーンのような可愛さでだったよ。
役者として登場した樫山重光君がとても、良かった。付き合いの時間の割に密度が高い関係なので贔屓目抜きで見ようという逆依怙贔屓みたいな、そういうのってどうしてもあるのだけれども「えっ、この人こんな人だっけ!」ってくらいきっちり役者をされていて、また魅力的で驚愕した。彼の団体に所属している妻も驚愕していたので、きっと僕だけではないと思うのだけれども。
この日拝見した二作品ともに「あー面白かった」って作品で良質なインプットを堪能したので深夜は自宅にて友人達と鍋を囲んで酩酊。視界がグラグラしやがった。
日曜は夕方から今池HUCK FINNにてVSMYBLUESの活動休止前の一区切りワンマンを観に行く。
思えばi GOの頃からお手伝いしてVSMYBLUESも何度かは演奏に参加したわけなのだが、ワンマンで35曲聴いて「あ、この曲弾ける」とか「あ、これあの時やったな」とかって自分自身の思い出も引っ張り出されるとは思わなかった。
バンドってきっと色々あるはずだし(バンドやってる人が色々あるって断言するのってまた何だかなぁと今現在は思ったので差し控えさせて頂きます)それ以上に人生は色々あるかと思うけれど、時間ってやっぱり流れるんだなぁと妙に納得。
久しぶりに見る顔やお会いする人もいて楽しかった。
ライブ後、妻と寿司を食い実家に顔を出す。
いや、それにしても肌寒いな。

たまに書く徒然なるままに書く奴ね。

・腹筋ローラーの話
最近の自分の買い物の中で値段以上の価値があったものといえば先日もここで褒めちぎった復刻版アーミーグリーンと腹筋ローラーだろう。
腹筋ローラーは確か1000円と少し、1500円しないくらいだったかと思うのだがものも悪くないし(=不具合がない、という意味であるこの場合)、床に敷ける小さなマットもついておりコストパフォーマンス最高!という感じだ。
たるんだ腹回りを引き締めようと購入したわけなのだが、腹筋ローラーという名前の割に他の場所も鍛わってしまう。毎日コツコツとやっているうちに確かに腹筋が割れてきたのだが、同時に胸板も厚くなってきてしまい上半身が思ったよりもゴツくなってきてしまった。
ともあれ、腹筋ローラーを使った体操は気軽に行える割には結構負荷がかかっているようで、想像していたよりも早く体に効果が顕れてきた。こうなってくるとトレーニングは楽しい。毎日僅か数回ずつでも続いている次第である。


・ストレスの話
職場の人達と話していて再確認したのだけれども、いや、これ「嘘だ!」と言われるかもしれないけれど僕、ストレスを全く抱えていない。そりゃあ「嫌だな」とか「不快だな」と思う事は日常生活で幾つかあれども、大抵そういう感情って持続しない。
正確に言えば持続させないように努めている。
「やりたくねえな」という事柄については嫌々ながらもとっとと手をつけたり「これをやったらご褒美を自分にあげる」と決めてとりかかったり、或いはやりたくなるように思考のベクトルを変えたり、まあ割とそういうのは器用というか、楽しみながらやれてしまう方である。
ほとんどのストレスって人間関係に起因するものだと思うのだけれども、その辺りもさして感じない。ストレスを感じ得る人間関係についてはストレスにならないように改善を試みるか(方法は幾つかある。問題が大きくなる前に相手と腹を割って話してしまうか、それとも相手が自分とは別固体である事を強く認識してそもそもわかりあえる方が奇跡!と思ったりするとか、まあ色々だ)、そもそもそういう人間関係は持続しない。幸いにも昔から上司には恵まれているので仕事の人間関係にもストレスはない。
徹底的にストレスを排除するシステムを一度自分の中に構築してしまうと、後が楽だなと有難く思った。

・仕事の、というか職場の話
職場が変わってもうすぐ半年が経とうとしている。最初の頃こそ毎日何がわからないかわからない!レベルだったけれども、最近は少し、本当に少し、爪の先くらいは余裕が持てるようになってきて少しずつだけれども仕事を憶えてきたのかな、と感じれるようになった。やっと、だけれども。
痛感するのだが自分は環境に恵まれているな、と思う。起床時こそ「ああ、早起きしたくないなもっと寝たいな、休みにならないかな」と思うけれども一度仕事が始まれば別にそんな気持ちは持続しない。これはやっぱり人との縁に依るところが大きいのだなと思う。仕事って人間関係が8割じゃん。
そんな新しい職場の上司が、近々僕の演奏を観に来て下さるそうである。ヒイイイ、いつもより緊張する!

京都旅行一日目。

8月12日(土)
妻と京都旅行へ。
ライブでは何度も行っているけれどもいざ観光となると修学旅行以来である。「連休中にライブがあるので前日から京都入りして観光しないか」という僕の無茶な提案をすんなり受け入れてくれたばかりか宿泊場所も探し、ろくろ体験まで申し込んでくれた妻には感謝しかない。
今回宿泊したのはルブランペンション宇多野、ご夫婦で経営されるペンションだ。高速道路の渋滞により伝えておいた時間よりも遅刻して到着したものの、ペンションスタッフの杉村夫妻は気を悪くするでもなく迎え入れて下さった。京都で泊まる場所を探す際は是非こちらに、とても気持ち良く過ごす事が出来たし、朝食も大変美味しかったので。京都旅行、今回で廻りきる事の出来なかった場所も幾つかあるのでまた行かねばな、と思っているけれども僕達夫婦はこちらをリピートする事でしょう。
で、着物を着付けて頂けるプランを申し込んでいたので早速女将さんに着付けて頂く。

2017_08_14_001
想像していたよりもずっと快適に過ごす事が出来た。こういう姿で京都の町を観光した事は一生の思い出になるだろう。
バスの一日乗車券をペンションで購入しまずは女将さんお薦めの蕎麦屋で昼食、そして金閣寺へ。海外からの旅行者がとても多い、とは聞いていたけれども想像していたよりもずっと外国人の方々が多い。勿論町もそこは理解していて、案内が様々な言語に対応しているのが印象的だった。あとバスの運転手さんもとても感じが良い。
金閣寺を見物して、バスを乗り継ぎ清水寺へ。修学旅行の際はバスで結構なところまで近付いたんだな、と徒歩で向かってみて気付く。履き慣れない下駄での散策なので足が痛くなる。それでもいざ清水寺に到着すると見物に夢中になり足の痛さは忘れてしまった。清水の舞台から飛び降りる、という言い回しはよく聞くけれどもそれがどれだけの覚悟なのかをこの目で確認。
駅に向かって歩いていると人力車に乗りませんか、と呼び止められる。良い感じの呑み屋で一杯ひっかけて宿に戻ろうかという頃合いだったのでそう話すと「ではそういうところもご案内しますので」と言って下さるので、折角だからと人力車に乗る事に。

2017_08_14_002
お世話になった車夫、高嶋さんと。
いや、これが本当にお願いして良かった。30分で結構な距離を走って目的地の方まで案内して下さったんだけれども、ちゃんとその近辺の観光案内と名所の案内もして下さって、夫婦で歩いているだけでは見る事が出来なかった所謂『京都らしい京都』をしっかりと堪能する事が出来た。最初の最初こそ意外とするその値段にびっくりしたけれども、人力車乗車、滅茶苦茶安い。車夫の高嶋さんの案内で色々な光景を観たこの時間こそ、今回最も京都を感じた瞬間かもしれない。
高嶋さんは音楽をやられているそうで(偶然にも僕と同じく、翌日ライブ)、そちらでの再会があると良いのにな、と思った。頂いたステッカーは早速ベースギターに貼りました。
高嶋さんの教えて下さった居酒屋にて旨い飯(ハムエッグってシンプルだけど何であんなに旨いんだろうね。あとクリームチーズのわさび醤油和えがとても美味かった)とレモンチューハイをヤッて、ヘロヘロになってタクシーでペンションモドリ。
風呂に入って関西風のどん兵衛を「旨い旨い」と楽しんで就寝。

腹筋始めました。

2017_07_31_001
30歳を過ぎてから徐々に徐々に太ったわけなのだが(煙草をやめたのも関係あるかもしれない)、最近は腹回りがいよいよ気になってきたので巷で「効く」と噂の腹筋ローラーを買ってみた。
某大型ショッピングサイトにて1300円くらいだったかな、お手頃価格だったけれども今のところ不満なく使えている。というかマット付で良かった。膝を床についてローラーを前にググッと押し出す→戻るという運動をしているのだけれども、マットがあるかないかでは随分と違う気がする。
腹筋ローラー、。とは言ったものの効果はどうやら全身にわたるのではなかろうか。一日目を終えて二日目、実は今日なのだが、どうにも胸筋の辺りが痛い。心なしか二の腕も筋肉痛であるようだ。
どうやら腹筋以外にも普段使わない筋肉を鍛え上げて下さっているようだ。
凄いぞ腹筋ローラー!

ひとまず、毎日少しでも継続して続けようと思っている。

7月30日の日記。

つい今しがた打ち合わせから帰って来た。今日は毎月行っているライブハウスでの演劇イベントの打ち合わせであり、ここ最近は運営さえも若い次世代の人達に任せっきりで僕はお飾りの代表になっていたのだけれども、ひょんな事から出演するという事に相成って折角だからという事で打ち合わせにも顔を出してきた。
いや、次世代はしっかりやってくれている。会話の流れ上、僕達がこのイベントを続ける意義(今や彼ら、と言った方が適切なのかもしれないけれども。正確に言えば僕達が初めて彼らが続ける意義、となるはずだ)みたいなものも会話にあがり、当初思い描いていたところまではこのイベントは到達したのだろう、と何となく思った。聞けば、次世代の運営も世代的には大学卒業、社会へと出る年齢であるという。次世代の次世代が出てくるのかもな、とそんな当たり前の事にようやく思い至った。
今年は毎月開催されている(幸い一度、出演した)ライブハウスでの演劇公演『新栄トワイライト』、是非チェックしてみてください。

さて、その打ち合わせ中に18歳になろうという女の子から相談(?)というか、葛藤を吐露された。
「自分はもうすぐ高校を卒業、年齢的にも先々の進路も考えている。やりたい事をしっかりガツガツとやりたい気持ちもあるけれども、そればかりやっていて結婚したり子供を産んだり、そういう"当たり前"の幸せを逃すんじゃないかと、行き遅れるんじゃないかと不安です」
聞いて最初に思ったのは何て真面目な人なのだろうと、そう思った。自分が18歳の時にそんな先の事を、人生の事を考えただろうか。あの頃の自分が考えている『先の事』だなんてせいぜい一週間とか一ヶ月とか、それくらい先の事でしかなかったんじゃなかろうか。
年齢だけは目の前の彼女より重ねている立場の人間として、お節介ながらも何かコメントしないといけない気がして思った事を素直に伝えた。一般的な考えではないだろうし、あくまで自分の考えであるし貴方のご両親は反対されるかもしれないけれども、と前置きしたうえで
「結論から言えばやりたい事が明確にあるのであればやっておくべきだと思います。少なくともその時々、最善を尽くしている、と思えるだけやっておいた方が良いです。まともな感覚さえ持っていればやりたい事をやりながらも常に所謂"当たり前"の幸せを得るための『締め切り』みたいなものは意識して、もうギリギリだぞという時には人生の岐路を意識する事が出来るはず。やらない後悔は絶対に辛いのでその年齢であれば、やりたい事はやった方が良いと僕は思います」
自分の人生を肯定したい、そういう思いがなかったかと問われると否定は出来ない。けれども、今現在、一人の男性として、一人の表現者として幸せな行程を進んでいると思えている自分から発せられた、それは素直な言葉だった。
今これを書いているこの瞬間、僕は自分にこの言葉をちゃんと突き付けないといけないと思っている。彼女とは違った局面で、僕もこれからの自分の状況の変化と共存させながら(折り合いをつける、ではない)、その時々で自分のやりたい事を追求せねばならないからだ。そしてそれを検討しながらの人生は一人の人間、表現する人間、どちらの側面から見ても大変興味深いはずだ。
目が覚めるような瞬間だった。良い会話をした。良いきっかけを貰った。

時間は逆行する。今朝の話だ。
今朝は早起きして髪の毛も洗わず、寝巻のTシャツのまま洗顔と歯磨きだけして妻の運転で出掛けた。近所のレンタルショップ兼ゲーム屋にNINTENDO Switchが入荷、抽選が行われるとの情報を妻が入手したからである。普段だったら起床後、準備に時間がかかる妻も今朝は前例がない程の速度で家を出る準備を終えていた。彼女はSwitchがどうしても欲しいらしい。
妻はNINTENDO派、僕は(どちらかといえば、結果的に)SONY派だ。僕がやりたいゲームは所謂『鉄砲をバンバン打ってグッチャグチャになる』ような作品や『神経に障るような』ホラーゲームが多い。そういうのは任天堂、あんまりないものね。いや勿論マリオとか愛着はあるのだけれども。
というわけでスプラトゥーン2をどうしてもやりたい妻はどうしてもSwitchが欲しかった。異例の身支度の早さもそれ故である。どうやら本気だ。ここでその熱量に水を差すのは人間として、夫婦としてどうかと思うし、また少しの打算もあった。
(ここでノッておけば、そしてもし自分がSwitchの購入権を当てようものならエフェクターが買いやすくなるかもしれない)
かくして真黒な腹の内を隠してのSwitch抽選行脚が始まった。
一店舗目、店長さんが混雑を危惧してか張り紙よりも早く抽選券を配り始めて下さった。よくわからないまま、スプラトゥーン2の同梱セットの抽選券を貰う。
二店舗目の様子を見に行っていた妻も戻って来て抽選券を入手。
二店舗目、三店舗目と二人で廻る。幸いな事に当選発表の時間帯は各店舗でずらして設定してあり、三店舗目から発表を聞きながら逆に回っていくのが同時に自宅に向かって近づいていくルートにもなっていた。三店舗目でHOIP ウカイさんに遭遇。自分達と全く同じルートを辿っているそう。
三店舗目の当選発表、目の前で店員さんがくじを引いて番号を読み上げていく。残念ながら僕の番号も妻の番号も読み上げられなかった。二店舗目の当選番号発表まで時間があったのでファストフード店で朝食をとった。
「朝早く家を出てそれなりにドライブ的な事もしているし、こうして美味しい朝ご飯も食べられているから良い休日感、あるね」とか、そんな話をした。別に全部ハズレでも悪くないな、とかちょっと思っちゃったもん。
で、二店舗目に戻る。ウカイさんと再会。一店舗目より当選数は少なかったものの、ウカイさん見事にゲット!
「今日は一日ご自宅でスプラトゥーンですね!」と声をかけると「いや、それは子供の教育上良くないから外に出るよ」とウカイさん。良い父親!!
残念ながらここでも僕達の番号はなし。妻はちょっと気落ちしていた。僕はヘラヘラしていた。
そして数時間かけて戻ってきました一店舗目。張り出してあった当選番号を見ると、あった。僕の番号が当たっている。

2017_07_30_001
舟橋家にNINTENDO Switchがやってきた瞬間であった。
当たった事にかこつけて、妻に運転して貰って欲しかった漫画を買いに行った。エフェクターも見た。
ちなみに、まだスプラトゥーン2では遊んでいない。アカウントを作れば妻のデータとは別のセーブデータで遊ぶ事が出来るそうなのでやってみようかな、とは思っている。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム