親の仇のように明るいLED

つくづく俺は飲料に左右されている、と思う。
職場ではカップコーヒーで興奮状態になり「うおおお、俺は仕事をバリバリやるぞ!」とカフェインを取った事によるプラシーボ効果から体中に活力とやる気、ポジティブさをまき散らしながら業務にあたっているし(ホットコーヒー故に体温が少し上がってポジティブになるのかもしれない。最近お気に入りで読んでいる漫画でサウナ中毒の芸人が『子供の頃は基礎体温が高かったので何でもハッピーでしたね。体温高い方がポジティヴになれるんですよ』と語っていた。相変わらずかっこの中が長いね俺ね)、夜は一人自分の部屋で一缶120円もしないようなレモン風味のハイボールを飲んでベロベロニなって憂さを晴らしている。
晴らすような憂ささえもないっていうのが本当のところなんだけれどね。
そして3日に一回くらいは「水が一番旨いね」とか思っちゃってる。

仕事中、ELECTROGRAVE 小池さんよりメールが来た。
下の画像(小池さん貼らせて貰いますすんません)と「改造完了しました」の連絡。仕事終わってマウンテンバイクをジャコジャコ漕いですぐに取りに行った。

2016_12_08_001
BOSS LS-2の改造をお願いしていたのである。
このラインセレクター、いやラインセレクターと一言で言ってしまって良いのかいささか自信がなくなる程多機能かつコンパクトで美しいと思うのだけれども、この素晴らしい名機で一つ気に入らないところがあるとすればそれは各ループのセンドジャックが筐体左、リターンジャックが右側にあるところだ。小池さん曰く設計者的には右側にインプットを集めたい、左側にアウトプットを集めたいと思うのは自然な事らしいのだけれども、使う側としてはパッチケーブルを交差させなきゃいけないしその分長いパッチケーブルを用意しなくちゃいけないしで何となく、いやこれはもう俺の感覚だけなのかもしれないけれど、何となく気持ち悪いのだよ。
というわけでセンドとリターンを入れ替えて貰って、右側がセンド、左側がリターンになって大変気持ちが良くなった。ついでにAチャンネルのLEDを明るいものにして貰った。「明る過ぎて目が痛くなる」(小池さん談)程明るく、うん、こうカッ!!とLEDが点くとオンにしたぞ!感があって良い。

新しくなったLS-2を携えてパイプカツトマミヰズ練。
詳しいご報告はまたになるけれど、パイプカツトマミヰズは漠然と、いや本当に漠然とだけど、僕が加入してから何度目かの転換期に差し掛かっているんじゃないかって勝手にそんな気がしている。わからねえけど。
ピックを変えてからピック弾きが最高に楽しいんだけど、そういうニッチな話題はまた別の時にするとします。
あまりにも贅肉がついてきたのでこれから毎日15分程スローランニングをして体の様子をみようと思う。

今年もやったよ、犬丸ラーメン

2016_12_05_001
12月4日、今池HUCK FINN FACTORY跡地にて犬丸ラーメンのパフォーマンス。
写真は今回から新たに持ち込み機材として登場した『カウンター』。
3月のIMAIKE GO NOW以来の犬丸ラーメンだったわけだけれども、果たして今回も大いに楽しんだ。毎回思うけど、一番楽しいのは僕な気がしている。ただ天候の影響か、はたまた日曜の夜という事も影響しているのか過去公演と比べて来場者数が若干小盛だったのは悔しかった。
実際のところ、犬丸ラーメンでのパフォーマンスって良い感じに僕の大丸ロスを埋め合わせるような、そんな役割を果たしてくれていて。
今回も印象深い瞬間は何度かあったけれども特に自分の内側に訪れた二つのピークは忘れ難い。
パフォーマンスをする上で「時間を行き来する」というテーマを自分に設けていたのだけれども(大橋さんは僕が通い始めた頃と閉店直前で比べても明らかに言動が変わっていた。なのでその変遷を一瞬で行ったり来たりしてみた)「本当はもっとやりたかったんだけどねェ」と閉店直前のあの夜、大橋さんがポツリと漏らしたあの言葉をそのまま僕が漏らした刹那、カウンターでラーメンを啜ってらっしゃった僕よりも大丸歴が長かったであろう先達が「ウンウン」と頷かれた。
その頷き二回に沢山の思いが込められているような気がして、そしてそれがどんなものなのか瞬間的にわかってしまったような気がして、そしてそれに勝手に共感してあの夜達を思い出して、一瞬で涙腺が開いた。
大橋さんの物真似をしてお客さんとやりとりしている時よりも、僕が黙ってふと、カウンターに咀嚼音と麺を啜る音しか響かない、そんな瞬間の方が時間と空間があの日(=いつか)の大丸に戻ったような、深夜の今池のあの場所あの空間の空気が立ち上がってくるような、そんな風に思った。そんな瞬間亜gあ確かにあった。
これらの瞬間、あの実感があるから僕は大丸抜きの夜を過ごす事が出来る気がする。

2016_12_05_002
そして終盤に駆け付けてくれたお三方。
CLUB ROCK'N'ROLL 井藤さんはその昔大丸に行った際に「二度と食うか」と思った程マズいと思ったらしいんだけれども、今回食べて満更でもない顔をされていたので本家に変わってかたき討ちを行ったような、勝手にそんな気持ちになっている。
篠田君は一口食った瞬間に「これはやべえなあ」と『あの頃』に戻ったようでいや、やっぱり一緒に通っていた人にそうやって言われると嬉しいもんだよね。俺は調理してないけど。

改造し過ぎたムスタングベースをわりかしまともな状態にした件について。

今月20日(日)は犬栓耳畜生で東京遠征。名古屋で同日ライブがある炭酸リーダーは参加出来ないが、我々としては初めての東京遠征である。暗黒大陸ふれあいのレコ発パーティーに呼んで頂いた。暗黒大陸ふれあいの荒木さんは犬栓耳畜生を鶴舞のライブハウスで観て下さった際、有難くも気に入って下さったようでそれ以来何かとお世話にして下さる。
犬栓耳畜生の遠征、今回またしても現地集合となった。舟橋は裕福ではない。それに東京→名古屋間の新幹線の終電は意外と早く、翌日月曜は仕事である。となると夜行バスしか帰路の方法はない。

またしても楽器をバラバラにして車内持ち込みする事になるとは!

森野メンバー曰く「バス会社に確認しましたけど大丈夫、との事ですよ」との事だし友人も「最近はわりかしいけるみたいですよ、ギターの荷台積み込み」と言葉をかけてくれたけれどもそれでも心配性の舟橋は結局、ボルトオンの楽器をバラバラにしてリュックサックに詰めて車内持ち込みする事を選んだ。前回はそれで全く問題なかったし、荷物も最小限で済む(リュックに楽器を入れるとなるとあれもこれも下手に持っていかない。楽器保護も兼ねる衣類とエフェクターも必要最小限である。あとは勿論財布と金と携帯電話)。
さて、一応確認するかと前回バラバラにして持ち出したダンエレクトロのロングホーンベースをチェック。おっと、ノイズが聴き捨てならない程出ているぞ。そういえば弦アースが取れていなかった事を思い出した。ノイズも音のうち、とはよく言ったものだが、それでもこれはちょっと気になる。かといって中空のボディ内を配線材を這わせる道具もないので、ここは発想の転換でもう一本所有しているショートスケールベース、フェンダージャパンのムスタングベースに目を向ける事にした。


採寸してみると問題なくリュックサックに詰め込めそうである。流石ショートスケール。うん、今回はこいつでいこう。
さて、そうなると少しでも良い音で演奏するために楽器のメンテナンスをする必要がある。
ざっとチェックしてみてネックを微調整。うん、昔からそんなに動かないネックだったけれども微調整ですぐに真っ直ぐになった。


フロント側はダンカンのPタイプが載っている。平時使っているシステムでチェックしたところによると、フロントピックアップだけで十二分に事足りた。ええい、使わないものは外してしまえとリアピックアップを取り外す事に。それに伴いジャックもボディトップ側にある方が好きなのでそれまでリアピックアップのボリュームコントロールがあった位置に移動。
見た目は変な感じだけれども、ボディを焼いた後であったりボディ裏面のステッカーなり、バッテリーボックス跡だったり部品の交換やその時々の仕様等、ムスタングベースには思い出がある。ボディの焦げ跡や無残にもザグられた跡、それらの痕跡等含めて妙に嬉しくなってしまう。
こんな酷い状態なのだもの、恐らく二度と手放せない。売っ払ったところで二束三文にさえなるまい。
かといって人に譲渡するにもこんな無残な状態のムスタングベースを誰が欲しがるものか。大学入学直前、「入荷したよ」と電話を貰って父親の運転で楽器屋に取りに行ったあの日から今日に至るまで愛して傷つけて仕舞い込んで取り出して傷つけて愛して仕舞い込んで、を繰り返してきた僕が責任持って天寿を全うさせてやろうと思う。
ボディにザグッた跡がそのままだなんて、せめて埋めてやろうか、と一瞬思ったけれどもどうせ僕の事だ、いつ気が変わってまたリアピックアップを載せたくなるかわかったもんじゃないし、そもそもこの跡が残っていた方が「こんな改造もしたなあ」と思い出を思い返すきっかけになる。幸い演奏には支障がない箇所だしね。

折角ついでで、某チェーン展開されている質屋で激安の弦(K garageという入門者用楽器を販売しているブランドのものだ。ベース弦にしては1000円を切る破格!)を買ってきて、フレットを磨き指板にオイルを入れて弦を張り替えた。
こうしてちゃんと手を入れて真面目に取り組んでみると、以前とは比べ物にならない程まともな音になった。ちょっとショボいプレベくらいかそれ以上の音はすると思う。これにはミドルが搭載されたサンズアンプの影響も大きいと思うのだけれども(サンズアンプを新調してからというもの、各楽器の特色がそれまでより顕著に音に出るようになった。やはりミドルというのは大事な要素だったのである)、僕がこの楽器との付き合い方をわかってきたというのもあるんじゃなかろうか。
ムスタングベースにプレシジョンのピックアップを搭載するのは大いに有効なんじゃないだろうか、と思って調べてみたら今って普通にPJ仕様のムスタングベースが売ってるんだね。僕の時はそんな便利なものなかったぞ!

高速バスに乗り込む目的で、「リュックサックに詰め込めるから」という理由が第一で手を加え始めたベースギターだけど愛着というものはふつふつと湧き上がってくるもので、こりゃあきっとそれ以降も今までよりかは弾くんだろうな、と漠然と感じている。

昔、関係をもった異性についての自慢話じゃあないんだからさ。


過去に何度かリング・モジュレーターを購入しては試してきた。
が、結局どのモデルも長続きせず、いつかは自分の肉声のようにリング・モジュレーションされたベースギターサウンドを駆使したいとは思ってはいるけれども残念ながら未だに実現出来ていない。
いや、僕が悪い。試したものの中には使いこなすには僕の忍耐が足りなかったものもあるし、音は良くても汎用性に欠ける云々、難癖をつけたものもある。いくらその音が良くても現場で扱う事に煩雑な問題が付きまとうのであれば、それは自然と機材棚の中で埃をかぶっていくようになってしまうものなのだ。
僕とリング・モジュレーターの付き合いはそういう感じだった。electro-harmonixのリング・モジュレーターは音も太く、コントロールもシンプルで扱いやすかったけれども何せ筐体が大き過ぎた。大きなエフェクトボードを持ち運んでいた当時でさえそう思っていたのだから今だったら猶更そう思うだろう。mooger foogerのリング・モジュレーターは使っているうちにelectro-harmonixのものよりも音が細く感じるようになってしまった。COPILOT FXのリング・モジュレーターはコントロールがわかりづらいにも関わらず"使える"音になる面白いブツだったけれども金欠で手放してしまった。あ、思い出した、これは狙って音作りがしづらかった記憶もあるような。FAIRFIELD CIRCUITARYのリング・モジュレーターはコントロールこそ理想的で「遂にこれは見つけたぞ!」と狂喜乱舞したものだったけれども、その肝心のコントロールがシビア過ぎて「二度と同じ音が出ないんじゃないかこれ...」と途方に暮れかけたので手放してしまった。
いやはや、こうして書いてみると如何にリング・モジュレーターに挑んできたかわかる。

で、少し前に購入したWAY HUGEのRINGWORMというリング・モジュレーターだが音もコントロールも安定感も(リング・モジュレーターに安定感を求めるって、ちょっとシュールだよね)素晴らしく、値段もリング・モジュレーターにしては(往々にして高いんだよなあ、需要がそんなにないからだろうか)安目で導入して大正解の代物だった。
5つのパターン(入力されたボリュームに反応し変調/7つの異なる周波数をランダムに変調/2つの周波数間を正方形波で変調/7つの異なる周波数を順番に変調/2つの周波数間を正弦波で変調の5つ)の選択とそれぞれのスイープ・レンジ設定、スイープ・スピード設定に内部発振器の周波数設定とドライ・シグナルとのブレンドコントロールと「リング・モジュレーターの音作りをキャッチーにする上で痒い所に手が届く」わかりやすいコントロール系統。
シビアだけどシビア過ぎない(曖昧な表現だけれどもこの曖昧な具合こそが僕がリング・モジュレーターに突き付けたい我儘なのである)周波数設定に、エフェクトシグナルを混ぜてもドライ・シグナルの主張を損なわないブレンド・コントロール(ちなみにアンサンブルを崩壊させない、というかベースギターのドライ・シグナルをバイパス時と遜色ないレベルで出力しようとなると図のマスキングの位置で適正かつ十分過ぎるブレンド具合である)。
肝心の音も太くてかつ主張があって良いし(これはそのまま=ブレンドする際にコントロールしやすい、という利点に繋がる)細かい事を考えなくても面白い(時としてそれは笑える、とも言える)音を作る事が出来る。
攻めて攻めて攻めまくりたい時はループ・セレクターにループさせて信号のブースト、カットを行えば扱いやすいだろう。僕は実際BOSS LS-2にループさせて楽しんでいる。

見た目も何だか可愛くて愛着があるので、しばらく使っていこうと思う。
今度こそ、リング・モジュレーターの決定版になりますように!
...あ、書き忘れた。DC18Vのセンターマイナスプラグ、専用電源付属なものの、ちょいと面倒臭い。尤も本体が小さいので屁でもないけれど。あと専用電源だからなのかな、というくらいにはちゃんと音がたってる。

BEHRINGER VD400を買った。

仕事終わって家に帰ってご飯を食べてインターネットで調べ物。
ひと段落ついたのでお菓子を食べながら『孤独のグルメ』を兎に角ダラダラと観続けていたのだけれどもこれじゃあ折角の金曜の夜だっていうのにあまりにも何もない上に生産性も全くない。
それじゃああんまりだ、と得体の知れない罪悪感に苛まれそうになったのでせめて日常的なアウトプットくらいはしておこうと今こうしてキーボードをタイピングしているというわけ。

2016_10_28_001
エフェクターで音色を操作する際に何を意識するかというとアンサンブル中のどこにベースギターの音色を据えるか、とかどんな声色で主張するのか、とかあるいはどれだけ馴染ませるのか、とかが主だったのだけれどもここ半年くらいで急に「時間」とか「空間」とか「距離感」みたいなものを意識するようになっていて、では何故そうなったのかと言われたら外的刺激がきっかけとなってそういう物事に目を向けるようになったのか、はたまた逆にディレイやモジュレーション系のエフェクトに興味を持ったからこそ時間や空間、距離感に興味を持ったのかは定かではない。まあ、何にしても以前はスタジオに馬鹿みたいに持ち込んでいた歪み系ペダルも幾つかに厳選され、その代わりにディレイやリバーブ等の割合が増えた。

デジタル・ディレイについては相変わらずBOSSのものを愛用しているけれども、デジタル・ディレイを日々触っているとアナログ・ディレイも当然意識するわけで、こうなるといてもたってもいられない、アナログ・ディレイ欲しい病にとり憑かれるわけである。
アナログ・ディレイはそれこそベース・ギターにエフェクトをかけるようになってからわりかしすぐに、大学時代の先輩に「アナログ・ディレイは幽玄で良いよ」とのコメントを賜ってそれがきっかけで興味を持ち、25000円をはたいてBOSS DM-2を購入したのであった。しかし当時の僕の使い方が極端に下手だったのかそれとも僕が手にした筐体がたまたま外れだったのか、それとも一番可能性が高いのは電源の問題であるのだけれども、兎も角DM-2はうまく動作しなかった。LEDインジケーターは輝いているものの、ディレイ音のかえってくる回数が非常に少ない。当時としては今程知識も経験もなかったしインターネットも然程触ってはいなかったので「アナログ・ディレイはこんなものなのか」と失望と共に金策のために売っ払ってしまったのであった。
それ以来のアナログ・ディレイである(デジタル・ディレイのアナログモードとかデジタルとアナログのハイブリッド機種等は触ってはいたものの、まあ、それはそれ)、当然期待もする。少し前に中国製の別メーカーのアナログ・ディレイを触ったりして「やや、アナログ・ディレイ良いじゃん」ってなっていたりしたので期待増し増しである。

で、BEHRINGER VD400である。
恐らくアナログ・ディレイの中では最安値に入るのではないだろうか、いやまさかアナログ・ディレイが2500円で買えるだなんて!僕が学生の頃の10分の1の値段かよ!何でもこの値崩れはBBD素子というアナログ・ディレイ生産の要である部品の再生産に伴うものであるらしく(詳しくは知らない。BBD素子が何であるかも知らない。舟橋は部品とか基盤とか中身の事については疎いし、そもそも興味がない)、それによってアナログ・ディレイがこんな値段で市場に出回っちゃっているようなのね。いや、良い時代になったものである。
話を戻そう。VD400はBOSS DM-3の回路をパクったもの、だそうである。DM-3はDM-2と実質同じものであるそうなので、僕は約10年の時を経て見た目以外は同じもの(部品とかは全く同じではないだろうから全く同じとは言えないのだろうけれども)を手に入れた事になる。しかも10分の1の値段で。いや、二度目だけど本当に良い時代になったものだ。
本家本元と比べてどうか、とかはわからない。DM-2を触っていたのは遥か昔の事であるし、当時は今よりもエフェクターの音色に疎かったので。その辺の比較が気になる方はもっと別のwebサイトであるとかブログであるとか、或いは動画投稿サイトに比較動画さえアップロードされていたからそちらを見た方が話が早いだろうと思う。

いや、これ、2500円とは思えない良い買い物だよ。
操作も見た目通り、物凄くわかりやすい。REPEAT TIMEがディレイタイム、ECHOがエフェクトボリューム、INTENSITYがリピート回数。もうそのまんま、超シンプル設計。
皆が気になる発振についてだけれども、INTENSITYを時計の2時くらいにしたあたりで簡単に発振してくれる。REPEAT RATEをいじってギュインギュインやるの、とても楽しい。ECHOが発振音のボリュームになるので操作も非常にしやすい。融通が効く発振って、何だか矛盾しているような立ち位置だけれども実際のところ重宝する。
アナログ・ディレイの音って素敵である。デジタル・ディレイが一時を切り取って繰り返すのに対してアナログ・ディレイはノスタルジーをまき散らしながら繰り返し、減衰していく。人間の郷愁とかそういうのに似ているのは、結局アナログ・ディレイなのだ。
あ、電源供給はACAオンリーではないのでそれだけでも便利だよ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム