OneControl Granith Grey Boosterを導入。


サンタさんにお願いしてOneControlのGranith Grey Boosterを入手。

クリーンブースターとして定評のあるコレ、買った目的はクリーンブーストではない。このブースター、唯一あるツマミが12時の位置でユニティゲイン(スルー時と同ゲイン)であり、左に回していくとボリュームをダウンさせる事が出来る。つまりボリュームダウナーとして使いたくて導入を決意したというわけ。
何故そんな事をしたくなったかというとここ最近夢中になっている「歪みとクリーン時のボリューム差」を作るために色々試行錯誤した結果、エフェクトの最前段でボリュームを下げてやる事が一番良いのではないか、しかも可能な限り音の信号としてロスなく下げてやる必要がありそうだという結果に至ったため。
ボリュームペダルや楽器本体のボリュームでは良くも悪くも変化してしまうし(僕の楽器は随分と改善されてはいるのだけれども)、ペダルタイプのグラフィックイコライザーとか使えば微調整も出来て良くはあるのだが触る部分が増えてちょっと煩わしい、単純にボリュームだけ下げて音質そのまま、みたいなのはないかと思っていたところそういえばワンコンにそんな感じのあったな、と思い至ったっていうわけ。
音量を下げるためにエフェクターを足す、っていう足し算の発想は嫌いじゃあないよ、むしろ大好きだ。

実際に繋いでみると音質変化は良い意味で微妙にあった。高域と低域がちょっと元気になるというかせり出してくるイメージ。だけれども幸い微妙な味付け程度でしかもそれが気にならない程度だったしなんならおいしい感じだったので満足。ボリュームダウナーとしての機能も十分でここで音量下げてアンプのゲインでいつも通りの音量になるようにしたらエフェクト一個挟んだような違和感は全然ない。これって凄い事だよな...。

で、期待していた「入力レベルを下げる事で音質のみならず音量変化もファズに期待する」事が出来るようになっただけじゃなく、アンプのゲインを上げる事が出来るようになった事でアンプのゲインつまみにちょっと触っただけで爆音になってたようなそれまでの繊細過ぎる音作りからもさよなら出来そう。コントロールしやすいというのは利点の一つですね。今まで0から少し上げただけで凄い音量になってたもんな、俺のセッティング。そんなフレキシブルさに欠けるセッティングしなければ良い、という話なんだけども、そもそも。

かかってるかかかってないか、本人以外には全くわからないし演奏が始まればオンになってるかオンになってないかは本人さえも意識しないような、そんな用途に使うために導入したブースターだけれどもこれから毎回演奏に持ち込む事になりそうである。

ベースギターの主にボリューム周りを改造した話。

有難い事に、月に一度は平日に何の予定もない休みがある。
大体毎月時間を持て余して自宅で作業したりダラダラ過ごしたり、夕方には銭湯に行ったりするのだが今月はアクティヴに過ごしたので備忘録代わりに書いておく。

岐阜のイカした楽器工房 LOVELESSの岡田さんが様々なコンデンサーを組み合わせ、非常に具合の良いハイパスフィルター&スムーステーパーを開発されたと聞いてどうしても自分の楽器にも載せたくなって工房を訪ねた。

随分とご無沙汰してしまったけれども暖かく迎え入れて下さった岡田さん、今回の機構をベースギターに搭載するのは初めてという事で僕の楽器に合うコンデンサーはどれか二人であれやこれやと試してみる。
結果、楽器本体のボリュームをちょっと絞ってファズを踏んだ際に一番バリバリくるものをチョイス、鮮やかな手つきで作業される岡田さんとお喋りしながら時間を重ねた。

ハイパスフィルターは楽器本体のボリュームを絞った際に特定の高域(これをどのコンデンサーを積むか、で調節する)をパスして出力する事によって、通常なら曇ったように感じる音をハッキリとメリハリの効いた音で出力し続ける事が出来る。スムーステーパーは楽器のボリューム変化がなだらかに、音楽的に変化するような機構。どちらも自分の楽器の表現力を底上げしてくれるものである、と感じる。機能的にはシンプルでも幅がある方が良い。

作業完了後、岡田さん推薦の蕎麦屋『更科』にて冷やしたぬき蕎麦を食べる。岐阜県民のソウルフードと言われるだけあって、なんて事ない冷やし蕎麦なのにやたらに美味い。蕎麦湯まできっちり楽しんで完食。

ベースの日

11月11日はベースの日、との事で舟橋は有難くもタワーレコード名古屋パルコ店にて配布されたフリーペーパーに参加させて頂いた。店頭で配布されてる様子が気になって覗きに行ったのだけど僕の目の前でニット帽を被った可愛らしい女子がフリーペーパーを手にしてはにかみながら持っていかれる様子を見て「ベーシストの未来は暗くはない」となんとはなしに思ったわけですよ。
内容としては「貴方の人生を変えた一枚」という事で印象深いCDについて簡単ではありますがコメントを掲載。僕はKING CRIMSONの『USA』を推した。

人生を変えた、と言ったら大袈裟かもしれないけれど、あの一枚、正確に言えばクリムゾンを耳にした時の衝撃というのは物凄いものがあったので。前進思考、バンドを継続させる事、挑戦する気概、そして鍛錬の重要性等、影響受けたなぁ。
他のプログレバンド(というとフリップ先生はお怒りになられるだろうけれど)も聴いたけれど、クリムゾン程ハマる事もなく今現在。やっぱりヌーヴォ・メタルが肌に合うという事か?いやはや。
『USA』はライブ盤だがベースギターの録音が大変素晴らしい。「歪んじゃった」的なドライブサウンドは今なお多くのベーシストのフェィバリットだろうし、あのファズサウンドにやられた人間は一体どれくらいいるんだろうか。先日も某出版社から出ている楽器雑誌でこのアルバムを推しているベーシストがいたけれども、お気持ち、同じです。

さて、ベースの日という事でペダルを2つ仕入れた。妻の許可は貰ってる。大丈夫。

ベースコーラスとボリュームポットを仕込んで馬鹿デカいツマミをつけたもの。パッシヴのボリュームコントロール。これは友人お手製のものを譲って貰った。
それぞれ、改めて紹介します。

VALETONのファズ LAZARDを買っていた、実は。

朝起きて寝室のカーテンを開けて外を見ると風は強そうなものの、空は台風一過、青空が広がっていた。
夜中には外で「バタバタバタバタバタバタバタバタ」と尋常じゃない音をさせながら雨が地面を打ち付けていたというのに、何たるギャップ。
さて、今日もエフェクターの話をしよう。

2017_10_23_001
実は少し前にこれを買っていた。VALETONという最近市場に沢山出回っている(そうである)中国のメーカーのファズである。
何でも「大柄な筐体で有名なニューヨーク製のファズ」をモデルにしているという事で多分きっとそうですね、はいビッグマフです。
トレブルにベースというEQ付で、しかもインターネット上の評判もそんなに悪くなかったので「ひょっとしたらひょっとするかも」と購入。いや安いし、これ。3000円くらいだったかな?それくらいで購入。

で、いざ試してみるとBASSの効きは申し分なく、ベースギターに通して使っても低域が削がれてしまうという事はないはずである。TREBLEを上げればジュゴジュゴのファズサウンドも作れるし、このシンプルながら効きの良いコントロールは重宝する。あとサイズも。兎に角小さい。
だけれども、これを購入してすぐさま発表されたコレに心が移ってしまったのでほとんど実戦で使っておらず......。
堪忍して下さい堪忍して下さい。
イヤ実際、ビッグマフが素晴らし過ぎるんだよ。

新バンドに於ける楽器選定。

もうこれは習慣というか自分自身のためというか、そういうのが根っこにあって書き続けているこのブログですが意外な方も時折読んで下さっているとご本人の自己申告で知りまして、こりゃあ書く方も張り合いがあるってもんよ、という心持ちです、今。

昨夜はここ4ヶ月くらい月に一度のペースでスタジオに入ってきたバンドの練習。
月に一度、というペースだけれども中心になって曲を作る方が多作なのと音楽的語彙力が高い人が揃っているので作業部分での進捗具合は早い早い。音楽的語彙が豊富だと感覚以外の部分でも作業が進んでいくので速度が比にならない。感覚で作っていくのが駄目、というわけではないのだけれども。
で、このバンドに於けるバンドアンサンブルの中でのベースギターの据え方というのがなかなかしっくり来ていなくて。
ギターリスト氏は普段はボサノバとかを演奏しているそうで、出音も明瞭なれど前に出過ぎるわけではなし、ディストーションガンガン!というわけでは勿論ない。ドラムはビート感をビンビンに感じさせる演奏なのでイナタい音よりかはスカッとした音で演奏した方が僕もその気になる。
のだが、どうにも普段通りの発想の音作りプラスアルファだとどうにも音が前に出過ぎて、それがリードみたいな形になれば良いのだけれどもそういうフレーズを弾くわけではないしそういう演奏がしたいというわけでもない、というところで試行錯誤していたわけなのだ。
それが遂に、やった、昨夜決着をみたぞ!


単純に、楽器を変えてみた。
普段使っているベースギターに対してショートスケールの楽器なら、とムスタングベースを携えてスタジオ入り。
このムスタングベース、アクティブにしたりピックアップを増設したりストリングスガイドを増やしたりピックアップ交換したり、と散々改造してあるのだが今現在シンプルにプレべのピックアップを積んである。それでもしっくりこなかったのだが、サンズアンプがミドル搭載のver.2になった途端、大変好ましい音が出るようになった。ミドルって大事なんですね。当たり前か。

バキッとした部分も出るしウネリも演出出来るし勿論歪ませて良し、トーンを絞ればローそのもの!みたいな音も出る。ロングスケールをショートスケールに持ち替えた事でシンプルに普段の自分の音がスケールダウンしたような、そんな感じだ。
スタジオ録音を聴き返してもこのバンドのアンサンブルの中では良い感じに馴染んでいるし、同時に主張もしていると感じだ。
メンバーにも評判が良かったのでこれからはムスタングベースを使っていこうと思う。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム