『俺の温度、軸との距離」を四日市で再演。

年齢を重ねたらきっと悔しい思いなんてする事は減るんだろうなと、そんな甘い幻想を抱いていた。
雑誌やテレビやwebインタビューで見たあの人やあの人やあの人のように、一つの事をやり続けてきた人間だからこその苦悩こそはあれども根本的に自分の作品に対する葛藤や「完全に作ってあげられなくてごめんよ」みたいな思いを抱く事なんてなくなるんだと、そう思っていた。
勘違いだった。
幾つになったって、作った物に対してふと冷静になって「これはこれで良いのだろうか」と思う事はある。何より心にグサグサッとくるのは曲だったり作品だったりは問題ないのに自分自身の在り方や向き合い方やその日のバイオリズムが悪くて真価を発揮出来ずその結果、絶好調であれば瑣末な問題でしかなかった作品のほんのちょっとした綻びが大きな大きな穴になって顕在化する事である。
数日もすれば清々しい思いと共に「あの苦渋は舐める必要があった!」と思えるものの(根っからのポジティヴであるからして)、その時その場所で「やっちまった...」となる時は決してそんな風には思えずただただ悔しい、強烈に悔しくてなんなら悲しいだけである。
嗚呼、一つの事だけやってきたらこうもならなかったのかもしれないけれど、僕はあれもこれも面白そうな事はやりたいし自分が自分であり続ける事だけを続けようと思ってしまっているからなぁ!

さて、話を戻すと最近いつそんな思いをしたかと言うとつい先日、4月28日の事である。
場所は四日市ドレミファといろは、どこからか僕がそんな作品を作ったと耳にしたゴウさん(ドレミファといろは店長)から「うちでもサウナやって!」と連絡を貰ってメンバーを再集結、たった一度の上演の思って臨んだあの日以来の『俺の温度、軸との距離』再演となった夜の事であった。

作品が進んでいくのに併せてパフォーマンス(僕の場合は演奏)しながらどこかで違和感というか「ああ、ここ、直したい!」と思いながら演奏していたのであった。
つまりは作品の粗が目立って感じたという事で、しかし現場ではどうにかするしかなくその時その時で最善とは何か、とアティチュードから探りながらの演奏となったのであるが、長期的なスパンで見ればこれは進化していて感じ方が変わったのだなあとも言えるけれど、いやいやでもそんな作品として受け取られてしまう作品に申し訳ない。その時最善を尽くしているとは言えどもこの作品の面白さを伝えられないであろう(120パーセント理解して欲しい、というのはエゴだろうか?)お客様にも申し訳ない。
それでも好評は好評で滅多に僕の事を褒めない同業者諸兄も「今回の良いね」と楽しんだ旨を伝えてくれたりはしたのだが、いやいや違うんだよ、もっと面白く出来るんだよだなんて言えるわけもなく。
尚更悔しい。こんな事をここに記録として残す事が美しくない事であるという自覚くらいはあるのだが、それでもやっぱり無駄にしないためにはやはり記録にしておく他、ないのだろう。


各々が課題を感じていた、とは終演後に判明したけれども、それでも共作者達は素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたのであった。感謝感激。

EarthQuakeeDevices Hoofに関する熱い思い入れを書き綴る。

2018_04_24_001
うん、すまない、またファズの話なんだ。

EarthQuakerDevices略してEQDというブランドが気になりだしたのはいつ頃からだったろうか。
最初はこのwebサイトで見かけ、次第に国内のベーシストもこのブランドのペダルを使いだして皆絶賛するその様に「ああ、これは一度試してみにゃあいかんな」と思ったのであった。ああわかってる、見事に広告戦略にやられてるよな、でもメーカー側の戦略に踊らされて良かったと思ってるよ。
で、友人のギターリストがコーラスだったかなんだかを持っててスタジオで試させて貰って「こいつぁオツだわぃ」なんて思って兎に角深いリバーブを欲していた僕はAfterneathに手を出したのであった。
『異次元のリバーブ』と謳われるこのペダル、実際コントロールも特徴的で一筋縄ではいかなかったしバンドアンサンブル中ではその効果を発揮しづらかったものの、面白いペダルだった。手放してしまったけれど。

で、あれやこれやとファズを買い漁っては試し、を繰り返していた時期にEQDのHoofというファズが気になってしまって。
アーミーグリーンのビッグマフを元にシフトコントロール(中域のコントロール)を搭載したこれは非常に使い勝手が良さそうでもうどうしても欲しくなってしまった。
しかし当時中古はおろか新品でもHoofがなかなか出回っておらず、どうしたものかと思案していたところ日本の流通をヤマハさんがして下さる、と発表があって。流石ヤマハ!素晴らしい!
発売日当日に名古屋市内の楽器屋を覗いてみたんだけどHoofだけ売り切れてしまっており、怒りと失望に沈みかけたところ2日後に鈴木実貴子ズの遠征で大阪に行く事に思い至ったのであった。
慌ててネットで大阪の楽器店の在庫を調べ、在庫有りと掲載されている店に電話をし、2日後に行くからホールドお願いしますと鼻息荒くお願いしたのであった。
リハーサル後に個人練習でファズを思い切り鳴らすためにスタジオの予約までする念の入れようであった。

そして目出度く僕の手元にやってきたHoofファズ、一言で言えば素晴らしい。
復刻版アーミーグリーンと使い分けをしているけれども、甲乙つけがたい良さがある。ビッグマフそのものを踏んでいる、という気概の部分では復刻版に敵うわけもないけれども出音の幅の広さでいったら圧倒的にこちらの方に軍配が上がる。
トーンコントロールとシフトコントロールは操作性も良くサクサク音作り出来る上に、そこから作り出せるファズサウンドは幅が広い。音も破綻しづらくまさに痒いところに手が届くファズサウンドである。
褒めすぎか、否、実際に試してみて頂きたい。素晴らしいから。

というわけで今日も僕はこれか復刻版アーミーグリーンを踏んでいる。本当に気分で使い分ける、くらいなもんだ。ビッグマフに肉薄するビッグマフ以外のファズ。
格好良い音で思い切り鳴らすという事がどれだけ気持ち良いか改めて教えてくれる一台である。

Hoofのドキュメンタリーが動画アップロードサイトにアップされている。
テンション上がるよ、これ。字幕機能で字幕を出すとところどころ「?」という言い回しもあるけれども何となく意味はわかるので英語が不得手な人でも楽しめる。そう、僕のような。

東京エフェクター BLACK SWAN“CIVIL FUZZ”を買って、手放してしまった話。

僕だって薄々気付いてる。
「理想のファズとは永遠に追い求めるものなのだ」と。

だってそうだろう、理想なんてものはその時々でどんどんと変わっていくものだし、その時自分が演奏している音楽に混ざった際の風合いによってペダルの評価は二転三転する。しかもファズ程、足元の他の機材と影響を相互に及ぼしあうペダルもない(ファズというエフェクターが自作の入門者が最初に着手する程極めてシンプルな構造をしている事と照らし合わせると大変に興味深い事実である)と僕は思うのだ。
故に面白い、とも言えるのだけれども。

兎も角。
少し前に滅茶苦茶良いファズを手に入れて残念な事に既に手放してしまった(!)のだが、「買った」「手放した」からそのペダルに費やしたコストと情熱が無駄になるかと言われたらさにあらず。その「経験」が今後求道する際に必ずや礎になるであろうと信じているので備忘録代わりに記録しておく事にする。


東京エフェクター BLACK SWAN“CIVIL FUZZ”。
六本木発のブランドみたいですね、東京エフェクター。web上で絶賛されているのを見、「そういえばシビルウォー期のビッグマフってどんなんかいな」と試した事さえなかった事を思い出し現代風に甦らせたと謳われているコイツがたまたま中古で安く出ていたので入手。
ロシア製ビッグマフといったらアーミーグリーン、くらいの知識しかなかったのでシビルウォー期の音の傾向なんて知る由もなかった次第である。現代的にアップデートされている、とは言えどもそれらしさは感じられるはずだしそもそもベースギターに使って素晴らしいファズ、と定評があるブツだったので外れる事はないだろうという確信があった。
実際に弾いてみるとうん、手持ちのコレと比べて(復刻版と比べてしまって良いのか、という話ではあるけれども僕はそもそもコレクターではないのでオリジナルに拘る必要はないし、なんなら以前所有していたアーミーグリーン実機よりも復刻版の方が良い音がしたのだからそちらと比べた方がファズとしての性能の差異はわかりやすかろうというものだ)低域がブ厚い。良く出る、とかではなく、厚い。よって押し寄せるようなファズサウンドの壁感は印象としてより強い。歪み方はちょっと粗く感じた。

これは良いファズ、と現場に持ち出してガンガン使っていこうかと思っていたのだけれども、ゴツい筐体がサイズの割に重たいのと高級感溢れる見た目が好みじゃなかったのと(こういうところ、自分は本当に気難しいと思う。一般的には絶対的に良い点とされるであろう美しさがこの筐体にはあると思う)、ちょっとどうしても手に入れたい別のファズがあったもんだから金策に手放してしまった。
復刻版アーミーグリーンともう一つビッグマフ系ではお気に入りのペダルがあったので「まぁ、いいか」となってしまったのである。

「どうしても手に入れたかったファズ」についてはまた近日。

徒然と書いちゃうよ。

4月も折り返し地点を過ぎて何ならもう残すところ10日程だけれども、いや全く本当に慌ただしい日々を送っている。
この場合の慌ただしい、が文字通りの「心」が「荒」れる、ではないのが有難い限りで実際のところは物理的に慌ただしいというか、相も変わらず予定組が下手だもんだから毎晩のように何かしらの予定が入っているわけで、おまけに一日の大半を占める仕事は職場の人事異動で新しい上司がやって来た事による環境の変化が起きている。しかしこれまた有難い事に好ましいというか変化した結果4月からの職場の雰囲気はテンション高めであり僕自身も新入社員2年目(34歳で新入社員2年目っていうのは本当に遅いスタートだ)で受け皿としては未熟ながらも良い刺激を受けているように感じている。
要するに新しい上司はこれまでの上司とは違った形で大変有能な仕事の出来る方なのである。
私生活の上でもこれまた大きな変化があったりもしたけれども、毎日楽しくやっている。妻の手料理美味しい。

バンド活動に関してはなかなか思うように時間を作る事が難しいけれども一週間に3回はスタジオに入ったりバンド関係の予定で出歩けている事自体が仕事勤めを続けながら表現活動を行う人間としては異例、大いに感謝すべき事でこの辺りはひとえに妻に感謝している。
「うわー、今日演奏する曲おさらいできてない!何て怠け者なサポートメンバー!」と思ってスタジオ前にどうにか慌てて準備をしたり、或いはままならぬままスタジオに入った結果体が勝手に反応して演奏が出来たり(この辺はもう演奏を重ねた時間の成果だと思う。この次の段階へいく事が課題だ)致命的な支障みたいなものは演奏活動を行う上で起きてはいないのだけれども、現実問題としてでは自分から能動的に創作に向き合う時間が作れているかと言うとちょっとこれがまた難しいところで。
机に向き合ってウンウン唸って何かを生みだす人間ではないもんだから日常のふとした瞬間に「あ。これやりたい」とか「あ。こんなの面白そう」とか思いついたりしてある時は楽器を抱えて録音して、ある時はメモ代わりに書きだして精査してみたりなんちゃったりして、っていうのをやっているんだけれどもこれまたどうにもこうにも行き当たりばったり感が否めない。
要するに表現活動にもっと精神的な(時間的、物質的ではない。念のため)余裕を持って臨みたいところなんだけれども自分の未熟さと怠け癖故にそれが実現出来ていない、というのが現状。
これまで通り、と半歩踏み出したこれまで以上、なら今の状況でも実現出来そうだけれども価値観の破壊と再構築、自分の中で勝手に出来上がった成功論みたいなものの大革命、絶望する程の余白を見つめ直す、とかそういうところになるとちょっと難しいのかもわからんなあと思っていたりする。
これもまた全部自分がいけないのだけれど。

少し前に駐車場代を節約、カロリーを浪費したくて自転車で自宅(名古屋市瑞穂区)から今池の音楽練習スタジオに楽器背負って向かったのだけれどもこれがなかなか爽快で、考え事ははかどるわアドレナリンが出たからか演奏も良い手応えだわ水筒に詰めていったお茶は美味しいわで良い事尽くしだった。
恒例にしたい。

ちなみにメンバーだけでの打ち上げでは火鍋を食った。

2018_04_09_002
土曜日、職場の花見という名の飲茶を肴にした飲み会からのハワイアンバルでの二次会を経ての極々内内のメンバーでのラーメンを胃袋に流し込んで、その後のライブ。
福岡由来のその焦がし味噌ラーメン、明らかに発言の節々からラーメン好きで何なら食べ歩きとかされているんだろうなとわかる上司が薦めるだけあって大変美味だった。ゆっくりお話してみたいと思っていた上司ともお話出来て満足だ。こう書くと嘘だろと言われるかもしれないけれど、仕事も仕事関係の人間関係も俺は決して嫌いではない。

昼間から呑む酒がキくのは明らかで流石に泥酔してまで良い演奏が出来るとは思っていなかったので二次会も途中から烏龍茶にシレッとシフトしてやり過ごしていて、ただ何だかもう少しだけ酔っ払いたかったのでアルコールが抜けた体に生中一杯を流し込んだのがいけなかったのかもしれない、呑み疲れというか、妙にクタクタになって新栄DAYTRIVEへ到着。受付でこの日共演のCRAZY興業のぴろしき君とこの日のブッキングを行ったシミズミミちゃんが談笑していたので薄ら笑いを浮かべつつ、少しだけ混ざる。酔っ払っているという事は伝わったと思う。
会場に到着してメンバーが注いでくれた烏龍茶を飲んで一休みすると随分と疲れもとれた。休息、大事。
演奏は?出来る、当たり前だ。しかも良い演奏をする、しなければならない。過去最高を塗り替える事に当たり前のように挑戦し続けなければバンド活動なんて続ける意味がない。

思えば白線の内側で新栄DAYTRIVEに出演するのは初めてなのであった。
この日に観て以来何度も何度も声をかけてくれた否、かけ続けてくれたシミズさんの期待にようやく応える事が出来た。演奏後、シミズさんがさり気なく褒めてくれた。きっとリップサービスでもなんでもないその言葉を、視線を交わす事さえ出来ずに照れ笑いで受け流したけれども、うん、その言葉を聞くためと言ったら大袈裟かもしれないが、この言葉を演奏にぶつけて貰っただけでも価値はあったなと思った。
まだ物販もまともにないような状態だし一年前に始まったレコーディングは一応の決着さえ、ついていないような状態(余談だがこの日の深夜に行われた会合でバンドは健全な状態を取り戻した、と思う。やっぱり話し合いは大事)だけれども。
革ジャンを着込んだ彼の心を穿つ事が出来たのも、僕の嬉しかった事の一つだ。

また四月が来たよ

2018_04_09_001
4月になった。
昨年よりも年度の推移を意識するようになったのは明らかに職場が変わった影響であると思う。
2018年度初めてのライブは犬栓耳畜生で。一週目の金曜夜、スタジオ246名古屋での演奏だった。

毎回陣頭指揮をとるメンバーが変わる犬栓耳畜生、今回は僕が指揮を執る回だった。
バッキバキの、スリリングなブレイクと緩急ついたノイズアンサンブルを披露出来るような演奏、を意識した構成でスタジオに持ち込んだものの、良い意味でその通りにはならず想定は今回も大いに覆されたのであった。他人、他者という存在を強く強く意識させられる演奏というのはつまり同時に果てしなく不自由でそれでいて自然であるという事だ。そしてそれがつまり他人と一緒に演奏する意味であると感じる。不自由で、想定外で、それが極々自然であるという自由。
嗚呼、面白ぇ。

明言してしまうと犬栓耳畜生のメンバーは僕を含め誰一人として社会から逸脱する程の『狂人』はいない。人の目や視線を意識せずに行動する事が出来るメンバーは誰一人いないのだ。意識した結果、どのような行動に移るのかはそれぞれの特性に依るのだけれども、人目を気にせずに=意識せずに自我の赴くままに演奏出来る程のブッ壊れた演奏家はいない。こうしてやろう格好良いだろう、うわあ見られている失敗しないかな、何かやってやろうどうだろうか、等千差万別、一人の人間の中でも恐らく様々な葛藤や試行錯誤があるのだけれども、きっと他の3人のメンバーもそれを感じながら演奏している。そう感じる。
そうなってくると普段の自分からしても演奏中の自分というのは「想定外」だ。平時ならしないような事を演奏中はする、してしまう。
興奮しての行動だったり必死に何かだったり、状況を変化させようとするそれだったり色々経験はあるけれども例えそれが早大にスベッたとしても僕はそれは無価値ではない、と思う。それがきっかけで事態はどんどん想定外になっていき、我々表現者は想定外の作品を作るべく自己の想像力と格闘する生き物だからだ。
僕は見られている、と思うと興奮する。僕は他人の視線を感じると緊張する。決してうまくいかないからこそ、続けるのだろう。

ノルウェーから来たバンドは、低い帯域の音も高い方も攻撃的な壁を築き上げていた。
あんな早いピッキングは見た事がないぞってな演奏だった、ギターリスト。

「劣化ウラン弾っていくらで買えますかァァァ?」

有難い事に会社勤めをしながらも平日も演奏活動を続けている。
先日、23日金曜の事だ。仕事を終え、上司を別れた後、僕は楽器を積み込んでおいた自家用車で岡崎へ向かった。
高速道路を使っても一時間と少しかかるようである。演奏開始時間が22時50分予定だったので下道でも時間的に余裕はありそうだけれども、土地勘のない場所へ向かうのにそんな事している場合じゃない、と思い直して高速道路を使ったルートをカーナビで選択した。

この日は岡崎にあるBAR煙-en-で開催されるイベント「パンチャスカンダ」に出演するコトナのアコースティック編成版=acotonaでベースギターを弾くのである。毎回思うけどこういう説明一文で言い切ろうとするからわかりづらいよね。
で、前回のacotonaと同じ編成かと思っていたらまさかの鍵盤のはるちゃんと僕とレモンさんの3人で。ギターと歌のヒデさんもいないの!って驚いたのだけれどもこれはきっと挑戦しろっていう流れなんだな、と楽しく演奏させて頂いた。
ドラム、或いはパーカッションがいない中での演奏って僕の記憶する限りあんまりなくて、いやそりゃあ劇伴の生演奏とかでそういうのはやった事があるけれども、元々はバンドセットでやっている曲をベースと鍵盤で演奏するっていうのは大変に有意義な挑戦だった。レモンさんにはしっかりと終着点が見えていたようで、そのアテンドで随分と方向性は定まったのであった。流石先輩。

さて、高速道路を使って岡崎へ到着。初めての場所なので少しだけ迷ったけれども、無事にBAR煙-en-に到着。
夜も結構遅い時間だっていうのに結構お客さんで賑わっていて、俺、人見知り発症。
全く陰気臭い奴だよな、と思いながらも場所の面白さに興奮する。静かに、一人で。
沢山のキャンドルライトで彩られたその場所はまるでゲームの世界の砦のようで、浮世離れした雰囲気さえ感じた。場所の印象が滅茶苦茶強いから滞在時間の割に(イベントが終わるのが深夜だったのでちょっと諸々サムシングで、お先に失礼させて頂いたのであった)ずっと忘れない事だろう。

演奏はレモンさんからお借りしたマーシャルのコンボアンプの上に腰かけて行った。
尻のすぐ下から音が出るっていうのも面白いもんだ。環境的に爆音で、というわけにもいかないだろうからちょっとした演出程度にディレイとリバーブとボリュームペダルだけ足元に置いて適時使用。夜の23時過ぎにアンビエントなベースギター演奏は弾きながら自分が夢の世界に誘われそうになった。
レモンさんは全く言葉の魔術師だと思う。ああいう人と一緒に演奏すると普段自分が何気なく行使している「言葉」を改めて再度見つめ直してしまうのだなあ。
またきっと、演奏する機会を頂けるのかなとも思うので楽しみにしていよう。

2018_03_25_002
演奏後に。
キャンドルライトとレモンさん。BAR煙-en-にて。

(まだ)秘密のレコーディングをしてきた。

2018_03_25_001
21日祝日は四日市ドレミファといろはにてレコーディング。
早めに到着するように調整して、昼食をいろはの裏にあるカリー河で食べた。使う素材にこだわった、とても美味いカレー。香辛料の影響か食べれば食べる程腹が減る、という新鮮な体験をした。大いに満足してレコーディングへ。
今回の録音はまだ秘密のお手伝いのレコーディングなのだが、ベースラインの構築や修正に関しても自宅にてフリーソフトとオーディオインターフェースを用いての録音を通じて行っており、何だか大変現代的だなあと思った。曲数は5曲と割と多かったのだけれどもベースラインに関しては提案した内容がすんなり採用して貰えたりで一安心。楽器抱えながらパソコンの前で「歌モノのベースラインとは...?歌を活かすベースとは...?サポートで僕が参加する意味とは...?」みたいにあらぬ方向に思索が飛び交い、それでも良い形にあらゆる点で帰着出来たので良かったのであろうと思う。弾いてる内容的には無自覚にそこに到達出来たとしても、考えた結果そこに至ったという時間は僕の財産である。有難い。

さて、録音前は素のライン信号とエフェクターやプリアンプを通したアンプの音を同時に録音してミックスしよう、といろはのゴウさんと話していたのだけれども試しに一曲録ったものを聴いてみて、何だかしっくりこなかったので急遽変更。
アンプに送る信号も素のまま送ってアンプ側でふくよかさと低音を足すようなイメージで音作りを進めた。結果的にこれが良かったのだと思う。というのもバキバキやゴリゴリしたアタックの部分は素の信号で十分確保されていたし、低域の質感やアンプっぽさというのは素の信号をいろは常設のHartkeのコンボアンプに通しただけでも十分に得られたからだ。エフェクト類を通さなかっただけ近道出来た感がある。サンズアンプの音はサンズっぽさは求めたものの、ver.2を導入してから「楽器そのものの音をアップグレードする」方向で音作りをしてきたせいかなくても違和感を感じなかった。いやそれでも大好きだから使う時は使うけれども。
ゴウさんもサンズアンプの低音の質感がミックスの際にちょっと苦手に感じる旨をおっしゃっておられたので(それでも「本当にええんか、使わんでええんか」と言って下さっていたけれども)これできっと作業もよりスムーズになるだろうと思われる。
アティチュード的にもいろはでゴウさんと録音するならこういう音で録りたい、という音で録音出来たので大変満足である。
あ、ピックもいつも使っているのではなく「指弾きの音になる」と謳われている特殊素材で両側が覆われているブ厚いピックを使った。アタックとふくよかさが得られて丁度良かった。
ゴウさんの演奏のジャッジは滅茶苦茶早くて何なら僕から「プレイバック聴かせて下さいよ!」とお願いしてニヤニヤしながらゴウさんが「ええよ」と返すような瞬間もあった。実際聴き返すと良い演奏だったのでこの人には敵わないなと再認識。

想像していたよりもスムーズに録音が終わって、呑みに行った。
夜の四日市を歩きながら「ここは良い店で、ライブも出来る」「ここも良い。ちなみにライブ出来る」というのを何度か聞いた。四日市はお酒と音楽が密接の結びついている!?

結婚して一年が経った。

結婚してまるっと一年が経った。
結婚、異動とこの一年は大きく環境が変わった一年だった。また、バンドを脱退したり加入したりと表現活動の部分でも色々と目まぐるしく変化した一年であった。それでもブッ倒れるでもなく今日までやってこれたのは毎日ともに生活している妻のお陰である部分が少なくない。僕ってばわりかし無茶苦茶な人間だと思うのだけれども文句一つ言わず毎日一緒にケラケラ笑ってくれる妻は良く出来た人だと思う。

折角の結婚記念日だったので披露宴でお世話になったよし川にて、お祝いの会食。お世話になって以降仲良くして下さってるプランナーさんともお話出来た。
食事も「何だこれ気が狂うぞ」ってくらい美味しい。一年に一度食べられれば幸運、と思える程美味しい。

2018_03_19_001
プランナーさんと記念撮影。
良い結婚記念日だった。

健康について改めて考える良い機会であった。

この時に痛いと書いていた背中だけれども実にこの一週間の間ずっと痛み続けた。しかもその間「右側が痛いからつい庇って無理な動きをしたからか左側も痛むようになる」「和らいだと思って調子に乗った結果また痛むようになる」と紆余曲折を経て、どうにか今日明日辺りには完全に痛みもなくなりそうなそんな気配だ。内臓からくる痛みなのでは、という心配さえもしたけれども、マッサージに行ったりすると楽になったのでやっぱり筋違えたりとかそういう奴だったのかな、と思っている。

あと背中が痛かったついで、ではなかったのだろうけれども喉も傷めた。
金曜夜が職場の関係のパーティーで、偉い人達とご一緒する場で薦められるままにコップを空にして注いで頂いていたらビールばっかりがぶがぶ飲んでしまい、嘔吐。帰りの電車の中も何度も意識を失って眠ってしまい降りる駅を乗り過ごす体たらく。仕事関係で飲み過ぎると大抵乗り過ごしてしまう。
で、家に帰った後も嘔吐。落ち着いた後に吐くとなると酔っ払っている最中に吐くより気分が悪い。で、翌朝起きると喉が痛くて倦怠感があって熱っぽい。これは風邪だという事で早めに叩いてやろうと花粉症で苦しんでいる妻と妻行きつけのクリニックへ。
幸い発熱もそんなにしておらず抗生物質を貰うにとどまったのだが、この抗生物質が効果てきめんで服用するようになってからすこぶる調子が良い。当初は自覚出来る程に腫れていた喉も今でもはあと少しで全快!と言えるまで回復したように思われる。
処方薬は本当に偉大だ。

どうしたって健康は大切だ。どうしたって。
明日は結婚記念日である。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム