最高かよ、BOSS BC-1X。

2017_02_21_001
先日のライブより新しく導入した新兵器、BOSS BC-1Xが最高過ぎる。

今まではBOSS CS-2を使っておりこれはこれでとても良いペダルなのだけれども、それでもやっぱり技術的な部分では30年前のものなんだなと(だからといって悪い、に直結はしないので。念のため)BC-1Xを試して再認識出来た。いや、それくらい凄いペダルなんだよね、BC-1X。
僕はコンプレッサーを使う時はわりかししっかりと圧縮した「威圧的な音」だったり「自分が何をやっているかわかりやすくする」ために使う事が多いのだけれども、そうするとオン時のレベルってどうしても大きめになる、というかガンガン弾いた時と同じくらいの音量にしがちで。そうすると気になるのはこれはもうコンプレッサーの宿命なのでしょう、一緒に持ち上がるノイズ。
ノイズもそのエフェクターの音の一部だったりするわけなのだから、と別に気にはしていないしそもそもノイズとか気にするならエフェクターなんて沢山繋いだりしないし、と思っていたのだけれども、パイプカツトマミヰズとか犬栓耳畜生とか5人編成での演奏の際は何かとベースアンプの近くに陣取る事が多く、そこでコンプレッサーをオンにすると途端に「ピイイイイイイイイイイ!!!」ってハウリングを起こしてしまう。僕の音がハイゲインかつコンプレッサーのセッティングが馬鹿みたいなのがいけないんだろうけどもさ、どうせならそういうの気にせずにガンガンコンプかけてオラオラな音を出したい、という思いが日増しに強くなり、我慢出来なかったのでパイプカツトマミヰズ先日のライブ前日に購入。
普段使ってるスタジオが軒並み埋まっていたもんだから、人生で初めて一人で車出して機材一式持ち出して、不慣れな町まで個人練習に赴くくらいにはジッとしてられないくらい興奮した。

で、CS-2と比較するとまず真っ先に気が付くのが原音からの音質変化ね。CS-2ってアンプとの相性にもよるんだけど時々音が妙にスカスカになる時があって、でもBC-1X、前評判通り非常に原音を活かしたペダル。あ、原音に忠実、ってわけでもない。微妙に変化するのだけれども、これが良い方向に変わるから笑ってしまう。音がリッチになる感覚、っていうと語弊があるけど、何かオイシイ音になるのである。
で、圧縮率をどんどんあげていってもノイズが持ち上がってこない=BC-1X由来のノイズが非常に少ない。皆無、ではないけれども従来機種と比べると圧倒的に少ない。これによって、ええ、パイプカツトマミヰズのライブ中、ほぼずっとかけっぱなしで弾いておりましたよアタシは。
こう書いていると「あ、上品なペダルなのかな?」って思われるかもしれないけれども、さにあらず。BC-1X、結構ガッツリ圧縮する事が出来てその音が大変威圧的。CS-2の派手なコンプレッションサウンドが「失うものがないヤクザ者みたいな怖さ」だとしたら(語弊はある、その、なんだ、すまない)BC-1Xは「地上に降り立った人外のナニカ」的な威圧感である。どちらも怖いけどね。いや、言い過ぎか。
兎に角、弾いてて滅茶苦茶気持ち良くなる。演奏中に自分の音に興奮して爆笑したライブなんて久しぶりだ。
どのバンドでも主用途は違えど、愛用すると思う。

パイプカツトマミヰズ、第9期始動。

書きたいエフェクターのご紹介(a.k.a自慢話)も幾つかあるけれどもそれよりも忘れないうちに昨夜のライブの話を。
昨夜はパイプカツトマミヰズにて新栄CLUB ROCK'N'ROLLでライブだった。ご来場頂いた沢山の(こうして書くってぇ事は普段よりも沢山ご来場頂いたってわけ)お客様、本当に有難うございました。
やっぱり楽しくてやってる、自分の人生をエキサイティングにするためにやってる、とは言えども多くの人に観て貰えた方が圧倒的に楽しい。そりゃあそうだ、俺達「うっひょーー、これ格好良い!」って思って曲作って練習して心血注いで、それを披露したくて演奏してるんだもの、「ね、格好良いでしょ」って言ってるようなもんだよねこれって。沢山の人の前で演奏出来て楽しかったです。

昨夜のライブからボランティアメンバーにこわいゆめちゃん(余談だけどこの人のブログは読み応えアリアリ)が鍵盤で参加してくれており、こうして我々パイプカツトマミヰズは吉田、駒田、舟橋、studio penne、こわいゆめの5人組となりバンドは第9期に突入した。第9期って。いやいやどれだけ編成変わるの、と思いつつそうでもしてでもバンドが続いている、続いていくのは嬉しい事だなあと思う。音源が出来て他にも裏でごにょごにょしているし、今年は去年より、来年は今年より活発に活動したいと思う所存である。個人的には結婚しても充実したバンド活動を送りたいと思っています、よ!

さてはて、ボランティア新参加のこわいゆめちゃん、犬栓耳畜生のメンバーなので何度も一緒に演奏しているのだけれども、即興演奏の要素が強い犬栓耳畜生ではなかなか見えなかった勤勉さという部分を大いに感じている、最近。
スタジオ入って練習して、で次のスタジオ練習には確実に良くなってるのである。音色もフレーズも演奏も堅実に、確実に良くなっている。音色は練られており曲を彩る、或いは曲の印象を決定付けるのに十分過ぎる程だしフレーズも当初こそ前任ボランティアメンバーの演奏をなぞるような風合いこそあれど、回数を重ねる毎にどんどん自身の中で腑に落ちていくというか、根付いていっている様子が感じられた。いやーこわいゆめちゃん、非常に真面目。しかも嬉しい真面目さだ。素晴らしい。
本人も楽しんでやってくれているようで、その様子がバンドにもたらしたポジティヴな要素というのは少なくない。
一つ、リードギターのstudio penne君はかつてなく鍵盤がしっかりと構築され始めているからか「音色的に自分の居場所がどんどん減っていく」と苦笑いしていたけれど。いやいやなかなかどうして、ライブ中の様子を見ていると彼もこの新しいボランティアメンバーとの演奏を大いに楽しんでいるのでは、と思える程エクスプロージョンしていた。

一方僕は、新編成も楽しかったし新しく導入した新兵器も相まってここ最近で一番興奮して演奏していた。
それでもPA井藤さんには「音量が昔の半分くらいになって大人になったなと思った」と褒めて貰えた。って昔はどれだけ大きな音出してたんだ、と思う。昨夜も僕的には十分大きな音出していたものな。

BEHRINGER TP300を入手。


今や完全に「安エフェクターの中でも最古参」感を確立したBEHRINGER。
そんなBEHRINGERのTP300を購入した。
ええ、こりゃあもうレイアウトこそ違えど完全にBOSS PN-2である。
流石は過去に訴えられた事もあるBEHRINGER、コントロール系統まで完全に一緒だぜ!

コピー元であるBOSS PN-2について少し。
PN-2 トレモロ/パンは後継機TR-2と比べても優秀な点が多いとされている。
パンがついてるっていう多機能な点もそうだけれども、LEDが常にRATEにあわせてフワフワ点滅するので視覚的にトレモロの揺れ方を把握しやすい。そしてこれは別にPN-2の利点ってわけではないのだけれども、TR-2ではオンにした瞬間に若干下がる音量(ちなみににせんうんねん以降のモデルでは内部にトリマーがついておりオン時のボリュームが調節出来るそうな、TR-2)がPN-2ではTR-2程ボリュームダウンが気にならない。いや一体何で新モデルの方が微妙に使いづらくなってるんだよ(繰り返しになるけれどもにせんうんねんモデルでは改善されているそうな)。
以上のような点から未だにPN-2を探し求める向きも少なくないと聞くが生憎、PN-2は絶版。

そこでBEHRINGERですよ。妙に値段が高騰しがちなPN-2、そのコピーモデルが数千円で買えるっていうのは大変魅力。
あ、でも今はもうこのTP300も生産完了みたい。僕は運良く中古に出会えた。

歪ませるなりコンプかけて圧縮なりした音の後にこれを上から二つ目のモードでDEPTHマックスでかけると「 ガッ ガッ ガッ 」っていって大変面白い音がする。勿論歪ませたりしなくても同じような効果は得られるんだけど「ブゥ ゥ ゥ ゥ ゥ ン」ってちょっと地味なのである。どうせかけるなら面白おかしくかけたい。
勿論普通のトレモロとしても使える。パンニング機能?ベーシストである僕からすればあまり使わない機能ではある。もしステレオ出力が可能な現場があったらリバーブと合わせて使ってみたい機能ではある。

BEHRINGERの筐体って確かにプラスチックでちゃっちいけれど、それでも今のところ壊れた事はない。バキッと割れた、とかたまに聞くけれど皆そんな勢い良く踏んでるのだろうか...。

オレンヂスタ『いかものぐるい』で演奏してきた。

2017_02_14_001
はい、というわけでオレンヂスタ第7回公演『いかものぐるい』、全5ステージ無事に終演致しました。
ご来場頂いた皆様、関係者各位、有難うございました。

参加出来て、本当に良かった。良い経験をしたし良いご縁を一杯頂いた。
僕自身、今後の演奏に繋がる実感、明言し難いけれども、今後の演奏に繋がっていくであろう実感を得た気がしている。普段鳴らしている現場とは違った環境、そして違った取り扱われ方をした事により今まで以上に自分の出す音に客観的に立ち向かわざるを得なかった(それって同時にどんどん主観的な部分も見つめていく事だと思うのだけれども)のだけれども、音そのものがどのような作用をもたらすのかであるとか自分の音というものの質感であるとか、まあそういう事を考えた。
また音楽という枠からもう少し大きく表現物を捉えた際に、目の前の事象にどのように音で作用していくのか、そしてそれがどのような角度からなのかとか、そういう感覚を意識せざるを得ないシチュエーションだったので、いやこれが大変面白かった。
全部生演奏だったわけではなく、事前に作曲家さんによって録音された曲もある中でバンドアンサンブルが生音でそこに介在したり、或いはガツンと生演奏。「生演奏とは」みたいな部分は演奏陣でも何となく話し合ったし、それぞれが面白味を元手にした情熱を持って演奏に取り組んだと思う。
録音と生演奏が同じ作品中に存在する事で作品の音響も立体的になっていたようで大変嬉しい。作・演出のニノキノコスターさんには録音作品と生演奏の取り扱いについて明確な意思があるのは明らかで、千秋楽の翌日にその辺りの事を教えてくれたのだけれども(本番前に聞かなかったのか、って?いやいや、僕達みたいなのはただただ「よしやっておいでや」「アイサー!」つってガツンと打ち鳴らしてくれば良いのである。意味とか意思はその前に込めて貰っているので)いや、やはり面白い人が考える事はべらぼうに面白い。面白い人に声をかけて貰って演奏出来てこんなに嬉しい事はない。

劇中バンド『悪食プリン』も良いバンドになった。
都合5ステージで計5回「ライブ」をしたわけだけれども、どの回も二度と同じ演奏はなく毎回新鮮な気持ちで演奏が出来た。
ボーカルであるモケコを演じられた大野ナツコさんは私生活でもバンドを愛する俳優さんで、それと関係あるのかないのかわからないけれどちゃんとバンドのヴァイヴス感じながらやって下さっており、演奏ポジションの高低差こそ結構あれども(僕らは二階で大野さんは舞台上)きっちりライブの熱量を共有しながら演奏出来た。いやー大野さん素晴らしいですよ。今まで一方的に出演作品を拝見したりしていて勝手に怖い人だと思っていたので下手な演奏したら殴られるんじゃないかと若干怯えておりましたが(笑)。

芝居は勿論、落語に身体表現にオブジェクトパフォーマンスにアイドルにバンドに。
『いかものぐるい』はオレンヂスタが、そしてニノキノコスターさんが取り組んできた様々な表現を一気にぶち込んだ意欲作なわけでそういう時にバンドマンとしてお声がけ頂いて、演奏陣の人選も任せて頂いて一緒にあーでもない、こーでもないとやるのはもう本当に楽しさしかなかった。
姐さんの情熱にちったぁ報いる事が出来たんじゃないかと、勝手に思っている。
また、今回の座組では沢山の得難い出会いがあった。お会いするのは今回限りじゃないんだろうなあ、と嬉しい予感がある。

結局、借りを返そうと腕まくりして出張った結果、もっと借りを作って返ってきてしまったのである。幸せな事だ。

小屋入りなう。

2017_02_09_001
オレンヂスタ第7回本公演『いかものぐるい』に出演/演奏する関係で千種文化小劇場に小屋入りしている。
昨夜から小屋入りしているのだけれども、この時以来の千種文化小劇場での演奏に大変ウキウキしている。しかも今回はバンドセットで、だ。独奏も楽しいけれど人との演奏、アンサンブルはエラーも多い分、楽しい。予想外な事が起きれば良い、と思う。

前回の演奏(孤独部『大学生』での演奏)の反省を活かして今回は可能な限りBOSSのラインセレクターでエフェクトを一括管理。これでスイッチのON/OFF音を可能な限り減らす事が出来る。今回はそんなに神経質にならなくても大丈夫そうだけれども。
あとトラブル対処にもなるので一石二鳥。

今日も夕方から小屋入り、バンドサウンドの音作りを行うので決められた時間で良い感じに出来れば、と思う。

EarthQuakerDevices Afterneathを買った。

2017_02_05_001
少し前にEarthQuakerDevicesのエフェクターを手に入れた。
高品質かつブッ飛んだ音を(も)出せるという事でエフェクター愛好家の間では勿論、僕がよく閲覧しているこのサイトでも推されているブランドである。日本では中尾憲太郎さんも最近ここと契約されたのか、よくここのものを使われているようで痒いところにも手が届くと絶賛されている模様(歪み気になる)。
日本の楽器店でもこのエフェクターブランドのイベントが行われたり、うん、気になるよね。
というわけで僕、このブランドに興味津々、かつ気の利いたリバーブを探していたところに以下の動画を観てしまって完全に心奪われてしまった。


いや最高かよ。
というわけで中古のブツを探して購入、数日後に輸送されて手元に届いた。
「異次元のリバーブ」を掲げて作られたAfterneath、ショーとディレイとリバーブの複合機でディレイ寄りかリバーブ寄りかをDragコントロールで調節して、という独特なコントロールや同メーカー基本の設計なのかな、ドライシグナルは完全に維持されたままそこにエフェクトを足していく感覚での音作りも含めて大変面白いペダルだった。
だった、と何故過去形で書いているかというと既にもう手放してしまったから。ペダルのせいではない、僕の好みの問題。

Afterneathはショーとディレイとリバーブの複合機でdragコントロールを完全にリバーブ側にしてもディレイはかかる。で、感覚的には「ディレイサウンドにリバーブがかかる」のでベースギターをガンッと弾くと僅かな間隔の後、「異次元にて放射状に広がった」美しいリバーブサウンドを伴ったディレイシグナルが返ってくる。あ、ちなみに何が凄いって完全に入力信号にエフェクトのかかり方も追従してるよ。強く弾くと残響も凄いし弱く弾くとちゃんとメロウにかかって返ってくる。変わった音ではあるけれどもそういうところをブッ飛んだままにしてないのがちゃんと美しい音を出して欲しいっていうブランド側のこだわりが見えるようでこれは凄いと思った。
で、話は戻るけれどもその「僅かな間隔の後」というのが僕のその時求めているものとは違ってしまっていて。コントロールを弄繰り回してしばらくは悪戦苦闘し、スタジオにも持ち込んで検証していたのだけれどもその時演奏で使いたいリバーブサウンドではなく。
最も身近な同好の士studio penne君に譲ってしまった。彼の方が僕より巧みに使うだろうから。また、彼の方が同ブランドへの愛着も深い(リンク先のブログでは同ブランドのレインボーマシーンについてレビューも書いている)しね。僕はその代わりに彼から得たお金で「やっぱりお前か、お前なのか」と「気配りの効いた」リバーブペダルを手に入れたのだった。それについてはまた後日。

いやあエフェクターって面白いなあ。

鶏の照り焼き丼

先日ここに書いたけれど3月に結婚する。
昨年末に実家を出て、市内某所にて只今現在『同居人』であるところの婚約者と共同生活を営んでいるわけなのだが、実家にいた頃は恥ずかしながら母親がやってくれていた家事を当たり前の事なのだが同居人と分担して行わねばならず、実際未経験の事が多過ぎて不安である事は否めなかったのだけれども持ち前のポジティヴさで「まあ、やってみりゃあどうにかなるだろう」と開き直ってろくに修行も勉強もしないまま共同生活になだれ込んだ今現在、いやあ家事って楽しいねえ!
有難い事に30歳過ぎてアイロン一つもろくにかけた事のなかった超がつく程の低能の僕に同居人a.k.a婚約者は大変優しく根気よく丁寧に、かつわかりやすくこちらの興味をそそるような口調で家事の仕方を仕込んでくれ、僕は僕でワークショップを愉しむような感覚で家事のやり方を少しずつ、本当に少しずつだけれども学んでいき、今は褒められるのが嬉しいのと「夜にお酒を飲む前に洗い場が洗い物で一杯だと気持ちが悪い」と感じる、そういった性分のお陰で家事を半分くらいはやっている次第である。
何故だ、今日は一息で長文を書いてしまう、これじゃあ読みづらくてしょうがないじゃあないか。
というわけで家事って楽しいね!というか、尊いね。自分で飯を作って食べる、そして汚れ物が出たら洗う。乾かして元あった場所にしまう。次に使う時はまたそこから出す。そういった飲食にまつわる一連の作業だけでも随分と興味深い。作業効率や管理能力は勿論、目的を達する根気強さと継続する忍耐も必要だ。けれども飯はこれらをキチンと行った上で食らった方が何倍も旨い。自給自足、というとお門違いの物言いだけれども、「こっちの肉の方がこっちより安い」とか一パックのグラム数の差異を見比べて食費を気にしながら肉を購入し調理し、食べる。この手に入れて調理して胃袋に入れる、までを自分達で行う事の尊さというのは家事を全くしてこなかった僕からするととても尊い事のように思える。
実家にいた頃は本当に俺は無能だった。何もしなかったな。この快感を知ってしまった以上あのようなお気楽さはもう持てない。この規律と衝動が同居する家事という行為、これって創作と似ている部分があるもんだから尚更興味深いじゃあないか云々。

前置きが異常に長くなったけれども、要するに最近料理をまたやっている。
晩御飯のルール、というかこれは暗黙の了解だが、先に帰宅した方が晩御飯の調理担当。特に作りたいものがある場合は事前に申告して調理担当に就く事になる。
先日、朝方に同居人が仕込み僕が夜に仕上げた鶏の照り焼き丼が旨かったのでメモメモ。


『鶏の照り焼き丼』
1.鶏モモ肉をめんつゆ大さじ4杯、みりん大さじ3杯、砂糖大さじ2杯、醤油小さじ1杯、すりおろし生姜少々を混ぜたものに付け込んで(ジップロックを使うと便利で良い)数時間置く。朝つけておいて夜調理すると具合が良かった。
2.鶏肉を皮の方から焼く。
3.途中でフライパンから取り上げて程良い大きさに切る。
4.再び焼く。タレをすくってはかけ、すくってはかけを繰り返しつつ。
5.水菜を切って丼に持った白米の上に敷く。
6.焼いた鶏肉を載せる。マヨネーズをかける。


2017_02_02_001
まずくなる方が難しいだろ、って料理。
いやー旨かった!水菜が効いてる。
それにしてもこのカテゴリーを更新するのも6年ぶり、か。

舟橋孝裕からお知らせです。

2017_01_29_001
私、舟橋孝裕は2017年3月19日、城山友香さんと結婚する事となりました。
何かと至らないところもあるかと思いますが、これからは二人で支え合って新しい生活を築いていこうと思っております。
こちらをご覧頂いている皆様、今後もご愛顧の程、宜しくお願い致します。

2017_01_29_002
相手の方は自身も役者として別の名義で活動されてらっしゃるので、僕のバンド活動には理解を頂いております(こう書くと簡単だけれども、実際のところ相当理解を示してくれていると思う)。これからもバンド活動はバキバキと続けていこうと思っております。
より一層精進、より一層楽しく。

2017_01_29_003
二次会を結婚式同日3月19日、二人の思い出の場所である吹上 鑪ら場にて行います。
17時開会、21時閉会。1000円でワンドリンク付き、誰でも気軽にご入場頂けるパーティーです。ドレスコード等も一切ありませんので一杯ひっかける感覚でご来場頂けたら幸いです。

小学生の頃からさんざん「うちのカミさん」に憧れてきたけれども、遂に僕にも「うちのカミさん」が出来るんだなあと思うと大変に感慨深いです。
ずっと良い友達、そんな感じの夫婦でいたいなと思う。

電波に僕の声がのるって変な感じ。

2017_01_27_001
ご縁あってFMラジオの収録に参加してきた。
有難い事にラジオ番組に出演する事はこれまで何度かあったけれどもそのいずれもがバンドマンとしてであり、そういった意味では今回のお呼ばれの仕方というのは結構なレアケース。
ライブハウスでの演劇公演運営という立場での格好良く言えばゲスト出演だったのだけれども、いやはや、うまく話せたかどうか。ほぼノーカットで電波にのるそうなんだけれども、怖い怖い。

画像は研究中の僕のデスク。
空間系の研究はそれでもやっぱり、スタジオで大きな音出しながらやりたいね。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム