どうやったってライブは楽しい。それ+美しければ完璧である。

2017_04_10_002
パイプカツトマミヰズ、珍しいツインキーボード編成でライブ前に一枚。
ヨシダユキ先生が撮ってくれた。何ていうか、それぞれの性格が出ていて良い写真だと思った。

昨夜は名古屋は中区、新栄CLUB ROCK'N'ROLLにてパイプカツトマミヰズのライブだった。
共演はCookie Romance Nonsugar URBANフェチワッペリン
URBANフェチ、名古屋来るの5年ぶりって言っていたけれど調べてみたら4年ぶりだった。ライブは観たよな、だけど何でご一緒したんだっけかと思ったらワッペリンで、だった。面白いご縁。
何だか以前よりもバッキバキでガッシャンガッシャンしたバンドになったような印象があって、そこが大変格好良かった。
次は4年も間隔が空かないよう祈っています(笑)。

この日の自分達の演奏、リハーサルの時から中音(ステージ上で鳴っている音)がとんでもなく大きくて。鍵盤もギターもベースギターも全部アンプで鳴らしているからなんだけれども、そうやって各々の音量を各々が自由に可変出来るようにすると誰か一人が大きくすると皆それを追いかけてどんどん大きくする。しかもこれってイタチゴッコで同じだけ大きくする事なんて絶対になければそれぞれ自分の好みのバランスってあるはずから、気がつけば中音はどんどんどんどん大きくなってとんでもな音量になっていたりする。面白いから嫌いじゃあないんだけれども、この日はそこからどんどんと削っていく音作りをバンドで試みた。きっとそれでも中音大きいんだろうなと僕は腹を括って片耳にイヤホンを突っ込んだ。
特に低音楽器を聴きとりたい時はこの方法は有効である。耳栓をした瞬間から自分のベースギターが爆音で聴こえるようになった。大変快適である。
演奏に関しちゃ大変ますらおぶりな演奏をした実感がある。もっと練習しないとね!

あとワッペリンが物凄く格好良くなっていた。ビビった。

「当店は焼肉屋です。『みそ焼きうどん』というメニューはありません」

2017_04_10_001
土曜はかねてから行ってみたかった三重の亀八食堂へ。
詳しい紹介はインターネット上に散らばっている情報に任せるとして、いや、ようやく行けた亀八食堂、感動さえあった。
ビールにも白米にも合う焼肉は勿論だけれども、その異常にしょっぱい(けれども旨い)漬物が素晴らしかった。一齧りしたらご飯をガンガンいきたくなるあの茄子の浅漬けこそ漬物の最高峰の一つであろう。

帰ってきてそのまま妻と梶藤君と『ハウルの動く城』を観る。
最初こそ鼻についたキムタクの演技だったけれども、15分もすれば違和感もなくなる。むしろ自然じゃん、とさえ思わされるのだから凄い。何が凄いって『風立ちぬ』の庵野さんの演技でも同じ感覚を抱いた事だ。宮崎監督、というかスタジオジブリは声優に無理させないアニメーション会社だな、と妙に感動した。
あと一定以上の満足感があるから良い。

最近の私。

新しい職場へ行くようになってから3日間が経った。
全く新しい職場、全く新しい人間関係、全く新しい仕事、どれもが新鮮で毎日時間の進み方がそれまでの三倍くらいに感じている。あっという間に一日が終わるし「疲れたナァ」とぼやく暇さえない。兎に角仕事について頭と体に馴染ませるのに必死だ。33歳の新入社員は兎にも角にも真面目に、言われた事を的確かつ迅速に出来るように尽力するばかりである。有難い事に上司や先輩達は僕を育てようと力を注いで下さる。時折出る厳しい言葉も先々を見据えての事だろうとその瞬間にわかるくらい明瞭だ。
期待に応えたい、と過去の職場でも思って働いてきたけれども、今回も良いご縁に恵まれたと思う。仕事を覚えて戦力になる事が一番わかりやすい恩返しであるので頑張りたいと思う。
いや、しかし三日目だけどわからない事がわからない、くらいに仕事が出来ない。何かを積み重ねているという実感だけはあるのだが。


近所の川沿い、桜並木がありシーズン中はライトアップされる。昨夜がその最後の夜だという事で妻a.k.aうちのカミさんと一緒に散歩に出掛けた。
仕事をしつつ音楽をやれて私生活も大切に出来る今の環境は有難い事なんだろうな、とブラブラしながらふと思った。
何かをやるために何かを諦めるという事は性分的に出来ない、というか極々自然な流れで「そうしたい」と思わなければ出来ない性質である。今のところ、自分の人生で何かをやるためにそれまでの何かを諦めた事なんてただの一度もない、と思う。もしそんな事があったらきっと僕みたいなのはこういう事を書いている時に真っ先に頭に思い浮かべるくらいきは執念深いからだ。イッヒッヒ。


熱心に薦められた結果、PS4ゲームを買ってヨシダヒズム君と明け方オンラインでマルチプレイをした。ヨシダ君の職場の友人達も一緒だ。
「舟橋に強い武器をとらせてやろうぜ」と持てる知識とテクニック(そして初心者への底知れない優しさ)を元手に協力してくれた。
「悪い、おちます」と同僚氏達が次々とログアウトしていく中、最終的には何故か早朝5時半にヨシダ君の運転するヘリに乗っていた。
ゲームの中では夜。満天の夜空の下、ヨシダ君が操縦桿を握り僕が乗るヘリは静かなローター音を響かせながら飛行する。

『俺さぁ』

コントローラー経由でヘッドセットをしたヨシダ君が話しかけてくる。

『こういうの、夢だったんだ。バンドメンバーとゲームをするの』

眠気が凄かったのと、彼が感じているであろう明け方のエモーショナルさ、そして自分の中にも確かに存在するその夜明け前の喜びを感じてしまった僕は咄嗟に言葉さえ出なかった。
「へへへ」と乾いた笑いで返した。

新年度を迎えた。

今、鞄に必要なものを入れたのを確認し、弁当箱にご飯とおかずを詰め終えたところだ。
明日から出勤する場所には今まであった所と違って社員食堂がない。近所の飲食店まで少し距離があるという事と、先輩曰くお弁当を持ってくる人がほとんどだという事だから『郷にいては郷に従え』という言葉通り先達の過ごし方に倣って昼の時間を過ごそうとお弁当生活を決意した次第である。
そう、実はこの4月から転勤する事になった。転勤、とは言っても僕が就職した会社はエリア外への大幅な異動はないので自宅から通える別の支社への転勤という事になる。規模も仕事内容も随分と変わりそうだ。不安半分、ワクワク半分といったところだ。いや嘘をついた不安が7割というところだけれども一生懸命頑張ろうと思っている。僕みたいなヤクザものを雇ってくれたんだものな。
いやー、頑張る!
それにしても。今までいたところで過ごす最後の数時間は全部がキラキラして見えた。思い出が一気に蘇る。常連さん達と挨拶をしたり、この一週間はお別れモードではあったのだけれどもそれでもやっぱり最後の一日というのは特別だ。良い出会い、良い上司、良い同僚に恵まれたと思う。ここがあったから今後の僕があるんだという事は忘れてはいけないなと思った。
有難うございました、クソお世話になりました。

この週末はその準備やら花見やらで忙しく過ごした。
仲間達が鶴舞公園で花見をするというのでディレイ気味だったけれども参加したのである。桜はまだ満開!というわけではないけれども随分と賑わっていた。出店も出ていた。鶴舞公園駅前のコンビニで売っているお茶割を買い占めて意気揚々と参戦した。本当にくだらない話を楽しくしたり、音楽の話をチラッとしたりしなかったり、ご機嫌に過ごした。

実に実に久しぶりに自転車を買った。
通勤用である。自宅から自転車で最寄り駅まで移動→地下鉄移動→職場の最寄り駅から自転車で移動、という通勤ルードを辿る事になる。
とりあえず乗れれば良い、と大型ショッピングモールに入っている自転車屋さんで一番安価なモデルを購入した。派手なオレンジ色だ。「使えれば、とりあえず」というところとSF300に色が似ているので『ベリンガー号』と名付けた。
もう、春である。

33歳になりました。

最近こういう内容ばっかな気もするけれども、33歳になった。

32歳は変化の年だったといえるだろう。
仕事は正社員登用が決まり、初めて実家を出、バンドにも新しく加入し、そして何より結婚をした。人生の転機を一息に迎えた気分である。有難い事に良い変化ばかりで、しかもその変化がどれも今後僕の人生に実りをもたらしてくれそうなものばかりなわけだが、一方変わらずにいてくれて良かったものもあった。家族は変わらず健康だし、友人関係も良好、誕生日を迎えてすぐに「フナハシハピバ」とシンプルではあるがお祝いのLINEをくれるようなバンドメンバーとのバンド活動も演奏の顔ぶれこそ入れ替わりはあるけれど継続している。僕がファッキンお気楽野郎なだけかもしれないけれども、そうさね、15年くらい前に思い描いていた「まともな大人」に好き勝手やりながら無理なく生きた結果辿り着いたような、そんな気分である。いやこういう書き方するととんでもないヤクザ者だな僕ぁ。
結局、私生活でも仕事でも良縁に恵まれているだけなんじゃないか、という気もするけれど。
これからは(も。より一層)一人の人間として自覚を持って、しっかりと生きていきたいと思う。
さて、変化といえば演奏フォームについて変化を含めて再考する機会があったのでその事について少し。

ベースギターを立奏する際、どの程度の高さにベースギター本体を構えるかというのは見た目もさる事ながら演奏性に大きな影響を及ぼす要因である。右手、左手のバランス感覚が顕著に変わってくるのだ。
例えばピック弾きをガンガンやるのであれば(勿論人によっては、であるが)「右手はある程度伸びていないとキツい」という観点からベースは下げ目、具体的には腰より下の位置に来る事になる。だけれどもそうなってくると左手のフィンガリングはどうしてもネックを握りこむスタイルになりがちで、左手のフィンガリングに意識を向けるとなるとベース本体は高めに構えた方がどうしたって左手の運指には負担が少なくなる。
個々のプイレイヤーはそれぞれのバランス感覚で(見た目も交えて考える奏者もいるだろう、そりゃあそうだ、人前で演奏するんだから見た目はダサいより格好良い方が良いに決まっている)楽器の高さを設定しているわけで、僕も自分の演奏スタイルにあった高さで楽器を構えていたのだが。

結婚直後の事だ。どうも左手の結婚指輪がフレットにひっかかる気がする。僕はピック弾きがメインだった時の名残でベースギターをわりかし下げ目、腰くらいの位置で構えるようになっているのだけれども、無意識のうちに出来上がっていたネックを握りこむスタイルだと左手薬指の結婚指輪が演奏上どうにも気になってしまうのだった。
こりゃあ困ったぞ、と考え込む事しばし。
けれどもまあ、これは良い機会だと思い直した。自分の演奏スタイルを見直す機会としよう、という事で楽器の高さを再考する事にした。
握りこむスタイルではなくちゃんと指を立てて運指を行うとなるとベース本体は相応の高さで構えた方が良いな、と腹の上で構えるようにしてみる。ツラツラと弾いているとその前よりも圧倒的に結婚指輪は演奏中気にならない。運指もしやすいし、この楽器と自分の体が一体になっている感覚というのは愉快なものがある。
数日間その状態で弾き込んでみる。ますます具合が良い。結婚指輪はもうほとんど気にならない存在になっていた。自分の演奏スタイルが音楽以外の要因から影響を受けて変化するのは健全でないように思えるかもしれないけれども、演奏家の人生それ自体が音を作り上げる事を考えれば、今回のそれもどのように作用するかはわかったものではない。変化は積極的にしていくべきだというのは自分の感覚の中でもしっくりくる方向性である。人生の転機と、演奏スタイルの変化が良い具合に結実している気がして妙に嬉しかった。

数日後、試しに元の高さ=低めの状態で弾いてみて愕然とした。

   違   和   感   な   ん   て   も   う   全   然   な   い   。

嗚呼、何て事だ。結局慣れだったんだ...指輪をつけた状態での演奏に慣れる事が大切で、楽器の構える高さなんていうのは少なくとも一番大きな要因ではなかったようである。指をある程度立てて演奏する事に慣れた、というかそれが普通になりつつある今、今までのスタイルから変える事なく変化を迎えようとしている。
うん、まあ、折角の機会だったのに結局それかよ、という思いはある。でもスタジオで高めで弾いたら何だかしっくりこなくて結局元に戻してしまったくらいなのだ。やっぱり時間をかけて出来上がったスタイルというものにはそれなりの説得力があるようである。少なくとも当事者には、と注釈をつけねばならないが。

結婚しました。

2017_03_25_001
というわけで2017年3月19日、ワタクシ舟橋孝裕は城山友香さんと結婚致しました。
約2年の交際期間を経ての結婚、入籍となりました。今後は夫婦として歩んでいける喜びで胸が一杯であると同時に、夫としての責任に身が引き締まる思いです。

結婚式、披露宴は親類と極々親しい友人達を招いて行いました。
城山八幡宮での神前式は「城山さんと結婚するだけに城山八幡宮で!」という半分くらいはダジャレみたいな理由で決まったものでしたがとても素晴らしい体験でした。お神酒を飲み過ぎたり式の最中に僕の多動傾向が炸裂したりと、まあ、なんだ、緊張感がないと言ってしまえばそうなのですが和やかな雰囲気の中進んでいきました。

よし川での披露宴はご尽力頂いたプランナーさんをはじめ、多くのプロフェッショナルの皆さんのお陰で僕達夫婦は特に何をするでもなく、ただただ「これを決めてきてくださいね」と言われた事だけを毎回打ち合わせの度に決めていっただけにも関わらず物凄く良いものになりました。参加して下さった方とゆっくり過ごす事が出来ました。いやしかし、友人スピーチでアッという間に泣いてしまったのは想定外。

その後、バタバタと区役所へ駆け込んで(婚姻届は休日でも出せるんですね)婚姻届を提出、入籍しました。

間髪入れずに吹上鑪ら場へと移動、二次会へとなだれ込んだわけですが。
いや、大変多くの方に来て頂けました。数日前まで「一体どれだけの人が来てくれるのだろうか」とちょっと不安だったのだけど。僕の友人も妻の友人も「えっ!滅茶苦茶お久しぶりじゃないですか!」という方も含めて沢山の方がお祝いの言葉を言いに駆け付けて下さって。本当に嬉しかったです。
また余興も僕達夫婦の共通の友人をはじめ、多くの分野の様々な方が色々な余興を披露して下さってとても嬉しかった。妻が僕に内緒で友人達とスタジオに入って練習を重ね、一曲披露してくれた。サプライズはこちらから仕掛ける気は満々だったけれどまさか仕掛けられるだなんて思っていなかったので本当に驚いた。
交際を始めた当初に「二次会で関白宣言を歌ってくれる人と結婚したい」と言っていたので友人達の協力の元、やらせて頂きました。あまり人前で歌を歌うのは好きではないのだけど、程良く酔っ払っていたのが良かったのか音程とか気にせずブワッと歌う事が出来た。妻も喜んでくれた。
二次会に関しては梶藤君(26時)と吹上鑪ら場のお二人、総合司会の吉田ヒズム君に任せっきりにしてしまっていたので本当に感謝しかないです、有難う!

結婚してまだ少ししか時間が経っていないけれど、つくづくして良かったなと思う。想像していたよりもずっと楽しかったよ結婚式!
人生で一番素晴らしい日、とかって言われるのも納得。多くの人に感謝しかありません。
このブログも書き始めて10年が経とうとしていますがこういう人生の大きな節目を記録する事が出来て嬉しいです。またエフェクターがどうの、とかバンド活動がどうの、とかこういうラーメン食ったよ、とかそういう日記ばかりになる気もしますが、引き続き現実世界でもオンライン上でも舟橋を宜しくお願い致します。

2017_03_25_002
この人の事を今後「妻」と呼称するか「うちのカミさん」と憧れのワードを使って登場させるか迷っている。

舟橋の結婚前夜。

式場への前日搬入、二次会会場への搬入、忘れ物がないかチェック等を終えた。
勿論、実家への挨拶も。独身時代最後の夜に例え僅かな時間でもテーブルを囲む事が出来て良かったと思う。
相手は実家へ帰った。
最初は新居から一緒に式場入りする予定だったが「実家から式場入りしないと実家にすぐ帰ってくる、というから」と実家で夜を過ごす事に。
それが良い、と思う。いやなんとなく、でしかないんだけど。独身最後の夜っていうのは一度きりだし、相手は苗字も変わるわけだから。
今日は早く寝ようと思う。
いよいよ明日、結婚します。

「俺、あれやってみたいんだよね、独身最後の夜に友達大人数で集まって酒滅茶苦茶飲む奴」

婚約者は寝室で寝静まっている。
僕はリビングで無印良品の通称『人を駄目にするソファ』にだらしなく尻を沈めてこれを書いている。
そろそろ缶酒でも開けようかという心持ちだ。

それなりに慌ただしい日々を送っている。結婚が目前だから、というそれだけの理由ではない。夜な夜なバンドの練習に出たり、バンドの撮影でカメラを前に太ってパンパンの顔を晒したりしている。糖質制限は失敗した。4日経った頃だろうか、自分が異常にピリピリしている事に気がついた。なんて事ぁない事に対しても過剰に怒りを示してしまう。原因はダイエットしか思いつかなかった。神経質に糖質を制限するのは僕には出来ないんだなぁ、と潔く負けを認める事にした。ちなみに今は缶酒しか口に運んでいない。酔いがまわる前に書きたい事は書いてしまおう。

バンドはそれぞれ動いている。
僕と一緒に演奏するメンバーは皆それぞれ相応に年齢に伴う責任を意識する年代に差し掛かっているが、その中でも最大限健全に演奏活動を重ねている方なのだろう。きっと。

ダイエットは中断した。
何故かって?気付かないうちに物凄くイラつくようになっていたしそれに気付いていないのが僕だけ、みたいな状況になったからさ!

そうだ、あと春からの職場が決まった。
転勤の内示は思ったよりも早く出た。今現在と比べると随分と遠くなるけれども、それでも県をまたぐような転勤はないので安心である。

PS4を買った。
幾分か前から『バイオハザード4』がやりたいと思っていたのだけれども遂に気持ちが爆発した。買ったその夜は職場の送別会だったのだけれども、泥酔してタクシーで帰ったにも関わらず夜中に起きだしてPS4をセットアップして明け方まで『バイオハザード7』やり狂った。
そんなに長いゲームでもないけれども、僅か3日でクリアしてしまった。素晴らしいゲームだった。ゲームでこんなに感動したのは初めてかもしれない、というくらいに堪能した自信がある。
シリーズの流れを一旦切って「恐怖」へ原点回帰したという本作、確かにこれまで遊んできたバイオハザードシリーズとは明確に違った。僕はシリーズ作品ではナンバリングされたものに限って言えば5と6以外は通り一遍やったけれども(5と6はホラ、PS2止まりの僕では遊べなかったんだね)、うん、一番近い感覚は中学生の頃にビクビクしながら遊んだ一作目を思い出した。薄暗い洋館の中をソロソロと進みながら化け物と遭遇して弾薬が尽きていく絶望感、適度に謎解き要素があり飽きさせないリズム感、その辺りは7は1をアップグレードした感があった。それにしてもPS4未体験でいきなりバイオハザード7を遊んだ際の衝撃は凄かった。絵が綺麗過ぎる。もう実写の中で動いてるの?と思ってしまったよ。技術って凄えな。
また、当初は心霊現象やサイコホラーやホラー映画然としたシーンや演出が沢山あってバイオホラー感は薄いものの、シナリオが進むに従って「あ、こりゃバイオハザードだ」と思わせる手腕は流石。エンディングまで観終えてから振り返ると改めて序盤から練られて作られている事が分かる。
兎に角、最高なゲームだった。

2017_03_17_001
クリック練習を毎晩深夜のリビングで5分ずつ程度行った結果、キチンと練習の成果が出て「やはり練習は大事なんだな」と痛感した。当たり前の事なんだけどね。

南極探検 ドラえもん!

2017_03_09_001
「僕ってつくづくソシャゲに向いてない」とか言いながらなんだかんだモンスターストライクは飽きずにやっている。
半年後にも今と同じモチベーションでやっているかは疑問だけれど。自他ともに認める飽き性だもんだから、長い間続いている事といったらバンド活動とこのブログくらいだ。どちらも同じくらい長くやっているし、どちらも末永く続けていこうと思っている。

「移ろう心さえ富裕層の愉しみとされてしまうため自我と認識され得るものをプログラミングされたセクサロイドが、大抵はスラム街に流れ着く同機種を哀れんだマダムによって買い与えられたマンションの一室でかつての日々を思い出しながら製造45年後にプログラミングに一時的にエラーを起こすという彼らからすればドラッグのようなものを摂取しながらかつての日々を思い返す」というSF小説みたいなものを思いついたので遠くないうちに書こうと思う。思った。

『今年観るべきライブ三選~その1』

2017_03_06_001

鈴木実貴子ズと白線の内側共同企画『今年観るべきライブ三選~その1~』、ご来場頂いた皆様のお陰で大盛況(ソールドアウト!)の中、終演しました。有難うございました。

鈴木実貴子ズと白線の内側で何か一緒に出来ないだろうか、という話が出たのは僕のスマートホンに残っている高橋君(鈴木実貴子ズ)とのメールの履歴によると去年の9月。振り返ると構想半年の話だったわけだ。
こう書くと色々と準備してきた、と思われるかもしれないけど実際のところは、スミマセン、ほとんど高橋君がやってくれたのよ。僕がやったのは企画名の案出しだけだってんだからいや本当、高橋君に実貴子さん、有難う。

こういう経緯とかって伏せておいた方が良い部分用もあるかなとも思うんだけどぶっちゃけたところを書いてしまうね。
高橋君から最初「田渕さんが来てくれますよ」と言われた時は一瞬なんの事かわからなかった。念のため45秒後くらいに「あの、田渕さんって...?」と訊くと「田渕ひさ子さんですよ」と高橋君からいつも通りのあのトーンで言われ、舟橋愕然とした。田渕ひさ子さんとスリーマンになるだなんて!
学生時代にNUMBER GIRLのコピーバンドでベースギター演奏の練習をし、toddleとご一緒した時は楽屋でニアミスするも声さえかけられなかった俺があの田渕ひさ子さんと今度はスリーマンで対バンである。10年前の自分に教えてやりたい、と思ったけれど実感が湧いたのは当日、田渕さんがK.Dハポンにいらしてからだった。

だけども面白いもんで、いざ開場して開演時間が近付くと田渕さんとのスリーマンだから、とかではない緊張がやってきた。
ここ最近実貴子ズと一緒にやる度に感じている、いやともすれば毎回の演奏で感じている緊張感だ。今日は一矢報いる事が出来るのか、強敵を相手に俺達には何がやれるのか、演奏は有機的にいくだろうか、一線を越える事は出来るだろうか、バンドは当初の想像を超えた次元で結実するだろうか、俺は前回より良い演奏が出来るだろうか、等。
結局演奏前の緊張感の前には10年来の憧れも一瞬その後ろに隠れてしまう。いや、ちょっとはそれもあって力んでいたかもしれないけれど。

何かを分かち合える、分かち合え得るバンド同士で一緒に企画を行う事の意味合いやその果てであるとかそれ以前に個人的に抱いている信頼、それと同じくらいのライバル意識みたいなものがどう昇華されていくのかとか、そういう諸々がこの連続企画の中で変化していくのもまた楽しみだ。僕達の事を知らない人達にも勿論もっと沢山、観に来て欲しい。そのために我々、やっているのだから。
ひとまず「観るべき」と柄でもない半分の本気と半分の揶揄を込めて命名した企画だけれども、その1はその名に相応しい企画たりえたのではないかとそう思っている。凄い自画自賛だな、これな。

残り、二選。
二戦、でもあると僕は捉えている。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム